東京マラソン2020の参加費が返還されない理由とその使い道は?

どうも、ヒロシです。

各社報道によると、2020年の3月1日に予定していた「東京マラソン」は2月17日、感染が拡大する新型コロナウイルスによる肺炎の影響を考え、一般参加者の出場は取りやめ、エリート選手のみで実施すると東京マラソン財団が発表しました。
私はこのニュースを聞いたとき、はじめは
「しょうがないか」
という気持ちでしたが、参加費用が返還されないということを聞いて
「うそでしょ!?」
と、思わず声に出していました。
ということで、東京マラソン財団が参加費を返還・返金しない理由などをまとめました。

スポンサーリンク

報道概要

デイリースポーツ

東京マラソン財団は17日、感染が拡大する新型コロナウイルスによる肺炎の影響を考え、今年の東京マラソン(3月1日)について、一般参加者の出場は取りやめ、エリート選手のみで実施すると発表した。
男子は東京五輪選考会を兼ねている。

規約に基づき、参加料、チャリティ寄付金は返金しない。特例として来年大会の出走権を与えるが、来年エントリーする場合は別途参加料が必要となる。東京マラソンの参加料は国内が1万6200円海外が1万8200円

大会のエントリー規約では「積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません」とある。

また、大会を前に予定していた東京マラソンEXPO2020や、フレンドシップランなどのイベントも中止が決まった。

エリートでの参加は17年2月以降に男子は2時間21分以内、女子は2時間52分以内を記録するなどの成績を残した選手に限られ、男女合わせて約180人となる。車いす部門も男女30人となる見込みだ。

新型肺炎の日本での発生を受け、財団は対策チームを作り、情報収集と対応策を検討。14日までは当初は予定通り開催し、希望者へのマスクの配布や、消毒液の設置、また、給食も個別包装のものに切り替え、バナナも例年は切ってあるものを1本まるごとの配布とするなど、対策を検討しているとしていた。しかし、その後、感染経路が不明な感染者が出てくるなどさらなる感染拡大の恐れが出てきたため、4万人近いランナーがエントリーする一般参加の中止を決めた。

引用:デイリースポーツ

スポンサーリンク

東京マラソン財団が参加費を返還・返金しない理由とその考察

変換しない理由は、まさに上記の赤字部分です。
今回の場合は「それ以外の大会中止」に該当にすらしないのです。
この規約は基本的には、「物理的にマラソンができない状態になった場合の中止は返金するよ」というようなものです。
そうなんです。
気づいていますかね。
東京マラソンは中止ではないんです!

つまり、今回の新型コロナウイルス感染症COVID-19 )の影響を懸念して、一般参加者の出走を取りやめるのであって、大会の中止には当たらないということなのでしょう。
大会自体は、できるし、オリンピックの選考会も兼ねているから、エリート選手だけは参加するし、テレビ中継もするから、中止ではないのは私も分かります。

もはや、屁理屈ですよねw
しかし、これでは一般参加者に対して非常に不誠実だと私は思います。
参加費も国内1万6200円海外1万8200円は安いですか?
一般的な感覚では、安くないし、むしろ高いです。
総額はいくら位になるんでしょうか?
単純に、1万6200円×3万8000人だとすると、約6億円ほど一般参加者から集めていることになります。
しかも、この大会は都心でやる大きな大会なので、お金がかかるのは分かりますが、本当に東京マラソン財団が集めた資金はそれだけでしょうか。
実は、報道では具体的な金額が見えてこない資金源が2つあります。

1つは報道にもあるようにチャリティ寄付金です。
もう1つに関しては後の項目【東京マラソン財団が参加費以外に集めた資金】で説明します。

スポンサーリンク

東京マラソン財団が集めた参加費の使い道

実はこの大会には、賞金が出るようです。
ただ、賞金総額は最大でも1億円を超えない程度だったと思います。
1位で1100万円だったと思います。
世界記録出すと、5000万円とかいろいろあって、総額では多分1億はいかないはずです。
そして、一番お金のかかりそうなのは、交通整理や交通規制などでしょうか?
でも、交通関係は行政の仕事だから、一部は税金をもらっている警察官などのはずです。
運営費用といっても、そこまでお金がかかるとは思えないのです。
だって、同じく東京で行ったMGC2019一般参加者のいない「オリンピック選考レース」だったわけで、一般参加者の参加費なんてものは無かったんです。
だったら、東京マラソンもコースは違えど、参加費を返還しても大会を開催できない理由なんてどこにもないんです。

