山城順一容疑者の顔写真や勤務場所は?沖縄県警部が酒気帯び運転で逆走!

更新日

どうも、ヒロシです。

各社報道によると、2020年1月16日16時30分頃に酒気帯び運転で山城順一容疑者が逮捕されました。

しかも、逆走もしているということなので、危険ですね。

事故が起こる前に、発見されて良かったと思いますが、本来それを取り締まるべき人がやってはいけないことですよね。

ということで、この山城容疑者の顔写真や勤務している警察署など調べてみました。

スポンサーリンク

警部が酒気帯び運転で逆走の事件概要

Google

 酒を飲んで車を運転したとして、沖縄県警は16日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で県警地域課警部山城順一容疑者(58)=うるま市石川山城=を逮捕した。

基準値の約7倍のアルコールが検出され、山城容疑者は「酒は抜けていると思って運転した」と供述している。

逮捕容疑は16日午後4時30分ごろ、うるま市石川伊波の道路で呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上のアルコールを体に帯びた状態で、普通乗用車を運転した疑い。

県警監察課によると、同日午後4時25分ごろ、「対向車線を逆走している車がいる」と110番があった。石川署員が駆け付けると、山城容疑者が車から出て歩いており、検査したところ基準値の約7倍のアルコールが検出された。

引用:時事ドットコム

うるま市石川伊波の道路で、石川署員が駆け付けたんですね。

ややこしいですね。

スポンサーリンク

山城順一容疑者の顔写真

ネット、特にSNSを中心に探しましたが、特定するには至りませんでした。

しかし、SNSにて同姓同名の「山城順一」さんを見つけましたが、今回逮捕された山城容疑者と同一人物かどうか確認できませんでした。

しかも、多分ですが、この地域では「山城」という名字の人が結構多いようなのです。

同姓同名の別人ということも排除できなかったので、SNSには写真は載っていましたが、同一人物である確証は得られませんでした。

報道機関でも、写真を公開しているところはありませんでしたので、残念ながら顔写真はありません。

沖縄県警も報道機関に写真が出ないように、ガードしているんだと思います。

大体、警察官とかが逮捕されても、顔写真は出てこないのが現状ですよね。

今後もし出てくれば、追記したいと思います。

スポンサーリンク

山城順一容疑者の勤務場所

事件現場となった場所はこの辺りです。

詳しい現場までは分かりませんでしたが、逆走しても気づかないレベルの広さの一般道かなと考えると、国道329号線なのかなと想像しました。

そして、おそらく駆け付けた警察官の石川署員はここから一番近い、沖縄県石川警察署の署員と思われます。

実はうるま市はもう一つ、うるま警察署がありますが、事件現場から考えると少し離れていますので、管轄は石川警察署と思います。

おそらく、山城容疑者もこのどちらかの警察署に所属していたのではないかと思います。

沖縄県警の警部なので、もしかしたら、県警本部にいるかもしれませんが、那覇市にあるので、通うにはちょっと遠いですかね。

スポンサーリンク

まとめ

まず、交通違反を取り締まるべき警察官の酒気帯び運転で逆走なので、厳罰に処してほしいと思います。

そのうえで、再発防止策などは、日本の警察署すべてでやってほしいですね。

警察も身内をかばうようなことがあってはいけないと思いますので、そこはほかの逮捕者と同じ扱いで、マスコミにも公開すべきことはしっかりと出していかなければいけないと思います。

と同時に、裁判で判決が確定していない刑事事件については、推定無罪ということですので、マスコミは報道のやり方に注意しなければいけないとも思います。