木藤俊の顔写真や経営の不動産会社はどこ?特殊詐欺アジトの不正契約で逮捕

どうも、ヒロシです。

各社報道によると、2020年3月18日、特殊詐欺グループのアジトとして使われることを知りながらマンションの部屋を不正に契約したとして、不動産仲介会社社長の男ら3人が逮捕されました。

この事件について、元不動産仲介業者だった私の意見も踏まえつつ、逮捕された木藤俊容疑者の顔画像やSNS、経営していた不動産仲介会社の情報をまとめました。

スポンサーリンク

事件概要

出典:日テレNEWS(http://www.news24.jp/)

不動産仲介会社社長・木藤俊容疑者(39)川村尚容疑者(38)3人は2017年、東京・中央区のマンションの一室を特殊詐欺グループのアジトとして使用するため、身分を偽って契約をした疑いが持たれています。
警視庁によりますと、詐欺グループで電話を掛けるいわゆる「かけ子」だった川村容疑者が当時、無職だったため、木藤容疑者は部屋の契約ができるよう川村容疑者を会社員だと偽った書類を作ったということです。
取り調べに対し、木藤容疑者は「特殊詐欺に使われるとは知らなかった」と容疑を一部否認しています。

引用:テレ朝NEWS

この報道で、各社で逮捕されたとして名前を出しているのは、木藤容疑者と川村容疑者の2人で、もう1人の名前はどこも報道をしていません。
もう1人は誰なんでしょうか?
考えられるのは、木藤容疑者が社長なので、実際に契約をした宅建士の社員とかでしょうか。
逆に元不動産屋からすると、不動産仲介会社所属の名前が契約書に出るとすれば、この2人しか考えられません。
その中で川村容疑者はお客さんということになります。

スポンサーリンク

木藤俊容疑者の顔画像とSNS

各社報道のニュース映像で公開されています。

出典:FNN(https://www.fnn.jp/)

出典:日テレNEWS(http://www.news24.jp/)

SNSに関しては、FacebookやTwitterのアカウントは存在しませんでした。
木藤容疑者は私と同年代ですが、ネット関係はおそらくやっている暇がなかったのでしょう。

スポンサーリンク

木藤俊容疑者の経営する不動産仲介会社

リビンマッチの全国不動産会社データベースによると木藤容疑者経営する会社は次の通りです。

会社名:株式会社 ViDa
所在地:〒136-0071東京都江東区亀戸5-6-21
代表者:木藤 俊
資本金:10,000,000円
許認可・免許番号:宅地建物取引業 東京都知事免許 (1) 第93195号

不動産仲介業者としては、駅前でかなり良い立地の場所ですね。
免許番号で「東京都知事免許 (1) 第93195号」とありますので、宅建業者としては設立5年以内の会社になります。
(1)という部分は更新するたびに数字が増えるのですが、5年ごとに免許を更新しなければいけません。
つまり、この数字が(10)であれば、45年以上50年未満の宅建業者ということです。

スポンサーリンク

この事件に関しての罪名と量刑

警視庁の見解が報道されていないのではっきりとは言えませんが、木藤容疑者に関しては、まず考えられるのは宅地建物取引業法(宅建業法)違反です。
それと、借主が反社会的組織とわかっていて、契約させた場合は、詐欺罪にも問われる可能性があります。
それと、借主の源泉徴収票を偽造させているので、私文書偽造等罪も可能性はあります。

量刑に関しては、宅建業法違反については、免許取り消しなどの行政処分がメインで、あとは民事での争いとなります。
詐欺罪に関しては、10年以下の懲役です。
今回の場合の私文書偽造等罪は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。

今回の事件の場合は、結構複雑なんですが、木藤容疑者は否認している部分もあります。
それはおそらく、詐欺罪の部分です。
同じく逮捕されている借主である川村容疑者が反社会的組織だとは知らなかったといっています。
しかし、宅建業法では反社会的組織の排除条項というのがあるので、知ってか知らずかに関係なく、何らかの行政処分はあるかと思います。
知っていた場合は、免許の取り消しだと思います。
文書偽造に関しては否認していないと思いますので、おそらくやった?やらせた?のだと思います。
これに関しては少なくとも罰金刑か重くて執行猶予付きの判決だと思います。
もしかしたら、木藤容疑者は不起訴処分になる可能性もありそうです。

スポンサーリンク

元不動産仲介業者ヒロシの見解

正直に言うと、私が勤務していた会社では、源泉徴収票の偽造みたいなことは行っている人はいました。
私の勤めていた会社は、売買をメインで行うのですが、住宅ローンを通すために、源泉徴収票の年度を偽造したりしていたという噂のある部長クラスの社員がいるというのは、結構いろんな人が知っていました。

そして、この不動産仲介業者というのは共同仲介というのがあって、競合他社の社員と話す機会が良くあるのですが、そこで噂を聞くと、結構この私文書の偽造はやっている人が多いらしいです。
少し前に話題になった、スルガ銀行(ゆうちょ銀行)の融資問題もこの1つだと思います。

また、ある筋の話では、お金を払えば住宅ローンをどんな人でも通してくれるという人すらいるらしいです。
ただこれはかなり高額らしいですので、外国籍のお金持ちとかが使うらしいです。
私は実際にこの人を使ったことは無いので、実態は分かりません。

私は金融機関や審査会社に提出する書類を偽造したことはありませんが、ある理由で会社に提出する契約書コピーの日付を偽造していたりはありました。
ただ、これは社内向けな書類で、どこかに迷惑をかけるというものではありません。

スポンサーリンク

まとめ

木藤俊容疑者の顔画像は各社報道機関でニュース映像が公開されています。
SNSに関しては、アカウントは見つかりませんでした。
木藤容疑者が営々する不動産仲介業者は「株式会社 ViDa」です。