スポンサーリンク

月経痛に鎮痛剤が効かない理由は飲み方?おすすめ薬はロキソニン?

健康

どうも、ヒロシです。

今回は超個人的なことなのですが、妻の話をします。
最近の妻は生理の痛みがひどく、いつも飲んでいる痛み止めも利かない状態でだいぶ荒れていました。
仕事にも影響が出ていたようです。
ただ今は、だいぶ生理痛も楽になり、落ち着いています。

そんな妻がどうやって、生理痛を改善したのかということを紹介します。
生理痛に鎮痛剤が効かない理由や原因をまとめました。
また、妻が試したおすすめの鎮痛剤・痛み止めを紹介します。

そしてこの記事は、男性の諸君にこそ見てほしいです。

スポンサーリンク

月経痛・生理痛の仕組み

あまり、こういう所で詳しくは説明できないですが、簡単に説明したものがありましたので紹介します。

月経(生理)とは

卵巣は、脳からの刺激によって卵子を包んでいる卵胞が育ち、排卵し、卵管を通って子宮へと運ばれます。
この間、子宮では内膜が女性ホルモンによって厚くなり、受精した卵が着床する準備ができ上がります。
妊娠が成立しなかった時は、この厚くなった子宮内膜は剥がれ落ちて腟から血液と共に出て来ます。

引用:https://www.jaog.or.j

この子宮内膜が剥がれ落ちるときに子宮がそれを体外へ排出するため収縮運動をしたときに痛みが発生するそうです。
ただ、これは本当に個人差や年齢差があり、痛みがない人もいれば、痛みゆえに気絶する人までいるくらいです。
当然、閉経した人は月経からは解放されると同時に、妊娠する能力を失います。

月経は、周期的に訪れるのですが、それが大体月に1回です。
また、基礎体温を測ることで大体の月経周期を把握することができるそうです。

因みに、妊娠しやすい時期というのは排卵が起こったタイミングなのです。
それが体温の低温期から高温期に変わった時だということです。

詳しくは、上記引用元のサイトで紹介していますので、気になる方はそちらで調べてみてください。

スポンサーリンク

月経痛・生理痛に鎮痛剤が効かない理由

このブログでは、専門的なことは難しいので、結論だけ言います。
効かない理由は2つあります。

①鎮痛剤を飲むタイミング

これを間違っている場合が結構多いです。
本当に簡単なことで、痛くなり始めて痛みMAXの時に飲んでも、既に遅いのです。
薬剤師さんが言うには、痛みの予兆みたいのを感じた時点に飲むのが良いそうです。

理由は、痛み止めも点滴等で直接体内に注入するわけでは無いので、胃で溶けて吸収されて、薬が効果を発揮するまでに時間がかかるためです。
薬が効き始めるまで個人差はあるようですが、15分~30分くらいはかかるそうです。

その為、痛みMAXの時に飲んでも、一番欲しい時に効かないというようになってしまい、薬の効果を最大限利用することができなくなってしますのです。
また、タイミングが遅いとその痛みの余韻が残ってしまう為、「鎮痛剤が効いてないのでは?」と感じてしまいがちなのかもしれません。

スポンサーリンク

②生理痛用の鎮痛剤を使っていない

薬剤師さんが言うには子宮内膜が剥がれ落ちるときに「プロスタグランジン」という物質が生成され、これが子宮の筋肉を収縮させ、剥がれた子宮内膜を体外に押し出す働きするそうです。

つまり、痛みの原因物質はこの「プロスタグランジン」です。
これを抑制する鎮静剤を飲むことで生理痛は軽減されるそうです。

市販でも生理痛の薬が売っていますが、それには大体は「プロスタグランジン」を抑制する成分が含まれているようです。
病院に行かなくても、ドラックストアなどで手に入ります。
分からなければ、薬剤師さんに聞けば教えてくれます。

月経痛・生理痛におすすめの鎮痛剤(痛み止め)

あまり大ぴらには紹介できませんが、市販の薬をいくつか紹介したいと思います。
まずは、私のように少し胃が弱い人の場合は「バファリン」などの胃に優しい成分(胃薬配合)の鎮痛剤がおすすめです。

