山門優貴加の顔写真やSNSが判明!?前科も?ひき逃げと覚醒剤所持で逮捕!

どうも、ヒロシです。

各社報道によると、東京都新宿区の路上で6月、職務質問中に車で逃げて衝突事故を起こし2人にけがを負わせたとして、警視庁新宿署は2020年11月16日までに、道交法違反(ひき逃げ)と傷害などの疑いで、住所不定、無職の男を逮捕した。

この事件で逮捕された山門優貴加容疑者(22)の顔画像やSNSなどについて、情報をまとめました。

スポンサーリンク

事件報道

東京都新宿区の路上で6月、職務質問中に車で逃げて衝突事故を起こし2人にけがを負わせたとして、警視庁新宿署は16日までに、道交法違反(ひき逃げ)と傷害などの疑いで、住所不定、無職の山門優貴加容疑者(22)を逮捕しました。
署によると黙秘しています。

警察官がパトカーで追跡したが見失い、車は3日後、新宿区内のコインパーキングで見つかりました。
車内から覚醒剤大麻を押収し、新宿署は覚醒剤取締法違反などの疑いでも調べています。

逮捕容疑は6月16日午後4時45分ごろ、新宿区百人町の都道を乗用車で逃走中、信号待ちの乗用車2台に衝突しました。
40代の男性2人に軽傷を負わせ、逃げたとしています。

新宿署の五島信仁副署長は「追跡方法に問題はなかった」としています。

引用:産経新聞

スポンサーリンク

山門優貴加容疑者の顔画像

顔画像は各社メディアで公開されています。
(この画像↑はANNニュース映像の切り抜きです。)

また、住所不定無職ということなのですが、出身地などの情報はありませんでした。

スポンサーリンク

山門優貴加容疑者のSNSと前科

SNSに関しては、珍しい名前なので見つかるかと思いましたが、Twitterには同姓同名のアカウントが2つありましたので、特定はできませんでした。
Facebookにはアカウントが見つかりませんでした。

年齢的には、何かしらのSNSをやっていてもおかしくは無いので、Twitterではアカウントを2つ持っていたりという可能性も考えられます。
他にも、匿名性の高いSNSに登録している可能性も考えられますが、本名での検索が意味をなさないので、調べることはできませんでした。

前科については、調べても出てこなかったので、逮捕などはこれが初めてと思われます。
犯罪行為に関しては、今まで捕まっていなかっただけで、他にも行っている可能性はありますが、わかりませんでした。

スポンサーリンク

この事件の罪名と量刑

今回、逮捕された容疑は道路交通法ひき逃げ傷害です。
そうすると、救護義務違反と傷害罪です。

それに加えて、車内からは覚醒剤や大麻が見つかっていることから、覚醒剤取締法違反(所持)の可能性も高いです。
また、状況から考えると覚醒剤などは使用していた可能性もありますので、覚醒剤取締法違反(使用)でも捜査されているのではないでしょうか。

量刑に関してはまず、道路交通法の救護義務違反についてです。
量刑は「10年以下の懲役又は100万円以下の罰金」です。
傷害罪は「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金」です。
傷害罪に関しては、より重い刑を適用するために、警察がこじつけた可能性もありますが、実際に怪我をした人がいることは確かなので、犯人だとすれば厳罰に処してほしいです。

また、覚せい剤取締法に関しては、所持も使用も共に「10年以下の懲役」です。
これが営利目的であればさらに罪は重くなり、製造や輸出入に関わっていれば、無期懲役の可能性もあります。

この事件では、すべての容疑で起訴され、有罪ならば初犯でも執行猶予が付かず、結構長い実刑になりそうな感じです。

スポンサーリンク

まとめ

山門優貴加容疑者の顔画像は、メディアで公開されています。
また、住所やSNS、前科などの情報は分かりませんでした。