加藤浩次!新事務所立ち上げして下さい!吉本退社後のヒロシ風プラン




更新日

どうも

芸人ではないヒロシです。

まず、極楽とんぼの加藤浩次さん、いつも「スッキリ!」では本当にスッキリするコメントをありがとうございます。

そんな加藤さんにメッセージというか、加藤さんならこういう事も出来るのではないか、という素人の図々しい提案です。

それも、私がお笑いが好きで、これからも芸人さんには頑張ってほしいから、この記事を執筆します。

一連の吉本闇騒動ですが、その発端となった闇営業事件から本題がずれてきました。

宮迫さんと田村亮さんの記者会見から風向きが変わりました。

しかし、この吉本闇騒動問題は宮迫さんが嘘を吐かなかったら、発覚しなかった問題なんでしょうか。

これはお笑い好きの一素人の私からの意見と提案を今回まとめました。

スポンサーリンク

吉本闇騒動事件の整理

すべて悪いのは反社会的勢力という事は、最初に言っておきます。

全ての悪の根源は反社会的勢力です。

一連の騒動の発端は、反社会的勢力との闇営業事件がきっかけです。

これは、吉本興業がどうという問題では無く、社会的な問題であったということです。

そして、この事件で主導的立場にあったのは吉本芸人なので、吉本興業が会社としてしっかりとした対応をする必要があったのです。

この吉本興業の対応のまずさから、吉本興業の会社側と芸人側の確執が浮き彫りになったという事です。

つまり、この事件には2つの問題を切り分けて解決する必要があります。

闇営業問題と吉本問題。

スポンサーリンク

吉本会見における疑問

私としては疑問だったのは、カラテカ入江さんは即契約解消宮迫さんも契約解消なのに、吉本興業は会長と社長の報酬を1年間50%カットという温度差が意味わかりませんでした。

吉本興業が関わったイベント主催者のスポンサーの中に詐欺グループがいたという説明でした。

という事は、そのイベント主催者というのは今回でいうと、即契約解消した入江さんの立場と同じわけですよね。

吉本興業は間接的に詐欺グループからお金受け取ってますよね。

報道各社はこのイベント主催者も晒してください。

という事は、宮迫さんや田村亮さんたちと吉本興業は同じ立場だったという事。

芸人は謹慎や契約解消で、会社側は会長・社長の減俸だけ?

謹慎中は給与みたいな報酬ないんでしょ?

おかしくない?

加藤さんも同じことを思っているのではないでしょうか。

しかも、吉本興業は闇営業問題はとりあえず収束したとの認識かもしれませんが、その対策としては会見の内容だけ見るとかなり不十分です。

確認書か何だかわかりませんが、ただ単にそれは会社の保身じゃないですか。

不十分すぎます。

会社側と芸人側のパワーバランスの不明確さは無くさないと、現代社会の法令コンプライアンスは徹底できません。

家族とかファミリーとか言っていますが、家族の中にもルールはあります。

私が吉本興業をブラック企業だというのはそこにあります。

芸人側が会社はファミリーだというのと、会社側が芸人をファミリーだというのは意味が違います。

会社側がファミリーだといえば、現代社会では「パワハラ」になる場合もあるのです。

それが見事に出てきたのは、田村亮さんが会見で話していたことです。

島田紳助さんもコメント出して「会社はファミリーや」と言ってますが、それは島田さんの主観です。

芸人さん全員が思っていることではありません。

スポンサーリンク

吉本の今後の可能性

一番可能性の高い方向性は、吉本興業がしっかりと芸人と向き合い、芸人を説得し、すべてを丸く収めることが良いと思います。

当然、吉本興業は加藤浩次さんも説得してください。

会社の経営に関しては、最低でも会社経営のプロを外部から招いて、取締役の1人に入れなければいけないと思っています。

そして、大崎会長はともかく、最低でも岡本社長には退陣してもらわないと、加藤浩次さんは説得できないと思います。

芸人との契約書の発行、報酬の最低保証、役員人事、これらをどうするかで加藤浩次さんを説得できるのか、出来ないのかという事が決まると思います。

もう1つの可能性は、加藤浩次さんが吉本から離れるという事です。

加藤さんが吉本を辞めれば、芸人が多数ついていく可能性はありますね。

特に北海道出身などです。

スポンサーリンク

加藤浩次の乱

とマスコミは言っているみたいですね。

いいじゃないですか。

ただこれは、闇営業問題とは話が別の問題ですね。

「スッキリ!」で公言した通りに、大崎会長と岡本社長の退陣が無ければ、やめたらいいと思います。

ただ、その場合は加藤さんに賛同している芸人を引き連れて独立してください。

より多くの芸人さんを連れて行ってください。

1人で個人事務所を立ち上げて、芸能界に残るという事は難しいです。

ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの3人のように、ジャニーズ事務所が圧力かけたのかわかりませんが、テレビ局がジャニーズ事務所に忖度して使わないという事も無いとは限りません。

