マスク在庫速報の出品情報は安い?高い?正規の値段ではない?

更新日

どうも、ヒロシです。

各社報道によると、「マスク在庫速報」というサイトが立ち上がり、マスクの在庫をこのサイトを見れば一目瞭然でわかるというものができたそうです。
そこで、実際にサイトを確認して、価格が正常なのかどうか検証・考察しました。

スポンサーリンク

「マスク在庫速報」とは

Amazon、楽天、ユニ・チャームの在庫の「1枚あたりの価格が低い順」に表示
アスツール株式会社は3月23日、ウェブサービス「マスク在庫速報」を発表した。

このサービスは、名前の通り複数の通販サイト(3月23日現在ではAmazon、楽天市場、ユニ・チャームの3つ)の在庫があるマスクの「1枚あたりの価格が低い順」に表示するというもの。

開発を手がけたアスツールは、2016年に片手でも操作できるスマホ用ブラウザアプリ「Smooz(スムーズ)」を開発しており、同年のApp Storeベストアプリも受賞したスタートアップ。これまでにファンコミュニケーションズ、Skyland Ventures、個人投資家より累計1億円を資金調達している。

引用:https://finders.me/

つまり、Amazon、楽天、ユニ・チャームの3つのサイトのまとめサイトということになります。
そして、Amazonと楽天には個人商店のようなネットショップも存在し、マスク転売が禁止されたにも関わらず、実質的には転売品と変わらないようなものも存在しています。
【マスク転売禁止についての関連記事】↓↓↓

どうも、ヒロシです。 各社報道によると、先日、2020年3月5日に安倍晋三首相はマスクの転売を規制することを検討し始めました。...

ということで、このサイトで紹介されているマスクが、通常価格よりも安いのか高いのかを判定していきたいと思います。

スポンサーリンク

「マスク在庫速報」は安い?高い?

さて、実際に在庫はあっても、それが正常な値段なのかということが重要だと私は思います。
私は新型コロナが流行する前から、定期的にマスクを購入していました。
というのも、私はアレルギー性鼻炎に加え、花粉症でもあるので、マスクは年中使います。
なので、市販で買えるマスクというのは大体の値段ですが、50~60枚入りで、400円から600円くらいだったと思います。
仮に50枚500円とすると、1枚当たり10円です。

では、「マスク在庫速報」に載っているマスクはどうなのか見ていきます。
このサイトは、安いものが上に着ているので、一番上のマスクで検討します。
これが実際のサイト画面を切り抜いた画像です。↓↓↓

出典:https://zaiko.smoozapp.com/

(※2020年3月24日20時現在の画像です。)
一番上(一番安い価格)は、赤字で54円というのが見えますね。
これが1枚当たりの価格です。

新型コロナが流行する前は10円。
流行後は54円。
単純に比較すれば、5.4倍です。

しかし、今は非常時ですので、この価格が正常なのか異常なのかということです。
これは主観でしかないのですが、私は異常だと思います。
マスク転売禁止が施行される前の、個人転売ヤーなどが高額転売していた時期よりは落ち着きましたが、それでも異常な価格です。
まあ、一時期は10倍~30倍とかかなり異常な値段でしたからね。

2倍とかくらいなら私も許容できたかもしれません。
しかし、5倍以上というのはなかなか許容できません。
しかも、この1枚54円には送料が含まれていません。
送料は700円くらいなので、送料が含まれるとさらに1~2円単価は上がります。

なぜこういう異常な状態になっているかというと、正規の小売店すら異常な価格で出品しているということです。
正規の小売店なら、転売には当たらずということなのかもしれませんが、転売禁止している意味がありません。

結論は「マスク在庫速報」に載っているマスクは現時点では非常に高いです。
ただ、他に手に入れる方法があるかというと、手に入れるのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

「マスク在庫速報」の今後

このサイトは非常時の現在のみ役に立つサイトです。
その為、新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )が終息すれば、必要なくなります。
おそらく、この非常時が解消されれば、マスクも通常の状態に戻るので、このサイトは閉鎖されると思われます。

そもそも、新型コロナはマスクでの予防は不要という情報がWTOなどからも出ていますので、健常者がマスクをする必要性は必ずしもないのです。
私の場合は他の理由でマスクが必要なのです。
花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を悪化させないようにするためです。

非常時の今でも、このような異常な価格のマスクしか無いのであれば、こういうサイトを作るだけ無駄だと思います。
正常な価格競争ができないということで言えば、むしろこんなサイトは無い方がいいと思います。
このサイトの目的が、正常な価格競争を促すものであればいいのですが、現状を見るとそうではなさそうなので、やっぱり不要だと思います。

スポンサーリンク

「マスク在庫速報」の真の目的

上記の項目で私が不要と思うのは、実はもう1つの最大の理由があります。
それは、このサイトがアフィリエイトサイトである可能性が高いということです。
アフィリエイトというのは、Amazonや楽天とアフィリエイト契約をして、その広告経由で商品が購入された場合に、そのサイト主に報酬が入るというものです。
例えばこんな感じの広告です。

スポンサーリンク

[予約販売 今ご注文になったら4月10日以降国内発送予定]配送日指定不可・お一人様5箱まで・BFE/PFE/VFE99%高性能 不織布マスク サイズ17.5×9.5cm 60枚入

価格:3,278円
(2020/3/24 21:29時点)
感想(176件)

これは、「マスク在庫速報」のサイトの一番上の商品と同様のもので、価格も一緒です。
価格が同じということは、アフィリエイトを経由していると思われます。
私が契約しているのは個人アフィリエイター用のものですので、こういう形の広告しか表示できないのですが、企業同士の提携だと思うので、特別な表示方法があるのだと思います。

つまり、マスク不足に乗じて、それをお金に変えようという、新型コロナ便乗サービスである可能性が高いです。
逆に言うと、広告料が入っているからこそ、市販よりも高く設定せざるを得ないのです。
ただ、5倍以上というのは高すぎです。

スポンサーリンク

まとめ

マスク在庫速報」というサイトは、ネット通販で売っているマスクを集めたまとめサイトです。
そして、アフィリエイトサイトの可能性が高いです。
価格も、通常の価格のものは無く、異常に価格が高いマスクしか現状ではありませんでした。
結論は、マスクはネット通販で購入するのは最終手段です。
もしも、マスクを購入しなければ死んでしまうという状態の人は購入したらいいと思います。