それと、東京マラソンは1万1千人の無報酬ボランティアを募集しています。
食事や交通費すら出ません。
そんな人たちをたくさん使っておきながら、本当は参加費を返還できないはずがないと思っています。
それは、参加費だけが東京マラソンの財源ではないからです。
チャリティ寄付金だっていくら集まっているかは不明ですが、結構な額があると思います。
そして、東京マラソンで一番多くの財源はこれらのお金ではないはずなんです。
だって、テレビ放送、ありますよね。
詳しくは次の項目【東京マラソン財団が参加費以外に集めた資金】で詳しく説明します。

つまり私の見解は、東京マラソンの一般参加から集めた参加費は、誰かの懐に入っていてもおかしくはないんです。
誰かというのは、ただ擬人化しただけで、それが企業なのかもしれないし、何かの団体かも知れませんが、結局のところ誰かしらの懐に入ることは間違いないでしょう。
東京マラソン一般参加の参加費は返還できるのにしない」というのが私の見解です。
最大の理由はMGCです。

スポンサーリンク

東京マラソン財団の一般者参加費以外の財源

どんなスポーツの大会でも、スポンサーというのはつきます。
テレビ放送もされます。
そこにお金を出す企業や人(スポンサー)はいますよね。
これはなぜかテレビの情報番組では教えてくれないことです。
だって、テレビ側はスポンサーの味方だから、スポンサーに都合の悪そうなことは絶対に言わないのは当たり前ですね。
他にも、ランニングシューズのメーカーだったり、東京の地下を走る鉄の塊を走らせる企業とか、もうスポンサーはたくさんありますね。
もしかしたら、東京都(税金)からも出ているかもしれませんね。
大体は、東京オリンピックの公式ホームページとかに載っているので紹介します。

オフィシャルパートナー

プレミアパートナー
東京地下鉄株式会社

メジャーパートナー
スターツ、山崎製パン株式会社、アシックスジャパン株式会社、大塚製薬株式会社

メインパートナー
ビー・エム・ダブリュー株式会社:、近畿日本ツーリスト、第一生命保険株式会社、セイコーホールディングス株式会社、セコム株式会、社東レ株式会社、日本マクドナルド株式会社

アクティブパートナー
株式会社みずほ銀行、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、アサヒビール株式会社、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.、全日本空輸株式会社、株式会社フォトクリエイト、全国労働者共済生活協同組合連合会、コニカミノルタ株式会、社久光製薬株式会社、大和証券グループ、資生堂ジャパン株式会社、株式会社バンダイナムコエンターテインメント、ウェスティンホテル&リゾート、KDDI株式会社

サポーティングパートナー
日本光電コーユーレンティア株式会社、株式会社シミズオクトEMTG株式会社、株式会社ドール、佐川急便株式会社、FOD、三菱商事株式会社

引用:東京マラソン公式HP

実に34社もの企業が協賛しているんです。
つまり、ここに載っている企業は東京マラソンのためにお金を出しているということです。
実際に、マラソン選手の大迫傑選手も「MGCでは大きなお金が動いていたはずなのに、賞金がなかった」というようなことを言っていました。
「お金はどこに行ってしまったのか?」
といういうような発言もあったと思います。

つまり、東京マラソン財団はスポンサー企業から、おそらく参加費の総額を超える資金を集めているのは間違いないと思います。
この協賛企業では、テレビ放送時にCMが出るはずです。
実際に、レースの賞金はスポンサーから出ると思います。

スポンサーリンク

まとめ

東京マラソン財団は一般参加者から回収した参加費用を、規約を理由に返還しない方針です。
私見ではありますが、この規約は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮に入れておらず、参加費の返還を集団で訴えれば、返還される可能性は高いと思います。
本当に、参加費を返還しないのであれば、訴えるべきです。
規約すべてを見たわけではないのではっきりしたことは言えませんが、この規約の抜粋を見る限りでは、明らかにこの規約には不備があると考えざるを得ません。
新型コロナウイルス感染症は参加者には責任がなく、むしろ運営側の責任で決定していることや、日本・中国などの国単位の責任はあるので、参加費を返還しないのは不当だと考えられます。

一般参加の人たちだって、抽選に当たってからは、それなりの準備はしてきたはずで、1万6200円も払って参加するんだから、走っていい体験や思い出を残したかったはずです。
それを考慮せず、返金もしないというのは本当に不誠実です。
ダイヤモンド・プリンセス号の対応を見習うべきです。