白鳥玉季の小学校が判明?有名私立か?親の教育方針が天才を育てた!?

どうも、ヒロシです。

最近、ドラマにバラエティーに大活躍の子役の白鳥玉季さんですが、かわいいですし、トークも小学生とは思えないくらいしっかりしてますよね。
よく考えると私の息子(長男)と同じ年なんです。
どこをどう間違えても、白鳥玉季さんとは比べ物にならないほど、子供なんですよね。

そんな玉季さんは、どんな小学校生活をしているのか気になり、小学校や親の教育方針など調べてみました。
プロフィールや考察と共に紹介します。

スポンサーリンク

白鳥玉季のプロフィール

出典:https://www.smile-monkey.com/

生年月日:2010年1月20日(10歳)
出身地:東京都
職業:子役(テレビドラマ・映画)
活動期間:2011年~
事務所:スマイルモンキー
趣味:詩を書くこと、本を読むこと
特技:笑顔、バランスボール

今年2020年の7月に公開している映画「ステップ」ですが、完全にコロナ禍や鬼滅ブームの影に隠れて知りませんでした。↓


【関連記事】↓

どうも、ヒロシです。 2020年11月21日の「メレンゲの気持ち」に子役の白鳥玉季さんが出演します。 白鳥玉季さんといえば「テセウス...

こちらの記事↑では「ステップ」の別バージョンの映像が見れますが、プロフィールは同じことが書いてあります。

スポンサーリンク

白鳥玉季の通う小学校

当然ですが、白鳥玉季さんの通う小学校の公開はありませんし、調べても全く出てきませんでした。
どこを調べても、わからないように情報統制されているようです。

このことから、予想されるのは小学校は公立ではない可能性が高いです。
つまり、初等部などのある有名私立学校の可能性は非常に高いと思われます。

理由簡単です。
公立小学校というのは、中には優秀な子、優秀な親もいますが、一般的な子から、ちょっと頭の悪い子までいます。
親にも、頭の悪いのがいて、有名人が居ればすぐにネットに晒す人がいるからです。
ここまで、情報統制がされていることを考えれば、公立は無いでしょう。

小学校というのは、義務教育なので極論、学校に行かなくても卒業することはできます。
しかしそれでは、一般教養というものが身につかないまま、大人になってしまう恐れもあります。
ただ、子役のように芸能界で働いていると、周りは大人ばかりなので、小学校よりも情報量が多く学べることはたくさんあると思います。
そのことから、考えると公立でもいい気はしますが、難しいでしょうね。
ということで、小学校に行かなくても何とかなりますが、あまり好ましい状態とは思えません。

私立小学校に通っているとして、具体的にどこでしょうか。
芸能活動をしているので、東京である必要もありそうですね。
例えば、慶應義塾幼稚舎青山学院成城学園和光学園などがあります。
特に、慶應なんかは特に超難関なので、親もしっかりした職業や学歴でないと受からないと聞いたことがあります。

スポンサーリンク

白鳥玉季の父親・母親や教育方針

ご両親の情報は調べましたが、一切出てきませんでした。
ただ、前項でも考察した様に、仮に私立小学校に通っているとすれば、小学校受験をしていることになります。
そうすると、面接にはご両親同伴で挑むはずです。
しかも、おそらく面接で審査の対象にされるのは主にご両親です。
さぞ、しっかりしたご両親の元で白鳥玉季さんが育ったことが伺えます。

白鳥玉季さんは1歳から芸能活動をしています。
それを考えると、母親の方は常に玉季さんに付きっきりだったのではないでしょうか。
そして、それを支える父親のしっかりとした収入があるか、あるいはもともと資産家の生まれなのかもしれません。
白鳥」(本名がどうかは知りませんが…)というだけあって、世間のイメージはなんか「お嬢様」という感じに聞こえてなりません。

ただ、芦田愛菜さんと同じく、白鳥玉季さんもバラエティ番組を見ていると、勉強ができそうな感じがします。
【関連記事】↓

どうも、ヒロシです。 いや~、成長しましたね芦田愛菜ちゃん。 もう14歳なんですね。 今回はそんな芦田愛菜ちゃんの自宅が「...

芦田愛菜さんはあんなに活躍しているのに、かなり読書もするし、勉強もするみたいですね。
やっぱり、子役を育てるにはある程度、ご両親の職業や教育方針はしっかりと軸が通っていないと、天才子役としては活躍できないと結論付けせざる負えないでしょう。

どうも、ヒロシです。 「日常英会話ができれば、もっと海外旅行に楽しく行けたのにな~」 と思ったことはありませんか? 実は私も英...

まとめ

白鳥玉季さんの小学校やご両親について調べましたが、有力な情報は一切得られませんでした。
今回はこのことから分かることの考察が中心でしたが、有力な情報があればまた新たに記事を執筆したいと思います。
また、妹さんがいるということなので、次回は妹さん情報も調べてみることにします。