台風18号2019年は千葉の影響は雨か風か?被災地の天候は?




更新日

どうも

千葉市在住のヒロシです。

今後、台風18号になるであろう熱帯低気圧が太平洋上に発生する見込みです。

しかも、台風15号の被災地千葉県にまた台風接近の恐れが出てきました。

私の家も屋根や雨どいが飛ばされていて、台風が来ると雨漏りの心配があるので、少し調査と予想をしてみました。

こっち(千葉)に来ないでほしいというのも本音ですが、他の地域を通って、そこが被害にあうのもうれしくない台風ですね。

まあ、いっそのこと他の国を通って行ってしまえば……、というのも不謹慎ですね。

因みに、千葉市美浜区には天気予報では有名な「ウェザーニュース」があります。

海浜幕張にある「幕張テクノガーデン」というツインタワー入っています。

そのウェザーニュースの図を使って説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

台風18号の衛星画像

https://weathernews.jp

この写真ではまだ台風ではなく熱帯低気圧ですが、近いうちに台風に発達する見込みです。

衛星写真をよく見ると、熱低と日本の間にもう1つ大きな雲の塊がりますよね。

もしかしたら、ここら辺の雲が千葉に影響をもたらすかもしれません。

実は、この衛星写真を見るだけでも、私の様な素人でもなんとなく天気の移り変わりは、中学までの理科の範囲でわかります。

でもまあ、台風に関しては進路予想が出ているのでそちらで詳しく説明します。

スポンサーリンク

台風18号の進路予想

https://weathernews.jp

これを見ると、前回の台風17号と同じような進路を進むと考えていいでしょう。

そうすると、やっぱり、千葉にもある程度まとまった雨が降る可能性があります。

そして、日本列島を通過する際には、南寄りの強風が吹くと予想できます。

どのくらい強いかというと瞬間最大風速20~30m/秒位でしょうか。

流石に、15号の時の様な暴風は無いとは思いますが、それでもブルーシートが飛んだりという危険はあると思います。

スポンサーリンク

台風18号が千葉にもたらす影響

進路にもよるのですが、ある程度のまとまった雨が降るかもしれません。

それと同時に、台風が近づくにつれて、風も強くなってくると思います。

でも、少し安心できるのは、おそらく千葉への直撃は無いのではないかという事です。

ただ、台風17号の時の様な状況が予想できます。

おそらく、日本海に台風が抜けると、17号と同じく温帯低気圧に変わると思われますが、勢力が急速に落ちない限り、警戒レベルは変わりません。

因みに台風と温帯低気圧の性質の違いは、空気です。

台風は主に暖かい空気しか纏っていないのに対し、温帯低気圧は冷たい空気も取り込んで、前線が出来るという特性を持ちます。

そして、一度温帯低気圧に変わると、もう一度台風や熱帯低気圧に戻るという事はありません。

スポンサーリンク

台風18号の千葉での備え

台風17号の時と同じような進路を進むなら、同じような雨風が予想されます。

屋根に貼ったブルーシートが飛ばないように対策が必要です。

また、窓や壁に被害がある場合は、横から雨が吹き込む可能性もあります。

雨が吹き込まないようにする対策も必要かと思います。

また、15号の影響で折れなかった木も、もしかしたら少し強い風でも倒れる可能性は十分あるので、気を付けなければいけませんね。

何にしても、私の家もそうですが、被害にあった家屋などはいち早く復旧することが一番の対策なんですよね。

ただ、業者さんも手が回りませんし、私の家もまだ、見積すら出てきていない状態なので、心配です。

先日やっと区役所に罹災証明申請書を提出してきました。

保険屋さんの手続きも全然進んでおりませんので、全部修理できるかも心配です。

スポンサーリンク

まとめ

何にしても、千葉の被災地はいち早く復興が必要です。

家も企業も農家も大きな被害が出ています。

東日本大震災でも各地で液状化が発生して、大きな被害がありましたが、今回の台風15号はそれ以上の被害額になっているという情報もあります。

心配ですが、家が一部損壊の判定でも国からの支援もあるようなので、頑張りましょう。