大手パチンコチェーンに家宅捜索!会社名や本社の住所は?IR汚職事件

更新日

どうも、元大手パチンコチェーン店に勤務していた経験があるヒロシです。

IRに関しては、賛成派なのですが、どうも今回の汚職事件はいろんなことに派生していっているようです。

国会議員でもある衆院議員秋元司容疑者(48)をはじめ、何人かの国会議員やその秘書など、東京地検特捜部の捜査はかなり広がりを見せています。

そんな事件で、大手パチンコチェーンの本社にも家宅捜査が入ったんですが、東京都中央区ということだけしか分かっていません。

ここで、私も最大手のパチンコチェーンに努めていましたから、なんとなくはパチンコ屋さんの構図というのは把握しているつもりです。

そして、最大手というのは私の知る限り、ダイナムマルハンです。

というよりは、パチンコ業界はこの2強なんです。

全国展開していて、店舗数が300店舗を超えているのは、この2社だけなんです。

因みにこの2社の本社は東京都中央区にはありません。

他は、多くても100店舗に満たないパチンコ屋がほとんどです。

ということで、家宅捜査の入った大手パチンコチェーンの会社名などを調査しました。

スポンサーリンク

IR汚職事件の概要

まず、この事件は非常に複雑です。

わかりやすい図解が時事ドットコムにてありましたので、参考にしてみてください。

時事ドットコム

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐり、参入を目指した中国企業から現金300万円と家族旅行費70万円相当の賄賂を受領したとして、東京地検特捜部は25日、収賄容疑IR担当の内閣府副大臣だった自民党の衆院議員、秋元司容疑者(48)=東京15区=を逮捕した。中国企業が数百万円を不正に持ち込んだとされる外為法違反事件は、現職国会議員の汚職事件に発展した。
特捜部は秋元容疑者の認否を明らかにしていないが、同容疑者は逮捕直前、ツイッターに「私は、不正には一切関与しておりません。そのことは、引き続き主張してまいります」などと投稿しており、容疑を否認しているとみられる。秋元容疑者は自民党に離党届を提出し、同日受理された。
特捜部による国会議員逮捕は2010年1月、小沢一郎元民主党代表の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で石川知裕元衆院議員を逮捕して以来。
贈賄容疑で逮捕されたのは、中国企業「500ドットコム」(本社・深セン)の日本法人元役員ジェン・シー容疑者(37)=東京都港区=と、いずれもドットコム社「顧問」の紺野昌彦(48)=那覇市=仲里勝憲(47)=沖縄県浦添市=両容疑者。特捜部は3人の認否も明かしていない。

秋元容疑者の逮捕容疑は国土交通兼内閣府副大臣だった17年9月下旬、IR事業参入で有利な取り計らいを受けたいとの趣旨で、ドットコム社側から都内で現金300万円を受領。18年2月中旬には妻子と共に北海道旅行の招待を受け、航空運賃や宿泊代など約70万円相当の供与を受けた疑い。
関係者によると、ドットコム社は中国でオンラインくじ事業などを手掛け、17年7月、都内に日本法人を設立。秋元容疑者は翌月、ドットコム社トップと共に那覇市のIR関連シンポジウムで講演したが、シンポは紺野、仲里両容疑者が中心となって開催されていた。また、秋元容疑者が家族での北海道旅行に招かれる直前の18年1月、ドットコム社側は北海道留寿都村でのIR事業を計画した観光会社(札幌市)に出資の意向を示していたという。

引用:時事ドットコム

ここで1つ疑問があるのは、衆議院議員秋元容疑者の自民党離党です。

もし責任を取る意味なら、自民党の離党ではなく、議員辞職するべきです。

スポンサーリンク

国会議員が議員辞職しない理由

本人が無罪と言うなら、まだ逮捕段階なので、離党も議員辞職もする必要はないと考えています。

実は、国会議員の場合は、逮捕されて、起訴されても、この時点では推定無罪なので、議員は失職しないんです。

今回の収賄罪の場合は、刑事裁判で有罪が確定すると、議員要件を満たさなくなるので、失職となります。

逆に言うと、秋元容疑者は最高裁判所で刑が確定しない限りは、議員を続けられるということになります。

もちろん、最高裁で無罪となれば、議員を続ける理由にはなるんですが、公判中は逮捕されているので、保釈されない限りは、議員活動ができません。

つまり、逮捕されていても議員辞職しない理由は、国会議員の高額な給与がもらえるからです。

逮捕されている期間は、仕事していないにもかかわらず、給与が払われます。

議員特権ですね。

これが、選挙で皆さんが選んだ人のやることなので、しょうがないですよね。

だから、選挙にはいかなきゃいけないんですよ。

自民党にはこんなわけわかんない人がたくさんいて、たくさん当選しているんですからね。

スポンサーリンク

IR汚職事件関連で家宅捜索が入った場所

各社報道で、私が覚えている限りで、記述します。

まず、衆議院議員秋元容疑者の国会議員会館事務所です。

ちょっと言い方があっているかは微妙ですが、現役の国会議員だけが持てる事務所のことです。

他にも、自民党の衆院議員、白須賀貴樹氏(44)=千葉13区=の千葉県印西市内の事務所にも入っています。

また、宮城県石巻市にある自民党の勝沼栄明(しげあき)前衆院議員の事務所にも入っています。

収賄側はこの3つだったと思います。

贈賄側は既に逮捕されている人たちの関係各所へは、家宅捜索に入っているのではないでしょうか。

こっち側はあまり把握していません。

そして今回の記事の大手パチンコチェーン会社の本社です。

パチンコ屋はどっちかというと、贈賄側でしょうか。

スポンサーリンク

家宅捜索の入った大手パチンコチェーン

各社報道では、会社名が公表されていません。

その中でも、NHKのニュースをネットで見ると、その家宅捜索に入ったと思われる会社の外観の一部が映し出されていました。

それがこれです。

この画像は、NHKのネットニュースを切り取ったものです。

大手パチンコチェーンで中央区に本社がある会社は限られます。

そして、酷似した外観の会社を見つけました。

そっくりですよね。

この会社は株式会社ガイアという、パチンコ屋さんです。

屋号は「GAIA」でですね。

住所はこちらです。

まあ、外観が似ているということだけなので、確定ではないですが、状況を考えるとガイアである可能性は高いと思います。

スポンサーリンク

IR汚職事件ですでに逮捕された人

収賄側は、衆院議員秋元司容疑者です。

贈賄側は中国企業「500ドットコム」(本社・深セン)の日本法人元役員ジェン・シー容疑者(37)と、同社「顧問」の紺野昌彦(48)仲里勝憲(47)の3人です。

もしかしたら今後、家宅捜索されている事務所の持ち主も、容疑がかかってくるのかもしれませんが、現在のところはこの4人です。

スポンサーリンク

まとめ

IR汚職事件に関しては、かなり根が深そうな感じがします。

現役の国会議員が逮捕されるというのは、めったにないことで、相当特捜部も力を入れてやっているんじゃないでしょうか。

千葉市にIRの誘致ができれば、いいなと私は思っていますが、こういった汚職事件の舞台にはならないでほしいですね。