1人だったら簡単につぶされます。

さんまさんクラスになると、個人事務所でマネジメント契約を吉本とするという事も可能なんでしょう。

少なくとも、宮迫さんと田村亮さんは一緒に連れて独立してもいいのではないか、と思います。

現在の芸能界は、テレビ業界や大手芸能事務所が力を持ちすぎていているという事は確かです。

こうやって、力ある芸人が分裂することで、このような状態が是正される可能性もあります。

業界全体が良くなる可能性もあります。

本日のミヤネ屋の中では、芸人やタレントの組合みたいなものを作るという案がありました。

芸人組合ですか。

それもいいと思います。

これとは別に加藤浩次さんをはじめ、今回の騒動芸人などとさんまさんの事務所が合流するという手段もあります。

さんまさんの個人事務所に、それだけのキャパシティがあればの話ですがね。

スポンサーリンク

松本人志の立ち位置と芸人組合

松本人志さんの立場は私もよく分かりませんね。

確かに面白い人です。

芸人としても好きです。

加藤浩次さんを説得できるとすれば、松本さんですよね。

という事で、経営陣に松本人志さんを入れるという事も面白いかもしれませんね。

何にしても、重要な立ち位置にいる芸人さんだと思います。

もしも、芸人組合を作るなら、松本人志さんと加藤浩次さん中心に作ればいいんじゃないでしょうか。

芸人組合

これは会社がどうとか関係なく、作った方がいいですね。

これを作れば、会社に対して団体交渉が出来ます。

芸人一人一人では会社に対抗することは出来ません。

しかし、芸人の総意という事で、会社にぶつけることが出来れば、会社は真摯に対応せざるを得ないのです。

芸人は会社のメイン商材なわけなので、総意を無視したら、ストライキでも何でもすればいいと思います。

それが芸人組合です。

もちろん、ストライキをやったら生きていけないという芸人もいるかもしれません。

それは、芸人たちが組合費をみんなで積み立てて、どうにか出来るでしょう。

もちろん、多く稼いでいる芸人さんの負担は大きくなると思います。

ただ、そういうことをやらないと、会社に奴隷のように扱われ、売れなくなったらポイッと捨てられる。

会社側がファミリーというなら、会社側にも売れない芸人に対して、売れないままでいさせない為の対策をしてもらう必要もあります。

商品(芸人)を売るのは会社のメインの仕事ですからね。

例えば、会社主導でユーチューブに動画を上げさせて、広告収入を目指すとか。

その広告収入は8割くらいを芸人に還元していくとか。

売れている芸人と一緒に出して、再生回数を稼ぐとか。

いろいろできるかもしれません。

そろそろ、松本人志さんはそういう芸人の為になることをやった方がいいのではないのでしょうか。

スポンサーリンク

取締役刷新の方法

取締役刷新はやるべきですが、今すぐには無理ですね。

島田紳助さんのコメントでは、

「大崎会長が辞めたら吉本つぶれるで」

という事を言ってました。

そんなことはありません。

つぶれるわけないじゃないですか。

吉本興業なんて大きい会社が簡単にはつぶれません。

ただ、現状のままで一気に会長と社長が辞任したら、会社がガタガタになることはあるかもしれません。

なので、何年かかけて現状を立て直すというのは、今の経営陣が期限を付けてやるべきだと思います。

1年間の減俸というよりは、減俸はしないけど、在任期間を1年と決めて会社の改革進める、とかにすれば、うまくいくような気がします。

1年間と決まっていれば、本気でやると思います。

その成果によって、また1年後に在任期間を延ばすか、そのまま辞任するか判断すればいいのではないでしょうか。

将来的には、刷新の必要はあると思います。

加藤浩次さんが吉本を辞めるのであれば、会長と社長が本気で動いてからでも遅くはない気がします。

それには、会長と社長が加藤さんと同じ覚悟でやる必要があるという事です。

まとめ

この闇営業事件の悪の根源は、反社会的勢力です。

マスコミは反社会的勢力を排除できるような報道をしてください。

芸人組合松本人志さんと加藤浩次さん主導で作ってください。

それが一番いい解決方法の様な気がします。

会社経営を監視する株主は、芸人のことは商品としか見ていないので、経営陣が変わっても芸人の対応は何も変わらない可能性すらあります。

それなら、芸人も会社側をけん制できる組織を作っても、それは会社に対する裏切りでは無いです。

芸人組合は会社を一緒に盛り上げていくための組織なんです。

私も組合活動をしていたこともあります。

組合活動は会社を良くしていくために必要な組織ですし、そのためには専門家も必要かもしれません。

苦難な道かもしれません。

とにかく、頑張ってこの苦難を乗り越えてほしいです。

そして今後も、笑かしてくれることを期待しています。