コスプレイヤーえなこじっくり聞いタロウ出演!日収1000万円越え?

更新日

どうも

ヒロシです。

タイトルよく見てください。

月収とか年収ではないんです。

日収です。

そんなことあるのかよと思いますよね。

どうなんでしょうか。

後でじっくり検証します。

テレビ出演は何度かある日本一のコスプレイヤーのえなこさんですが、またしても、その収入がらみの番組に出演するようです。

番組情報

じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~

テレビ東京 2019年4月4日(木) 24時12分~25時00分放送予定

スポンサーリンク

えなこ

出典:https://twitter.com/enako_cos

プロフィール

実は去年の夏コミ時期に記事を書いていますので、こちらをご参照ください。

日本一のコスプレイヤーえなこのプロフィールと年収

(2018年8月の情報)

以前の収入情報

えなこさんの収入事情は去年の情報では年収2000万円位という事です。

今年の1月くらいの情報では、最高年収3000万円というのも出てきました。

それにしても、普通のサラリーマンより全然稼いじゃってますね。

スポンサーリンク

えなこが収入を公開する理由

なぜこのようにえなこさんは、自身の収入状況を暴露するようになったのでしょうか。

テレビで言ってしまうと、大多数の人間に年収がバレてしまうので、その額があまりに多いと、周囲の人が危険人物と化す場合があります。

そういった危険を含んでいることをなぜやるのか。

普通だったら、「自慢したい」んじゃないかとか、「見せびらかしたい」だけとか、そんな風に見る人もいたでしょう。

でも、私は違うと思います。

コスプレイヤーって趣味でやると非常にお金がかかるんです。

出典:https://twitter.com/enako_cos

それをえなこさんのようにプロとして活動することで、「収入も得られるよ」という事を示したかったのだと思います。

この世界は実はプロが少なくて、ほとんどが素人なんです。

今はだいぶプロも増えてきたかもしれませんが、いまだにコンパニオンとかがコスプレしている場合もあります。

つまり、えなこさんはプロコスプレイヤーの先駆者として、全国のコスプレイヤーに夢を与えようとしているのではないでしょうか。

日本のサブカルチャーとして、アニメ文化は世界にも認められつつあります。

こうした活動を、先駆者がしないと、この文化はそれより発展しないんですね。

コスプレもアニメ文化から派生した文化として、さらに発展させるには、1つの産業として確立することも必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

最高日収

これについては、まったくの想像ですが、不可能な金額ではないような気がするんです。

根拠があります。

私は昔、飲食店で売り上げの集計などをする仕事もしていました。

そこで、千葉マリンスタジアムにも店舗があったのですが、夏にはサマーソニックを開催してますよね。

ここでのジュースの手売りがなんと2日間で500万円ほどの売り上げがあったんです。

他にも類似店舗がある中、この数字です。

しかも手売りなんです。

何が言いたいかというと、コミケです。

コミケの同人販売も手売りですね。

しかも、同人の場合単価が500円か1000円位なわけです。

そう考えると、1日の売り上げで1000万2000万というのも、全然いけますよね。

1000円なら1万個売れば、売上1000万円ですからね。

じゃあ、2万個売れば2000万円ですよね。

不可能な話ではないと思います。

ジュースなんかは1本200円で売ったとして、5万本売らないと売上が1000万円に届かないんです。

実際には2日間で500万円だから、1本200円だとすると2万5千本のジュースを売ったことになります。

1日当たり12,500本ですね。

つまり、コミケを利用すれば1日で1000万円以上の売上を出すことは容易で、やり方によっては利益も1000万円に到達させることは、不可能ではありません。

スポンサーリンク

今回のじっくり聞いタロウ

なんか、今まで出演した人たちの、近況報告みたいな回のようです。

あのカリスマホストのROLANDさんや、元AV嬢の澁谷果歩さんも出演するようです。

たぶんROLANDさんはケタ外れの収入なんでしょうね。

他の番組でもすごさを紹介してましたので、やばいんでしょうね。

結構この番組が好きで、たまに見ているんですが、面白い事をテーマにしてますよね。

その筋の裏事情とかは、テレビで放送していいのかなレベルもありますよね。

今回もそれを期待してます。

スポンサーリンク

まとめ

コスプレイヤーさんは趣味でやるにはお金がかかり過ぎるんです。

それを上手く収入に繋げる方法は、なにもコミケの同人販売だけじゃないんです。

芸能人などのように、スポンサーが付けば、しっかりと収入に結びつくお仕事にもなるんだという事を、えなこさんは証明しているんじゃないでしょうか。

えなこさん大好きなので、今後もこっそりと応援させて頂きます。

頑張ってください。