首里城2000円札の守礼門は無事!燃えた7棟は?火災原因は放火?




更新日

どうも

ヒロシです。

記憶が薄れている方も多いかと思いますが、2000円札には首里城の守礼門が描かれていましたね。

それだけ、日本の象徴的な建造物で、城跡は世界遺産にも登録されています。

10月31日の朝起きたら、大規模な火災の映像がテレビから飛び込んできました。

日本の誰もがショックを感じたであろう沖縄首里城が燃えていたのです。

私も高校の修学旅行で沖縄を見学しました。

もちろん、この首里城も見学しています。

非常に残念です。

アメリカ軍に焼かれてから、復元が最近終わったイメージでしたが、まだ火災原因はわかっていません。

ユーチューブでは「犯人は私」みたいなフェイク動画を作る輩も出てきているとか。

何にしても、焼けた7棟はどれなのか、紹介します。

首里城火災で焼失7棟

消失してしまったのは、各社報道によると「正殿」「南殿」「北殿」「黄金御殿」「書院・鎖之間」「二階御殿」「奉神門」です。

http://oki-park.jp

今のところ、火元とみられているのは正殿辺りで、正殿は木造です。

北殿は一部鉄骨を使用しているようですが、基本は木造です。

これだけ大規模に燃えてしまった原因は、スプリンクラーが付いていなかったことと、首里城のほとんどの建造物が木造だった事です。

唯一、不幸中の幸いといえば、けが人がいなかった事です。

1人消防士の方が熱中症で体調を崩しましたが、大事には至っていないようです。

首里城の考えられる火災原因

今の状況でいうと、いろんな可能性が考えられます。

あるユーチューバ―が「犯人は私」と言っていて、そこにはタバコの火が原因でとか言っていたようですが、この動画自体がフェイクだと思うので、信憑性はありません。

火災原因は、電気系のショート、放火、イベントの火気系統の不始末、等ですね。

火が出た時間帯から考えると、イベント関係は可能性が低いでしょうか。

とすると、電源プラグなどでショートして火が出たという可能性と、何者かによる放火というのが可能性が高いでしょう。

誰かのタバコの火がという可能性も考えられますが、首里城の配置的にも時間的にも考えにくいですね。

火元とみられている正殿には、首里城内部に入らなければ、たどり着きません。

しかも、出荷時間と思われる時間は早朝で、首里城は閉鎖されていたはずです。

そうすると、やっぱり、電気系ショートか、放火が可能性大です。

首里城はおそらくライトアップなどもされているのではないか、という事を考えると、その照明関係からの出火の可能性も高いですね。

まとめ

http://oki-park.jp

何にしても、また復元できるのでしょうか?

まあ、今年の日本は台風や大雨による災害が多く起きていますので、そっちの復興が先なんでしょうけど、いずれ再建はしてほしいものです。