ベッキーのテレビ復帰は巨人2軍コーチ片岡治大との結婚への伏線だった?




更新日

どうも

ヒロシです。

あまり、人の色恋沙汰を面白おかしく書くのは良くないと思っているんですが、さすがに

「えっ!?」

ってなりましたから、ベッキー記事の続きを書かせて頂きます。

因みに、テレビ復帰の時の記事はこちらです。

このタイミングは絶対に狙っていたとしか思えないので、表題のような疑惑を持ちました。

では、どんな目的でこのタイミングだったのか。

スポンサーリンク

片岡治大との出会い

今回の記事はあくまでも、ベッキーなので、軽く紹介します。

現役時代は結構怪我に悩まされたが、盗塁王を3回取るなど、活躍し、現在は巨人の2軍内野手走塁コーチとして活躍している。

元々、片岡は10年前くらいからベッキーのファンだったようで、2018年に芸能界の共通の知人を通じ知り合ったそうです。

そこから、片岡の猛アタックの末、同年6月に交際をスタートさせたという事です。

まあ、ベッキーにしたらまだ芸能界に本格復帰したわけではないので、時間的な余裕があったんでしょうね。

スピード婚といえばスピード婚と言える早さですよね。

まあ、じゃあどのくらい付き合えばスピードじゃないかと聞かれると、人ぞれぞれだと思いますが、一般的には最低でも1年位は交際期間が必要じゃないかと思います。

とまあ、ベッキーにとっては芸能活動がほぼ無い中での交際なので、より濃厚なお付き合いが出来たんでしょうね。

片岡にとっては、ゲス不倫があったからこそ生まれたチャンスだったので、良かったんじゃないですかね。

年も近いし、ちょうどいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

テレビ復帰を先にした理由

私としては、結婚を機にテレビ復帰の方が印象は悪くなかったような気もしますが、なぜテレビ復帰を先にしたのか、少し疑問が残ります。

ゲス不倫の際には、結果的にゲスの極み乙女。の川谷の夫婦関係は破綻しましたが、おそらく他の女性(元彼女)の影も有ったので、遅かれ早かれ結果は変わらなかったのかもしれません。

しかし、ベッキーの不倫がトリガーになったことは確かな事だと思います。

何せ、川谷の元妻や元彼女は一般人だったはずですから、ここまで大きく報道されてしまったのは「ベッキー」というお茶の間の人気者だったからです。

やはりその、衝撃を和らげるには、時間と他のインパクトのある話題なんでしょう。

まあ、テレビ復帰の時から噂は出ていましたが、本当だったとは思いませんでした。

で、おそらく事務所の戦略があったとは思いますが、ベッキーという稼ぎ頭を「ゲス不倫」によって失い、おそらく違約金なども発生したのではないか思います。

それを挽回させるためにも、事務所的にはテレビに復帰は必須項目なんですね。

しかも、以前までとはいかずとも、そこそこの活躍をしてもらわないと困るという事で、話題作りの一環で、結婚なんでしょう。

もしかしたら、発表のタイミングはまだ先にする予定だったのかもしれませんが、一部マスコミに漏れたとかで、スッパ抜かれるよりは、自分から発表した方が印象が良いだろうという事で、急遽の発表だったのかもしれませんね。

芸能人は公人ではないですが、自分を商品としている以上は、マスコミに騒がれるのは仕方ないことなんでしょうか。

確かにファンにとっては、芸能人の結婚とか交際・不倫・浮気といった事は、気になりますよね。

スポンサーリンク

今後のベッキーは?

ベッキーの場合は「ゲス不倫」があったので、結婚となるとよく思わない人たちはいるので、完全にテレビの本格復帰を目指しているのであれば、マイナスイメージしかないんですよね。

ただ、もう「クリーンで親しみの持てるベッキー」には決して戻れませんので、「内面ダークキャラ」みたいな感じで、方向転換するしかないでしょうね。

また不倫なんて事があったら、どうしょうもないですがね。

とりま、ご結婚おめでとうございます。