成島明彦の顔写真や住所はどこ?SNSは?ひょっこり男があおり運転自転車初適用

どうも、ヒロシです。

報道によると、自転車で車にあおり運転をしたとして、埼玉県警は2020年10月26日、道交法違反(妨害運転)の疑いで、成島明彦容疑者(33)=別の暴行容疑で逮捕=を同日中に再逮捕する方針を固めました。

最近、あおり運転に関する道路交通法が厳罰化されたのは、記憶に新しいところです。
自転車で迷惑運転や危険な運転をしていた通称「ひょっこり男」や「ひょっこり犯」が、厳罰化されたあおり運転に初適用される模様です。

ちょっと時系列が怪しいのですが、その辺の整理と、成島容疑者の顔画像や住所、SNSなどの情報をまとめました。

スポンサーリンク

事件報道

 以下は産経新聞からの引用です。

自転車で車にあおり運転をしたとして、埼玉県警は26日、道交法違反(妨害運転)の疑いで、同県桶川市寿、パート、成島明彦容疑者(33)=別の暴行容疑で逮捕=を同日中に再逮捕する方針を固めました。
県警によると、あおり運転を厳罰化した6月の改正道交法施行後、自転車への適用は全国初です。

再逮捕容疑は10月5日、桶川市内の路上を自転車で走行中、故意に40代女性が運転する車の前に飛び出して通行を妨害したとしています。

県警によると、同容疑者は桶川市や上尾市で、蛇行運転や、対向車の前に突然飛び出す迷惑運転を繰り返し、住民から「ひょっこり男」と呼ばれていました。

スポンサーリンク

成島明彦容疑者の顔画像

出典:https://news.tbs.co.jp/

出典:https://www.fnn.jp/

出典:https://www.fnn.jp/

顔画像は各社報道により、画像や映像にて公開されています。

スポンサーリンク

成島明彦容疑者のSNS

Twitterに謎のアカウントを発見しました。↓

謎なのは、逮捕直前なのか10月25日にもツイートがありました。↓

このアカウントが本当に成島容疑者の本人のものならば、どんな神経して自分が犯罪者であることをアピールしているのか、理解できませんね。

スポンサーリンク

成島明彦容疑者の住所

住所は「埼玉県桶川市寿」です。

結構駅が近くて、立地の良い場所に住んでいるようです。
おそらく、この自宅周辺や隣町の上尾市で犯行を繰り返していたものと思われます。

スポンサーリンク

あおり運転厳罰化について

あおり運転の厳罰化が施行されたのは、今年(2020年)6月のことです。
私の記憶が正しければ、この「ひょっこり男」が話題になったのは、1年くらい前だったような気がします。

この時は、逮捕もされて、刑事裁判で有罪判決を受け、執行猶予中だったと記憶しています。
それに、その時かなりいろんな番組で取り上げられていたので、もう反省して、そんなことは止めていたのかと思いました。

しかも、別件ですでに逮捕されているは他の報道などを見ると、成島容疑者が暴行しているような映像があるので、暴行容疑もあると思われます。
全く反省していないようですね。

時系列としては、1年前に危険運転の道路交通法違反か何かで、有罪判決で執行猶予判決でした。
その後、釈放され、ほとぼりが冷めてきたからか、あおり運転が厳罰化された2020年6月以降に、再度自転車であおり運転のような危険運転をして、注意された人に暴行を加えて逮捕された、という流れのようです。

そして、危険運転行為についても今回、あおり運転として自転車で初の適用になって再逮捕ということです。

スポンサーリンク

この事件の量刑

改正された道路交通法では、あおり運転は「妨害運転」として、最高で「5年以下の懲役、または100万円以下の罰金」が適用されます。
自動車の場合は違反点数は15点以上で即「免許取り消し」です。

成島容疑者の場合は、懲役2年執行猶予4年の有罪判決が出ていますので、この懲役刑がまず執行されます。
その上で、今回の逮捕容疑の暴行罪や妨害運転の量刑が加わる可能性が高いです。

暴行罪は「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」です。
起訴され、裁判にて有罪になれば、おそらく実刑になると思われます。
懲役2年に追加となるのだと思いますが、懲りない人ですね。

けが人などが出ていないことが唯一の救いですが、重大な事故につながっていた可能性を考えれば、罪は重いです。

スポンサーリンク

まとめ

成島明彦容疑者の顔画像は、各社報道により映像が公開されています。
SNSに関しては、Twitterに本人らしきアカウントが存在しました。
住所は「埼玉県桶川市寿」です。