スポンサーリンク

コロナ助成金を受給していた自民党議員一覧!(現職・元職)

どうも、ヒロシです。

不正受給」とまでは言えないこの自民党議員におけるコロナ関連助成金の受給問題ですが、やっぱり不適切ということで、ここに名前の一覧と、金額などの詳細をまとめます。

現在分かっているのは、現職・元職含めて4名です。
大岡敏孝環境副大臣(現)、山本左近衆院議員(現)、石原伸晃(元衆)、岩城光英(元参)」

それぞれに共通しているのは、本人が受給しているわけでは無くて、その政治団体や自民党支部などの単位で受給していたようです。

スポンサーリンク

政治家のコロナ助成金受給に関して

これは、違法かどうかという部分に関していえば、グレーです。
申請するということに関しては合法で、何の問題もありません。

しかし、申請の内容に虚偽事実が含まれていれば、普通に「詐欺罪」が成立するのは、既に何人か逮捕されている一般人と同じ扱いになります。

ただ、ここで問題視されているのは、倫理観です。
政治家というのは、税制に関してもそうですが、金銭面では普通のサラリーマンよりかなり優遇されています。
しかも、政治家単体で考えれば、例えコロナ過であっても、給与は保証されています。
サラリーマンでも正社員であれば、ある程度保護されるかもしれませんが、パート・アルバイトなどの時間給勤務の場合は、休めば完全に収入が無くなるわけです。

しかも、そのコロナ助成金の制度を作ったのは自民党議員たち政権を担う国会議員の皆さんなわけです。
その政治家たちが、コロナ助成金を受け取るということに、どうしても受け入れられませんし、国民の理解は得られません。
本当に意味わかりませんよね。

ということで、そういう問題が発覚し始めて、自民党の茂木幹事長が言い出したのがこちら(↓)です。

「政治の側が、この制度を活用できるにしても、使うことについては、やっぱり慎重であるべきだと考えている。仮にわが党で、ほかにそういう方が出てきた場合は、返還してもらいたい。違和感がある。」

つまり、これは自民党議員に対して、「強制はしないけど、返還しようね」という要請ベースですね。

しかも、「違和感がある」というのは、ちょっと意識が低いですね。
違和感ではなく、不適切と言うべきだったと思います。
だって、議員報酬はコロナ過でも支払われているのだから、例え政治団体や支部レベルで収入が減ったとしても、運営レベルを下げればいいだけの話で、コロナ助成金を受給してまで活動する必要のないものです。
本人の政治活動には何の支障もないはずです。

何が言いたいかと言うと、別に生活に困らない人たちが、コロナ助成金が申請すればもらえそうだから、もらっておこうというのがまず1つですね。
その上で、その制度を作った人たちがこれをやるというのは、倫理的に問題があり、不適切としか言いようがないですね。
おそらく、不正受給というわけでは無いと思います。

最初から、「公務員・政治団体には適用しない」というようなルールを作っておくべきでしたね。

スポンサーリンク

大岡敏孝

自民党の大岡敏孝環境副大臣(衆院滋賀1区)が代表を務める同党滋賀県第1選挙区支部が昨年、新型コロナウイルス対策の雇用調整助成金(雇調金)を約30万円受給していたことが10日、分かった。
同支部の2020年分の政治資金収支報告書によると、雇調金名目で30万3799円を収入に計上。大岡氏は取材に「制度の趣旨にのっとり適切に申請し、受給した」と説明した。

出典:時事ドットコム(https://www.jiji.com/)

整理すると、名目は雇用調整助成金(雇調金)で、金額は30万3799円です。
雇調金は、コロナの影響で「事業活動の縮小」を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために、「労使間の協定」に基づき、「雇用調整(休業)」を実施する事業主に対して、休業手当などの一部を助成するものです。

つまり、大岡敏孝環境副大臣が代表を務める滋賀県第1選挙区支部で働く人がコロナで休業し、その分の給与は支部から支給したので、支部が雇調金を申請し、受給したということでしょう。

そもそも、基本的には自民党の支部で働く人たちの給与の原資は税金ですよね。
若しくは、企業などからの政治献金という、グレーな匂いのするお金ですよね。
それに対して、またさらに税金が原資である雇調金を受け取るということが、意味わからないです。

まあ、私としては、支部の人たちって、NHK党の職員と違って実務なんかほとんどなさそうなので、仕事なんてないようなもんでしょ?
あっても、経理とかだろうから別にリモートでも出来るんじゃね?
ということですね。
コロナ過で、選挙活動もなかっただろうし、何なの?って感じですね。

因みに、環境副大臣という役職に関しては、続投するらしいです。(# ゚Д゚)