しかし、妻曰く、胃薬が入っているせいかわからないですが、効き目は少し弱いように感じるそうです。
そこで、今は「ロキソニン」を試しています。
こちらはバファリンよりも効果が高いように感じるそうです。
あくまでも、妻の主観です。
ロキソニン」関しては、妻の弟の痛風にも結構効いているという話ですので、一般的な鎮痛剤ですね。

ただ、妻の生理痛は痛くないときもあるそうなので、薬が効いているのか、もともと痛くないのかよくわからないそうです。
でも、痛いときはかなりつらそうにしているので、私には薬の効果はよくわかりません。

他にもTVCMでタレントが紹介しているような薬もありますが、わからなければ薬剤師さんに相談してみるのが一番です。
やっぱり、薬に関しては知識が豊富な専門家に聞くのが一番です。

スポンサーリンク

それでも鎮痛剤が効かない場合

私の妻がこれでした。
これはなるべく早くに、産婦人科を受診した方が良いと思います。
子宮筋腫や子宮内膜症の可能性や、子宮がんなどのほっとくとヤバい病気の可能性もあります。

まあ、私の妻は触診・内視鏡検査・血液検査・エコー・MRIとかなり詳しく調べてもらいました。
確かに、しこりのようなものはあるのだけれども、急を要するような症状では無かったらしく、でも経過観察はしなければいけないようです。

因みに、処方箋で出される痛み止めはかなり効き目が高いようです。

私も、首痛と腰痛を持っているのですが、市販の痛み止めが効かないときは、処方箋の痛み止めを使うと、かなり効きます。
よく、熱を下げるのに処方される「カロナール」という鎮痛剤はよく効きました。
インフルで辛い時も助けられましたし、腰の痛みにも効果がありました。

ただ、年齢や体重などで飲む量が違うので、他人に処方されたものは飲まないようにした方がいいです。
因みに、未就学児に処方される鎮痛剤も粉上の「カロナール」でした。

スポンサーリンク

月経痛・生理痛の改善方法

結論から先に言えば、一番確実なのは産婦人科を受診することです。

ただ、私の妻も最終的には受診したのですが、やっぱり見られるのに抵抗があってなかなか受診しませんでした。
男の私も、前立腺とかに異常が出れば、泌尿器科などで見せなければいけないと思うと、やっぱり恥ずかしいですよね。

恥ずかしいのは、よっぽどの変態さんでなければ普通のことだと思います。
ただ、健康と羞恥心とを天秤にかけてください。
恥ずかしいのは一瞬ですが、命は一つです。
痛さが異常な時は必ず体のどこかに不健康のサインなのです。

では、具体的にどんな産婦人科を受診したか気になりますよね。
私は妻が息子たちを出産した病院に行くと思っていましたが、違う病院に行きました。
理由は簡単で、出産を経験した産婦人科は医師が男性だったんです。

そこで、妻は近隣で女医さんがやっている産婦人科を探して、受信しました。
やっぱり、同姓に見てもらった方がマシのようです。
恥ずかしいのは変わらないそうですが・・・。
私は逆に同姓の医師の方が恥ずかしかったりします。

重要なことは、専門家のお医者さんに見てもらうことが一番の解決方法だということです。
仕事が忙しいとか、恥ずかしいとか、いろいろとあると思いますが、つらい生理痛を後回しにしてはいけません。
月に数日しか辛い期間がないからと言って、放置は危険です。

もしかしたら、子宮筋腫や子宮がんなどの重大な病気が隠れている可能性もあります。
受診の決断は早いに越したことはありません。

スポンサーリンク

まとめ

月経痛・生理痛に鎮痛剤が効かない理由でいちばん多いのは、服用のタイミングが遅いということです。
また、鎮痛剤の種類も様々ですが、生理痛用の鎮痛剤が効きは良いと思います。

なんにしても、いつもより生理痛が重いと感じたら、羞恥心よりも命を大事にです。
異常を感じたら、近所の女医さんがやっている産婦人科を調べて、受信することをお勧めします。

男性の諸君は、身近な女性が生理痛で困っているなら、助けてあげてください。
痛みがひどいなら、痛み止めを切らさないように、気を付けてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました