コロナばらまき男の名前とフィリピンパブが特定か!?逮捕はあるのか?

どうも、ヒロシです。

週刊文春によると、3月6日、新型コロナウイルスに感染した愛知県蒲郡市の50代の男性が、検査で陽性と確認された後、自宅待機を要請されたにもかかわらず、市内の飲食店2軒をはしごしていたことが判明しました。
この通称「コロナばらまき男」の名前や、週刊文春でスクープされたフィリピンパブなどの情報をまとめました。

まずは、そのフィリピンパブの防犯カメラ映像があるようなので、紹介します。↓↓↓

スポンサーリンク

事件概要

「週刊文春」は男性が訪れたフィリピンパブでカラオケに興じる様子や、ホステスと肩を組む姿が映った映像を入手しました。

「その男性は3月4日の午後6時過ぎ、開店直後に来店したのですが、最初はすごくおとなしく飲んでいました。
その後、カラオケでHOUND DOGとキャロルの曲をリクエストして、気持ち良さそうに店内に歌声を響かせていた」(店のオーナー)

しかし、午後6時半頃、店に驚くべき事実がもたらされました。

「その男性が『コロナウイルスをばらまく』と言い残し、自宅から飲みに出たとの情報が共通の知人からまわってきたんです。
慌てて店のスタッフに確認させると、本人が『俺は陽性だ』と認めたので、すぐに退店させるとともに、保健所と警察に通報しました」(同前)

「当日、すぐに保健所の職員が駆け付け、店内や周辺を消毒しましたが、店はしばらくの間休業します。当日働いていた従業員も生活の基盤を完全に奪われてしまった。これは“テロ”にほかなりません。厳重な処罰をしてほしいです。」

週刊文春3月12日発売号では、男の経歴や感染の経緯、飲みに繰り出した理由、フィリピンパブの前に訪れていた居酒屋での行動などについて詳報する。

引用:文春オンライン(https://bunshun.jp/)

スポンサーリンク

追加情報

案の定といいますか、この事件の被害にあったフィリピンパブの従業員に感染が確認されました。

愛知県豊田市は12日、同市の30代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市などによると、「ウイルスをまく」と話して同県蒲郡市内の飲食店を訪れていた感染者の50代男性と店で接触していた。豊田市での感染確認は初めて。愛知県内の感染確認は111人となった。

豊田市などによると、同市の30代女性は4日に店で50代男性と接触。8日に発熱し、喉の痛みを訴えているが、容体は安定している。今後、入院する予定という。女性は家族数人と同居している。

蒲郡市などによると、50代男性は4日、陽性と判明。自宅待機指示を無視し、同日夜に家族に「ウイルスをまく」と話して同市内の居酒屋とフィリピンパブを訪れた。パブの店員に「陽性だ」と話したため、店側が保健所や県警に通報した。保健所職員が接触者に連絡し、店舗内などを消毒、県警蒲郡署員が防護服を着て出動するなど対応に追われた。

関係者によると、男性は居酒屋を15分ほどで退店、感染についての話はしなかった。パブには約40分滞在し、隣に座る女性店員の肩に手を回したり、カラオケで歌ったりしたという。

全文産経新聞より

報道によると、この感染が確認された従業員は、コロナばらまき男の隣で接客していた女性ではないようです。
おそらく、ソファーやドアノブをコロナばらまき男が触り、それを触ってしまって移ってしまったのではないでしょうか。
かわいそうです。
警察もこのコロナばらまき男の捜査を始めたようですので、逮捕されれば名前などの情報が正式に発表されると思います。

スポンサーリンク

コロナばらまき男の名前と住所と前科

これは報道機関が流した情報ではないので、本当かどうかは裏が取れていませんが、一応紹介しておきます。
Twitterでつぶやかれていました。

なんと、このツイートでは、名前どころか住所や家族構成、前科までさらされてしまっています。

氏名:伴 充雅
年齢:56or57
住所:蒲郡市三谷町八舗15
(ここには、両親と息子の4人で住んでおり、4人とも感染が確認されています。)
前科:二件
・ひき逃げ(2012年)
・恐喝(2018年)

因みにこの住所は地図で調べると、ここです。↓↓↓

もしも、これが間違いだった場合は大変なことになりそうですが、かなりこの情報はネット上に拡散してしまっているようです。

各社報道では、映像は流しても、バッチリモザイクがかかっていましたし、お店や「コロナばらまき男」名前などは一切公開されていませんでした。
おそらく、それには理由があって、逮捕されていないからです。
では、逮捕できないのかというと、できる可能性は高いです。
後程説明します。

スポンサーリンク

コロナばらまき男が行ったフィリピンパブ

出典:文藝春秋

実はこの情報も、どこの報道機関も店舗名までは伏せています。
理由は簡単です。
このお店は既に、営業を停止していて、実害が出ていますし、名前を報道されることにより、風評被害も続々出てきます。
このフィリピンパブの場合は、完全なる被害者なんです。
この「コロナばらまき男」は自分がCOVID-19 の陽性反応が出ていることを知っていて、訪れたのですから、故意ですね。

そうすると、やっぱり自治体の発表の仕方も変わってきて、大阪のライブハウスみたいに名前を出すわけにはいかないのではないでしょうか。

以上の理由により、本記事ではこのフィリピンパブの名前や場所などの情報の掲載を控えます。
もしも、知りたい方はこの項目の題名でもありますが「コロナばらまき男が行ったフィリピンパブ」のような感じで検索すれば、誰かが特定していますので、参考程度に探してみてください。

スポンサーリンク

コロナばらまき男が逮捕される可能性

十分にあると私は考えています。
日本テレビの朝の情報番組「スッキリ!!」でもこの話題を取り上げていて、菊池弁護士もコメントを出していました。

菊池弁護士曰く、現時点で言うと、新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )の陽性反応が出ていることを知りながら、出歩きフィリピンパブへ行ったことは、「威力業務妨害罪」にあたるとのことです。
そして、もしもこの後、このお店の従業員に関しても、感染が確認されれば、故意に移したことになり「傷害罪」にあたるとのことでした。

それぞれの量刑は以下の通りです。
威力業務妨害罪3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
傷害罪15年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

この被害にあったフィリピンパブは、この「コロナばらまき男」に対して厳罰を望むなら、被害届を早急に出すべきだと思います。
いやいや、「コロナばらまき男」もCOVID-19 に感染してしまった悲しい人なので、許してあげようというのであれば、別に何もしなくてもいいと思います。
もしも、従業員に感染が確認されてしまった場合は、移された従業員がかわいそうなので、すぐに被害届を出してください。
お店側も、「コロナばらまき男」の名前などの情報が分かっていて、保健所にも名前で紹介をかけたそうなので、警察にも被害を訴えて、お店にも今後一切出入り禁止ですね。

スポンサーリンク

まとめ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )もそうですが、インフルエンザなどの指定感染病などに規定されている病気は、故意に移すと犯罪になります。
もしも、体調が悪い場合は、まずはインフルエンザを疑いましょう。
4日くらい経っても症状が改善しない場合は、再度病院を受診し、COVID-19 を疑ってもいいかも知れません。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )についての記事はこちらも参考にしてみてください。

どうも、千葉在住のヒロシです。 さて、今回のテーマは現在中国を中心に新型コロナウイルスであるCOVID-19の流行についてです...

現状では、日本のどこで感染していてもおかしくない状況にあると思います。
大切なのは、重症になる前に、医療機関で治療を受けることです。

追加情報

この通称「コロナばらまき男」は後日、新型コロナウイルス感染症による肺炎でお亡くなりになったそうです。