スポンサーリンク

河村賢の顔写真や住所が判明!?早稲田大学生が暴行事件で逮捕!

事件事故

どうも、ヒロシです。

報道によると、東京・東久留米市のマンションで、10代後半の少女を殴るなどしてケガをさせた上、性的暴行を加えようとしたとして、早稲田大学の学生の男が逮捕されました。

この事件で逮捕された河村賢容疑者の顔画像や住所、SNSなどの情報をまとめました。

スポンサーリンク

事件報道

出会い系アプリで知り合った10代の女性に対し、性的暴行を加えようとしてけがをさせたとして、早稲田大学の学生の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・小平市に住む早稲田大学国際教養学部河村賢容疑者(20)です。河村容疑者は、今年1月、東久留米市のマンションで10代の会社員の女性に性的暴行を加えようとした際、頭や顔を殴るなどして2週間のけがをさせた疑いがもたれています。

河村容疑者と女性は出会い系アプリで知り合い、事件当日に初めて会って食事をしましたが、「トイレを貸してくれないか」などと言って女性の自宅マンションを訪れ、犯行に及んだということです。
河村容疑者は「強制的に性行為をしようとはしていません」と容疑を否認しています。

引用:TBSニュース(https://news.tbs.co.jp/)

スポンサーリンク

河村賢容疑者の顔画像とSNS

顔写真についてはニュース映像にて公開されています。

現在のところ、雰囲気しかわからないこの横顔映像しかありませんでした。

SNSに関しては、TwitterもFacebookも同姓同名の人が複数人いたので、特定できるアカウントはありませんでした。

しかし、同じ名前の人は本当に迷惑でしょうね。

スポンサーリンク

河村賢容疑者の住所

報道にて「東京都小平市」ということが公開されています。

各社の報道をチェックしましたが、これよりも詳細な住所を公開している報道機関は見つかりませんでした。

スポンサーリンク

被害者の自宅マンション住所

事件現場となったのは、被害者の自宅マンションということで「東京都東久留米市」ということが分かっています。

地理関係を整理すると、河村容疑者の自宅と被害女性の自宅マンションは距離的には近いことが分かります。
隣町ということで、マッチングアプリでも近所を狙ったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

河村賢容疑者の大学・学部の場所

報道にて、「早稲田大学国際教養学部」ということが公開されています。
年齢が20歳ということなので、2年か3年生でしょう。

このキャンパスは河村容疑者の自宅からは少し距離があるので、一人暮らしや下宿しているというようなことは考えにくいです。
つまり、上記で報道されている河村容疑者の自宅は、実家である可能性が高いです。

スポンサーリンク

この事件の罪名と量刑

逮捕容疑は「強制性交致傷」ということなので、罪名は「強制性交等罪」です。

量刑は「5年以上の有期懲役」です。
これは、有罪になれば執行猶予が付かないことを意味していますので、重い罪と言えます。

河村容疑者は「強制的に性行為をしようとはしていません」と強制性交の部分は否定していますので、罪名は「傷害罪」にかわるかもしれません。

傷害罪の場合の量刑は「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金」です。
どちらにしても、重い罪なのは変わりません。

スポンサーリンク

河村賢容疑者の情報まとめ

顔画像は報道により映像が公開されています。
SNSに関しては、特定できるアカウントはありませんでした。
住所は「東京都小平市」です。
大学は「早稲田大学国際教養学部」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました