池政人の顔写真や現場はどこ?福岡市職員が車カバーに放火で逮捕!

どうも、ヒロシです。

各社の報道によると、福岡市西区で、乗用車のカバーに火をつけて燃やしたとして、福岡市職員の男が逮捕されました。
逮捕されたのは、福岡市西区今宿町に住み、東区役所の課税課に勤める池政人容疑者(53)です。
まだ、池容疑者は容疑を否定しているようなので、捜査は続けられているようです。
放火はひどいなあと思い、この事件について逮捕された容疑者の顔画像やSNSなどをまとめました。

スポンサーリンク

事件概要

ANN

池容疑者は、今月21日の夜、自宅近くの住宅にとめてあった車の保護カバーにライターで火をつけ、カバーや車体の一部を燃やした疑いが持たれています。
車はこの家に住む52歳の男性のもので、防犯カメラの映像や近くにあったたばこの吸い殻から池容疑者が浮上したということです。

取り調べに対し、池容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しています。
容疑は器物損壊とのことです。
これまでの捜査で、男性の自宅には、今月中旬以降、池容疑者の携帯電話から何度も無言電話がかかっていたことも分かっています。
東区は「事実であれば厳正に対処します」とコメントしています。

引用:毎日放送

スポンサーリンク

池政人容疑者の顔画像・SNS

現在のところ、報道や警察からの公開情報はありませんので、顔を特定できませんでした。
SNSについても、TwitterやFacebookなどそれらしい人は見つかりませんでした。

因みに、池容疑者は福岡市東区の職員ということなので、職場の地図を紹介しておきます。

通勤は、電車でも車でも行けそうです。
まあ無難に、自宅から自転車で駅まで行って、電車に乗って通勤なのかなという気がします。

スポンサーリンク

池政人容疑者が放火した現場

現場住所は報道から「福岡市西区今宿町」ということが分かっています。
このエリアですね。

そして現場詳細住所ですが、まずは現場画像(日テレNEWS映像切抜)です。
これをストリートビューで探してみます。
おそらくは、ここなのだと思います。

丁度、車の前にはカバーがしてありますから、今回の事件ではあれが燃やされてしまったのだと思います。

スポンサーリンク

池政人容疑者の犯行動機

容疑を否認しているので、動機は分かっていません。
今回の事件は結果的に器物損壊で済んでいますが、下手をしたら乾燥している時期なので、家に燃え移り、火事になってしまってもおかしくはないですよね。
そうしたら、放火なんですかね。
どちらにしても誰かが火をつけたとは思われます。
自然発火する可能性も否定できませんが、寒いこの時期に、外で自然発火するとは考えにくいです。

器物損壊や放火について

まずは、器物損壊罪の場合は3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料です。
裁判で有罪になったとしても、執行猶予か罰金で済む場合が多いそうです。
しかし、これが放火となるとこんな刑罰では済まされません。
放火は現住建造物等放火罪 と言って、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役です。
放火となれば、実刑は免れませんから、非常に重い罪です。
殺人罪と同じ扱いとなっているのは、住宅には基本的には人が住んでいて、放火して建物を燃やすことにより、住人が死亡してしまう恐れが十分に考えられるからだそうです。

スポンサーリンク

まとめ

この事件については、器物損壊罪よりも重い、放火事件として取り扱うべきのような気がします。
池容疑者の顔写真などは特定できませんでした。
池容疑者は容疑を否認しているため、動機の解明などもされていません。
放火は絶対だめです。