下村進容疑者が盗撮で逮捕!顔写真や北海道室蘭の介護施設の場所は? 

どうも、ヒロシです。

北海道室蘭市で盗撮事件が起こりました。

報道によると、介護施設の代表で下村進容疑者(52歳)の男が施設内の更衣室に盗撮目的でカメラを設置した疑いで逮捕されました。

スポンサーリンク

介護施設での盗撮事件概要

逮捕されたのは室蘭市の介護施設経営者、下村進容疑者52歳です。

下村容疑者は14日、自身が経営する、室蘭市高砂町1丁目の介護施設の従業員更衣室に盗撮目的で小型カメラを設置した疑いが持たれています。

カメラは置き時計の形をしていて、不審に思った女性従業員が見つけて別の従業員が警察に通報しました。

警察の調べに対し下村容疑者は、「盗撮することでスリルを味わいたかった」「女性の着替えにドキドキした」と容疑を認めているということです。

引用:HTBニュース

スポンサーリンク

下村進容疑者の顔写真などの画像

報道関係やニュース映像やSNSなども探しましたが、本人と思われるものは見つかりませんでした。

もし、情報が出てくれば追記したいと思います。

介護施設の名前と場所

この介護施設の名前は「デイサービスセンターかなで」です。

スポンサーリンク

介護施設デイサービスセンターかなで

会社概要を紹介します。

会社名称合同会社マーベラス
屋号デイサービスセンター かなで
会社設立日:平成25年4月1日
所在地:〒050-0072 北海道室蘭市高砂町1丁目50-13
電話番号/FAX:0143 – 83 – 4775
E-Mail:info@kanade-muroran.com
URL:kanade-muroran.com
事業内容:地域密着型通所介護事業及び第1号通所介護事業 / 事業所番号(第0173501818号)
運営方式:要介護者等の心身の特徴及び状況を踏まえて、利用者が可能な限りその住宅において、その有する能力に応じた自立した日常生活が営むことができるよう、さらに利用者の社会的孤立感の解消や心身機能の維持並びに利用者家族の身体的、精神的負担の軽減を図るために必要な日常生活上の支援及び機能訓練等の介護、その他必要な援助を行う。
実施区域:室蘭市

スタッフ紹介
センター長兼生活相談員:常勤1名(保有資格:介護福祉士、社会福祉主事)
生活相談員兼介護職員:常勤1名、非常勤1名(保有資格: 介護福祉士、社会福祉主事)
機能訓練指導員:非常勤2名(保有資格:作業療法士・准看護師)
介護職員:常勤1名・非常勤2名(保有資格:介護福祉士)

引用:デイサービスセンターかなで公式サイト

一軒家を利用した1日定員10名の小規模介護施設のようですね。

スポンサーリンク

盗撮はどんな罪?

今回の場合は北海道迷惑防止条例違反の疑いというように、ニュース映像の字幕では紹介されていました。

では、どんな罰を受けるのかも調べました。

これは地域によって違いがあると思うのですが、東京などでは1年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

今回の場合は北海道ですが、この迷惑防止条例の範囲に若干の違いはあるものの、量刑などはそこまで変わらないと思われます。

それでも、いきなり懲役1年とかならないと思います。

常習性が高く悪質な場合は懲役刑となる場合も考えられます。

初犯の場合は、示談して不起訴とか、裁判まで行ったとしても執行猶予がついたり、罰金だけで済んだり、するのではないでしょうか。

ただ、罰金や執行猶予の場合は前科がつきます。

相手側と示談が成立し、不起訴となれば、前科はつかないようです。

スポンサーリンク

まとめ

下村容疑者は、犯行を自供しているので、盗撮をやったことは間違いないのでしょう。

名前は既に出てしまっているので、顔写真が出ないうちに、相手側と示談して、不起訴になるように弁護士に相談したほうがいいと思います。

多分、被害者は従業員の女性なんでしょうか。

まあ、被害者としては許せないとは思います。

反省しているなら、許してあげてほしいですが、犯人が経営者ですから、もうこんなところでは働きたくなくでしょうね。