溝上邦子の顔写真やSNSは?コロナで仕事なく、詐欺受け子で逮捕!神奈川県川崎市

どうも、ヒロシです。

各社報道によると、川崎市に住む90代の女性の自宅を訪れ、キャッシュカードをだまし取ったとして、53歳の女が詐欺の疑いで警察に逮捕されました。
この事件で逮捕された溝上邦子容疑者の犯行動機が結構ヤバいのですが、顔画像やSNSなどをまとめました。

スポンサーリンク

事件概要

川崎市に住む90代の女性の自宅を訪れ、キャッシュカードをだまし取ったとして、53歳の自営業の女が詐欺の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、自称、千葉県市川市の自営業(自称・舞台照明業)、溝上邦子容疑者(53)です。

警察の調べによりますと、溝上容疑者は、14日銀行員を装って川崎市中原区の90代の女性の自宅を訪れ、キャッシュカード2枚をだまし取った詐欺の疑いが持たれています。

調べに対し、溝上容疑者は「新型コロナウイルスの影響で舞台照明の仕事がキャンセルになり、収入を補うためツイッターでアルバイトの募集を見て申し込んだ。途中でおかしいと思ったが、カードをだまし取った」と供述し、容疑を認めているということです。

また、「キャッシュカードの口座から数十万円の金をおろした」とも供述しているということです。

警察によりますと、被害者の女性の自宅には、溝上容疑者が訪れる前に別の人物とみられる声で銀行員などを装い、「医療費の還付金がある」などとうその電話がかかってきていたということで、警察はさらに詳しく捜査しています。

引用:NHKニュースWEB

スポンサーリンク

溝上邦子容疑者の顔画像とSNS

出典:日テレNEWS(http://www.news24.jp/)

この顔画像は日テレNEWSのニュース映像を切り抜いた画像です。
格子が邪魔でよく見えないですが、なんとなくは分かると思います。

SNSについては、FacebookやTwitterにはアカウントがありませんでした。
同姓同名の名前も一切無かったので、完全にこの2つはやっていないものと考えられます。
Instagramもアカウントは存在しませんでした。

スポンサーリンク

溝上邦子容疑者の自宅住所

自宅に関しては報道で「千葉県市川市」までは公開されています。
これ以上の、詳細住所は分かりませんでした。

スポンサーリンク

溝上邦子容疑者の犯行動機について

溝上容疑者は供述で「新型コロナウイルスの影響で舞台照明の仕事がキャンセルになり、収入を補うためツイッターでアルバイトの募集を見て申し込んだ。途中でおかしいと思ったが、カードをだまし取った。」と言っていたそうですね。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )に関しては、全世界で影響しているので、これを動機にしてしまっては、全世界で犯罪が横行してしまうということになります。
これは絶対にダメだと思います。

新型コロナに関しての記事はこちらも参考にしてください。↓↓↓

どうも、千葉在住のヒロシです。 さて、今回のテーマは現在中国を中心に新型コロナウイルスであるCOVID-19の流行についてです...

しかも、ツイッターの募集の段階で、この仕事は怪しいとか、詐欺だとか感じたら、やめるべきだったと思います。
途中で気づいたなら、途中でもやめるべきだったと思います。

自分が仕事が無くて辛いからって、犯罪に手を染めていい理由には絶対になりません。
苦しいのはみんな同じなんです。
新型コロナは怖いし、仕事ないし・できないし、全世界でこれは起きている現象なんだと思います。

スポンサーリンク

この事件の罪名と量刑について

この事件の容疑の罪名は詐欺罪です。
量刑は10年以下の懲役です。
これは、悪質性などが裁判では争われ、罰金刑が無いので、いきなり実刑判決もあり得る、重い罪です。
ただ今回の事件が初犯であれば、執行猶予が付く可能性は高いと思います。

争点は、おそらくツイッターの募集という所でしょうか。
例えば、その時点で気づけなくとも、実行の途中で「おかしい」と気づいていながら、犯行を実行してしまったということです。
つまり、これを詐欺と認識して犯行を行ったので、自らの意思で詐欺を実行してしまったとも言えます。
もし、途中で気づいた時点で、警察に通報していれば、何の罪にも問われなかった可能性すらあります。
むしろ、警察の捜査に協力してくれたということにもなるかも、でしたよね。

スポンサーリンク

まとめ

溝上邦子容疑者の顔画像は各社テレビ局のニュース映像にて、見えにくいですが公開されています。
SNSについてはFacebookやTwitter、Instagramのアカウントは存在していませんでした。

皆さんも、特殊詐欺には気を付けましょう。
本当にいろんな手口で、騙そうとしてきます。
今回のように、詐欺の片棒を担がされてしまわないようにも、途中でも詐欺と気づいた時点で警察に通報するようにしましょう。
もちろん、自分の高齢になってしまった親を守るためにも、家族内で何か決めごとをしておくのも大切なことだとは思います。