北村磯雄の顔写真や自宅マンションはどこ?爆竹投下で61歳男逮捕!大田区

どうも、ヒロシです。

報道によると、マンションから爆竹を投げ落としたとして東京都大田区の無職の男が警視庁に逮捕されました。
この事件で逮捕された北村磯雄容疑者(61)の顔画像やSNS、自宅住所などの情報をまとめました。

スポンサーリンク

事件概要

2020年4月18日、北村磯雄容疑者は自宅マンションの部屋から外に爆竹を投げ、歩いていた男子高校生のおよそ5メートル先に落として爆発させた暴行の疑いが持たれています。
男子高校生にけがはありませんでした。

「ロケット花火の音や爆竹の音が鳴っていた。けがをさせることもあるので、さすがに許せないですね」(マンションの住人)

北村容疑者は「ベランダで爆竹をやっただけ」と供述し容疑を否認していますが、警視庁は北村容疑者が先月以降、ほかにも空き瓶を投げたりロケット花火を飛ばしたりしたとみて調べています。

スポンサーリンク

北村磯雄容疑者の顔画像とSNS

出典:TBSNEWS(https://news.tbs.co.jp/)

顔画像に関してはTBSニュースにて画像が公開されています。

SNSに関してはアカウントが存在しませんでした。
おそらく、年齢的にSNSの存在すら知らないかもしれません。
ハンドルネームなどを設定するとかは無いと思います。

スポンサーリンク

北村磯雄容疑者の自宅マンション

住所は現在のところ「東京都大田区」までしか判明していません。

なんといっても23区内なので、どこのマンションでも、昼間であれば下には誰かしらいそうですので、物を投げたら危険です。

スポンサーリンク

この事件の罪名と量刑

容疑名がはっきりと報道されていませんので少し調べました。
いくつかの例で説明します。

罪名
①そのマンションの下が歩道や道路などの場合は、道路交通法違反(禁止行為)になります。
②もしも、上から人をめがけて投げつけて場合は、暴行罪です。
③道路でもなく、人もいなかった場合でも、マンションは他の居住者もいるため、軽犯罪法違反になります。
④上記以外でも、他人の物が壊れれば器物損壊罪です。
⑤マンション下のお店などの営業の妨げになれば威力業務妨害罪となります。

量刑
①6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
② 2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料
③1日以上30日未満の身柄拘束または1,000円以上1万円未満の罰金又は科料
④3年以下の懲役又は30万円以下の罰金もしくは科料
⑤3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

意外にも暴行罪よりも威力業務妨害罪の方が罪が重いんです。
もちろん、けが人が出ていればもっと罪が重い傷害罪などになっていた可能性もあります。
なんにしても、マンションの部屋から外に物を投げるという行為は、非常に迷惑な行為なので、絶対にやってはいけませんね。

この事件では、「ベランダで爆竹をやっただけ」と言っていますが、これでも軽犯罪法に触れる可能性はあります。
厳密に言えばマンションのベランダは、緊急時の避難などに隣室などの住人も使用するため、マンションの共用部分の専用使用権があるだけです。
マンションのベランダは専有部分ではないので、例えマンションを購入していても、自分の持ち物ではないのです。
つまり、「ベランダで爆竹をやっただけ」でも、マンションの住人には迷惑は掛かりますので、軽犯罪法違反には抵触する可能性は高いです。

スポンサーリンク

まとめ

顔画像はTBSニュースにて画像が公開されています。
SNSに関してはアカウントが存在しませんでした。
自宅住所は「東京都大田区のマンション」です。