岩下仁の顔画像や住所はどこ?神奈川大学元准教授が窃盗などで逮捕!

どうも、ヒロシです。

各社報道によると、教え子の20代女性の自宅に侵入し下着を盗んだとして、警視庁志村署が住居侵入と窃盗容疑で、神奈川大元准教授の男を再逮捕しました。
この逮捕された岩下仁容疑者(41)は2020年10月6日に窃盗容疑で逮捕されていました。

岩下容疑者の顔写真や住所、SNSなどについてまとめました。

スポンサーリンク

事件報道

教え子の20代女性の自宅に侵入し下着を盗んだとして、警視庁志村署が住居侵入窃盗容疑で、東京都品川区南大井神奈川大元准教授、岩下仁容疑者(41)を再逮捕していたことが2020年11月7日、同署への取材で分かりました。

再逮捕容疑は、2月下旬~3月上旬、東京都板橋区の女性の自宅に侵入し、下着1点を盗んだとしています。

同署によると、岩下容疑者は昨年7月、当時勤めていた別の大学の教え子だった女性を都内の喫茶店に呼び出し、女性が席を外した隙にバッグから鍵を盗み、合鍵を作成したとみられます。
下着がなくなっていることに気付いた女性が署に相談しました。
同署は鍵の窃盗容疑で10月6日に逮捕していました。

引用:産経新聞

岩下容疑者は神奈川大学の元准教授となっていますが、@Pressの記事によると、2020年4月1日までは神奈川大学経済学部の准教授として在籍していたようです。

スポンサーリンク

岩下仁容疑者の顔画像・プロフィール

顔画像については、報道では公開されていませんでしたが、@Pressの記事には写真が掲載されていました。
神奈川大学准教授で今回逮捕された岩下仁容疑者と同姓同名の准教授が存在しなければ、この人が本人だと思われます。↓

岩下仁容疑者のプロフィール

最終学歴:早稲田大学商学部商学研究科博士後期課程修了「博士(商学)」
職歴:花王株式会社、野村総合研究所、早稲田大学商学学術院助手、九州大学経済学研究院専任講師を経て、2020年神奈川大学准教授
兼務:商品開発・管理学会理事。現在、日経ビジネススクール講師、九州大学ビジネス・スクール非常勤講師、立教大学経営学部兼任講師、駒澤大学経営学部非常勤講師など
専門:マーケティング
著書:『市場志向のマーケティング―組織の志向性がパフォーマンスに及ぼすメカニズムの解明―』(千倉書房、2020年)など

プロフィールは@Pressの記事からの引用です。
この経歴を見ると、とても今回の逮捕されるような事件を起こす人間には見えませんが、何かストレスを抱えていたのでしょうか。
博士号まで取っていて、素晴らしい経歴の持ち主なのに、この容疑が本人のもので、事実ならもったいないですね。

スポンサーリンク

岩下仁容疑者の住所・SNS

住所については「東京都品川区南大井」までが公開されています。

大井競馬場のすぐそばですね。

SNSに関してはTwitterもFacebookも、同姓同名のアカウントが多数あり特定はできませんでした。

スポンサーリンク

この事件の罪名と量刑

容疑は住居侵入と窃盗ですので、そのまま住居侵入罪と窃盗罪です。

住居侵入罪は「3年以下の懲役または10万円以下の罰金」です。
窃盗罪は「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」です。

この事件が事実だとすれば、合鍵を不正に作って、計画的に犯行に及んでいるので、かなり悪質と思われます。
起訴され、刑事裁判で有罪の場合は、良くて執行猶予が付くと思います。
悪くて実刑にもなりえる可能性のある事案のような気もします。
これに加えて、仮に盗聴器や盗撮などをしていると、さらにストーカー規制法など他の犯罪の可能性も出てきます。

なんにしても、被害者の女性は怖かったと思います。
不正に合鍵をつくたれていたにしては、実質的な被害が下着一枚で済んだことは、もしかしたら不幸中の幸いだったかもしれません。
もしも、容疑者が住居侵入している最中に、部屋に戻って鉢合わせしていたら、もっと悪い結果を招いていた可能性もあると思うと、ゾッとしますね。

いくら信用のおけそうな人でも、貴重品を手元から離してトイレに行くのは止めた方がいいということになりますね。

スポンサーリンク

まとめ

岩下仁容疑者の顔画像は報道では公開されていません。
しかし、@Pressの記事にて写真が公開されています。
住所は「東京都品川区南大井」で、大井競馬場の近くです。
SNSは特定できませんでした。