スポンサーリンク

山本左近

出典:https://www.jiji.com/

ファンなら知っているかもしれませんが、元F-1ドライバーで今年の衆議院選挙で初当選しているようです。
まさか、政治家になっているとは思いませんでしたが・・・。

自民党の山本左近衆院議員=比例代表東海ブロック=が代表を務める政治団体が新型コロナウイルス関連の助成金約80万円を受給していたことが14日、分かった。山本氏はツイッターで返還の手続きを進めていると明らかにした。
助成金は、臨時休校などで仕事を休まざるを得なくなった小学生の保護者などが有給休暇を取った場合、事業主に支払われる。事務所によると、政治団体で雇用していた職員が子どもの臨時休校中に仕事を休んだため、助成金を申請したという。

出典:時事ドットコム(https://www.jiji.com/)

こちらは「小学校休業等対応助成金」で、正確には82万円余りです。
実際には雇調金と同じような役割ですが、意味合いが違います。
簡単に言うと小学校の休校や、小学生のコロナ感染により、就業できない従業員の有給休暇に対して、企業に助成されます。

大岡環境副大臣と少し違うのは、この助成金を申請、受給したのが当選前ということです。
自民党内でどういう位置づけになっていたかは不明ですが、「山本左近政策研究会」という山本議員が代表を務める政治団体が受け取っています。
ここで雇っていた人に出している給与の原資がよくわからないので、何とも言えません。
主に自己資金や政治献金などでしょう。

スポンサーリンク

石原伸晃

内閣官房参与に就任した自民党の石原伸晃元幹事長が代表を務める政治団体が昨年、雇用調整助成金を受給していたことが8日、分かった。事業縮小に追い込まれた事業主に休業手当などの一部を助成する制度で、新型コロナウイルス感染拡大に伴い助成率が引き上げられている。政治団体による活用には疑問の声が上がりそうだ。
自民党東京都第8選挙区支部の2020年分の政治資金収支報告書によると、4~5月分として計3回、「雇用安定助成金」の名目で計60万円を収入に計上。支部関係者は取材に対し、「所管官庁に確認した上で、適正に申請し、審査してもらった」と説明した。

出典:時事ドットコム(https://www.jiji.com/)

これは大岡環境副大臣と同じパターンですね。

ただ、この人今年の衆議院選挙で落選したにもかかわらず、内閣官房参与という役職に就いたことが不思議でなりません。
まあ、このことが明らかになって即座に辞職しました。

これに関しては、岸田総理の人事権ですが、そもそも岸田総理は国民が選んだ総理大臣ではないのに、勝手に元国会議員を内閣重役に据えるというのは、どうかと思います。
せめて、現職の議員ならば仕方ないですが・・・。
それか、実績のある実業家などを指名するならわかりますが、特に政界以外では実績は無い人ですから、人事の意味がよく分かりません。

スポンサーリンク

岩城光英

出典:http://www.iwaki-mitsuhide.jp/

岩城氏が代表を務める「自民党福島県ふるさと振興支部」が2020年に新型コロナウイルス対策の雇用調整助成金(雇調金)を4回にわたり、計147万4,292円受け取っていたことが明らかとなった。
また、子供がいる女性スタッフがいるとして、新型コロナで臨時休校・休園になった小学校や保育園などの保護者を対象に申請できる両立支援等助成金についても27万9,538円も受給していたことも明らかとなった。

引用:朝日新聞、Wikipediaなど

この人は合計で175万3830円を受給していたということです。
元参議院議員ですが、2019年の参議院選挙で自民党の公認を受けられないことが分かり、立候補していませんでした。

ただ、自民党というのは政党助成金(原資は税金)を受け取る公党ですから、税金の一部を使用していることに変わりはありません。
国会議員ではなくなったとはいえ、自民党員としてはコロナ関連の助成金を受け取るのは不適切としか言いようがないです。

スポンサーリンク

まとめ

特に自民党は政権を担ているので、自分たちによりお金が集まる制度を作れてしまうということです。
その為、今回のように自民党は合法的に助成金(原資は税金)を搾取できる仕組みを作れるということになります。

コロナ関連の助成金は、コロナ過での生活困窮者や、ダメージを受けている企業への支援が目的なので、そもそもその必要がない政治団体などには、制度設計として原則不支給とする条件を付けるべきでした。

特に国会議員などは、もともと税制的にも優遇処置されていて、それなりの報酬も税金からもらっているわけです。
そこに、コロナ関連助成金が受給できる方がおかしいわけです。

税金は我々納税者(国民)のモノであって、国会議員のモノではありません。
国会議員の役割はこの税金を平等公平に国民に再分配するためのシステムの一部です。
その為に選挙で選ばれた国民の代表なのです。

皆さん、こんなことを許していいはずがありませんよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました