青木伸一の顔写真や大学はどこ?帰宅女性の背後から抱きつき大学生逮捕!

どうも、ヒロシです。

各社報道によると、東京都東大和市で帰宅途中の20代女性に背後から抱きつき、わいせつな行為をしたとして、22歳の大学生の男が逮捕されました。
この事件について、強制わいせつ容疑で逮捕された大学生の顔画像や大学・犯行現場などをまとめました。

事件概要

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、東京・武蔵村山市に住む私立大学4年生青木伸一容疑者です。
警視庁によると、青木容疑者は先月、東大和市の集合住宅でエレベーターを待っていた20代女性の背後から抱きついて口をふさぎ、下半身を触るなどのわいせつな行為をした疑いをもたれています。

周辺の防犯カメラには、犯行後に現場から逃走する青木容疑者の姿が映っていて、調べに対して、「学校や家庭でストレスがあり、やってしまった」などと容疑を認めているといいます。

引用:日テレNEWS

スポンサーリンク

青木伸一容疑者の顔写真やSNSと大学など

顔写真については、日テレNEWSなどのニュース映像で公開されています。
おそらく、逮捕時の映像なのだと思います。
これを基にSNSなども調べてみました。
おそらくはこれが青木容疑者のFacebookアカウントと思われます。↓↓↓

これが青木容疑者のアカウントかなと疑ったのは、住所と誕生日でした。
1997年12月生まれだと現時点で22歳です。
住所も報道と一致します。
それと、本人と思われる写真は、青木容疑者と酷似していますので、断定はできませんが、可能性は一番高いアカウントと思われます。

大学については、特定できませんでした。

スポンサーリンク

青木伸一容疑者が犯行を行った現場

犯行現場については、詳細を特定することはできませんでした。
ただ、今回の事件が起こった東大和市というのはここの範囲内です。

青木容疑者が住む、武蔵村山市とは隣同士で、埼玉との県境に位置しています。
隣町なので、徒歩圏でも行き来できそうな場所はありますし、自転車等の交通手段があれば、移動圏内と思われます。

スポンサーリンク

強制わいせつ罪について

強制わいせつ罪の場合は、6か月以上10年以下の懲役です。
迷惑防止条例違反の場合は、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

今回の事件の場合はどちらに当たるかという問題ですが、仮に路上でスカートをめくった場合は、迷惑防止条例違反に当たると思われます。
それだけでなく、下半身を触ったり、胸などを触る行為は強制わいせつ罪の可能性が高いというわけです。
青木容疑者の場合は、「学校や家庭でストレスがあり、やってしまった」と犯行を認めていますので、検察や裁判所の判断を見守りましょう。

スポンサーリンク

まとめ

青木容疑者の顔写真は報道により公開されています。
SNSについてはFacebookアカウントが可能性の高そうなものが見つかりました。
大学は特定できませんでした。

最近は本当に、わいせつ事件が多いような気がします。
1日に1件は起きているような感覚を覚えます。
その中でも、今回は違いますが、SNSを使ったものも多く、若い女性は特にそういう事件に巻き込まれないように、注意が必要だと思います。