【ドコモ口座被害銀行名一覧】不正利用今後の対応は?NTTドコモ

どうも、ヒロシです。

ドコモ口座を利用して、不正に預金を引き出したりされる被害が発生しています。
私もドコモユーザーなので、いち早く確認しましたが、今のところ大丈夫でした。

そこで、被害のあった銀行を一覧で確認できるとべんりだなと思い、まとめました。
また、どんな人が被害にあいやすいのか、私の見解で解説します。
この件に関してはNTTドコモも緊急会見で今後の方針を発表しているので、紹介します。

ドコモ口座被害の手口

簡単に言うと、被害者は銀行を持っている人です。
つまり、働いている人など、社会人のほぼ全員が対象になりえるということです。

そして、第3者(犯人)が他人の銀行口座にドコモ口座を紐づけて、勝手にd払いにチャージしたりして、銀行口座から不正にお金を盗み取るという手口です。
犯人はその後、d払いで換金可能なものを購入し、現金化していると思われます。

今回はドコモ口座が狙われましたが、組織的な犯行の可能性もあると考えられます。
特殊詐欺グループのような反社会的組織が関わっていることも考えられます。

スポンサーリンク

ドコモ口座被害銀行一覧

ゆうちょ銀行
イオン銀行
大垣共立銀行
紀陽銀行
滋賀銀行
七十七銀行
中国銀行
東邦銀行
鳥取銀行
みちのく銀行
第三銀行

2020年9月16日現在の報道でわかっている被害の報告のあった銀行は11行で、被害額は総額で2676万円(143件)とされています。
12行としている報道もあり、情報が交錯していて、この一覧も正しいかどうかわかりません。
現在は、ドコモ口座の新規登録とチャージが停止されている状態度ということなので、新たに被害に遭う可能性は低くなっていると思われます。

しかし、自分の口座に不正利用が無いかチェックしたほうが良いと思われます。
どの銀行でも、可能性はあると考えられますので、今すぐ通帳記入やネットから確認することをお勧めします。
そして、ドコモ口座を持っていいない人であれば、引き出しで「ドコモコウザ」という文字があれば、被害に遭っていますので、すぐにその口座の銀行に相談しましょう。
ドコモ口座を既に持っている人は、今のところ被害報告はありませんが、身に覚えのない引き出しなどがあれば、要注意です。

スポンサーリンク

ドコモ口座の不正利用被害に遭いやすい口座

現在の調査で、新潟県のIPアドレスからアクセスがあったような報道がありました。
しかし、これはただ経由しただけのIPの可能性もありますし、何とも言えません。

私が思う被害に遭いやすい口座をここで紹介します。
今現在、私が可能性として考えているのはNHKの集金人から口座情報が漏洩している、若しくは集金人自身や元集金人などが直接関与している可能性です。
これは完全に私の予想ですが、NHK集金人には反社会的勢力も混ざっていますし、特殊詐欺に加担してた事実もあります。
その為、こういうことをしてる人がいてもおかしくはありません。
また、ドコモ口座の登録には、名前・口座番号・暗証番号が必要なはずです。

NHKであれば、払い込み口座の登録があり、後は暗証番号の入手のみで登録情報が揃います。
そして、NHKから国民を守る党の情報によると、アナログな方法で暗証番号と口座を紐付けることもできるらしいのです。

つまり、私が考える被害に遭いやすい口座は、NHK受信料を口座引き落としにしている人です。

それ以外にも、どこかで銀行引き落としを利用していれば、どこかで漏洩している可能性も考えられますので、1つでも銀行引き落としがある人は疑ってもいいかも知れません。

スポンサーリンク

ドコモ口座の今後

まずはNTTドコモの会見です。
とりあえず、被害金額についてはNTTドコモが全額保証するような感じですかね。

また、2回目の会見ではこんなことを話していました。

回線利用者の方々を中心に正常な状態でお使い頂いていらっしゃるので、ドコモ口座自体を止めることは考えていない
今後、被害が拡大していくようであれば考えなければならないが、現時点ではそこまで拡大しているとは考えていない。
被害発覚後、すでに新規登録口座だけでなく、チャージ自体も止めている銀行さんもある。再開に向け、セキュリティ強化を一緒に高めていくための協議を行っている。

今後、対策もされると思いますので、ドコモ口座の開設は本人確認など面倒な作業が発生する可能性はあります。
ただ、自分の資産を守るためなので、ドコモ口座を使いたいなら、それはそれでいい事だと思います。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行について

ドコモ口座だけでなく、PayPayKyashなどでも同様の被害が発生しているようです。
PayPayではドコモ口座よりもセキュリティは強かったようですが、それでも被害が出ているようです。

つまり、ゆうちょ銀行の場合は銀行側に脆弱性が認められる可能性が高く、犯人から狙われている可能性が高いです。
そして、ゆうちょ銀行は全国にあるので、口座数が多いというのも数量の問題で、あたりやすかったのかもしれません。
また、高齢の方はゆうちょ銀行からNHK受信料を口座引き落としにしている方は、かなりの数いると考えています。
その為、ゆうちょ銀行の被害が目立ってしまっている可能性もあります。

とにかく、ゆうちょ銀行に口座を持っていて、預金している場合は、今すぐに確認したほうが良いでしょう。

まとめ

ドコモ口座被害の銀行は2020年9月16日現在、11行です。
被害額は2020年9月16日現在、2676万円(143件)です。

まだ確認していない人は、今すぐに確認しましょう。
特に、ゆうちょ銀行は緊急で自分の口座を確認しましょう。