岩井志麻子ってだれ?AV監督?@有吉大反省会2時間半SP

更新日

どうも、

ヒロシです。

今回は【有吉大反省会2時間半SPドキッ!アイドルだらけの衝撃カミングアウト2018】のゲストの1人です。

放送日時:2018年12月29日(土) 21時00分~23時18分

放送局:日本テレビ

岩井志麻子

出典:TOKYO MX https://s.mxtv.jp/goji/profile_detail.php?cast=14

スポンサーリンク

基本情報

ペンネーム:竹内志麻子、岡山桃子

本名:竹内 志麻子

誕生日:1964年12月5日(54歳)

血液型:A型

出身:岡山県和気郡和気町

出身校:岡山県立和気閑谷高等学校商業科

職業:小説家、タレント

活動期間:1986年~

ジャンル:ホラー、恋愛小説、少女小説

代表作:『ぼっけえ、きょうてえ』(1999年)

主な受賞歴

日本ホラー小説大賞(1999年)

山本周五郎賞(2000年)

婦人公論文芸賞(2002年)

島清恋愛文学賞(2002年)

デビュー作 『夢みるうさぎとポリスボーイ』(1986年)

岩井志麻子としての活動

職業:タレント、AV監督

所属:ホリプロ(2009年~)

出演番組:TOKYO MX「5時に夢中!」木曜レギュラーコメンテーターなど

自称:岡山の黒アワビ

AV監督作品

『韓流の夜』(これが2本目で1本目は不明)

スポンサーリンク

5時に夢中!

この番組は何度かチラ見したことがあるが、結構コアな芸能人が出ているイメージの情報番組です。

中にはホリエモンとかマツコ・デラックスとか有名どころも出ているけども、基本的には微妙な芸能人が多いです。

この芸能人、過去には売れたけど、今何しているんだろうって的な感じの人がいっぱい出ている、微妙な顔ぶれですので、一度見てみると意外とハマるかもしれません。

つまり、過去売れたけど、現在はキー局では滅多に見なくなった芸能人が集まる番組のような気さえします。

組み合わせも、よく分かんない人たちが出ていました。

ただ、ヒロシ的にはくっだらない番組で、あまり記憶に残らない番組でした。

逆にそこが、良いのかもしれません。

微妙な情報も発信しているので、見るとしたら気をやらないように気を付けてください。

なんとも、不思議な空間がスタジオにもあって、新鮮といえばそうなのかもしれない、なんか気になる番組ではあると思います。

という事で、私の中では岩井志麻子は微妙な立ち位置の芸能人という位置づけです。

また、幾度となく「岡山県への郷土愛」を5時に夢中!で披露しており、「岡山県の男性はヤギとやる」「岡山県は未だに夜這いしている」「岡山県では揉め事も日本酒の一升瓶で片が付く」「岡山県は村の人全員が親戚」と述べているらしいです。

スポンサーリンク

小説

デビューは高校在学中で、その後は集英社にて今でいうラノベを書いていたが、全然売れず、ジャンルをホラーに転向し、1999年に岡山桃子名義で投稿した『ぼっけえ、きょうてえ』で第6回日本ホラー小説大賞を受賞した。

この間に結婚と離婚をしていて、その際に「岩井」という姓になって、めんどくさいという理由で旧姓に戻さないままなのだそうです。

そして、だんだんとホラーからアダルトへ路線変更していき、現在はよく分からない立ち位置なんじゃないかと思います。

「5時に夢中!」での発言は結構きわどいものもありますので、小説ではもっと卑猥な表現を使ったりもしているんじゃないでしょうか?

私の想像ですけど・・・。

あんまり、アニメと絡まない小説はタイトルすら読まないので、私が好きな作家さんとは別次元の方だなあという印象です。

これはこれでいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

【中古】 ぼっけえ、きょうてえ 角川ホラー文庫/岩井志麻子(著者) 【中古】afb

蜜の競艶≪完全版≫【電子書籍】[ 岩井志麻子 ]

 まとめ

韓国俳優のイ・ジュンギのファンであることを公言し、「オナニーのオカズにしまくった」と言ったり、オナニーは幼稚園児のとき以来毎日欠かさず行っており、「SEXとは別腹」と公言しているらしいです。

まあ、こんな発言を公共の電波に顔つきで載せちゃう人なんですから、小説家って頭のネジがぶっ飛んだ人が多いのかなという悪いイメージの基となってしまう恐れもありますね。

こんな人ばかりではないのでしょうけれど、作家さんは頭の中に現実とは全く別次元の妄想を出来る人でないとなれないんでしょう。

というわけで、一度作品を読んでみようかな、という気になりました。