多目的トイレで犯罪になる行為は何?建造物侵入罪(不法侵入)になるのは?

どうも、ヒロシです。

アンジャッシュ渡部さんのゲスクズ不倫が発覚して、多目的トイレ(多機能トイレ)でその不倫相手と使用目的外の使用をしていたことで「多目的トイレ」がトレンドになりました。

では、この渡部さんとその不倫相手がした行為については、犯罪行為なのでしょうか?
その疑問について、解説します。

スポンサーリンク

アンジャッシュ渡部のゲスクズ不倫発覚前予想

どうも、ヒロシです。 スポニチの報道によると、アンジャッシュ渡部健さんが2020年6月9日、TV各局に番組出演の全面自粛申し入れをして...

この予想通り、不倫でしたが、その相手が複数人いたということは驚きました。
しかも、佐々木希さんとの結婚時から付き合いがある不倫相手もいたことに、渡部さんの真の人間性を改めて確信しました。

私は千葉テレビでお会いした時から、この人の人間性はろくなものではないなと感じていましたし、その時から嫌いでした。
会ったといっても、上記の記事の通り、私は一学生で見学していただけなので、本人は当然気にも留めていませんでしたが、純粋だった私にとっては、テレビ業界の道に進む選択肢を奪ったことは確かです。

スポンサーリンク

多目的(多機能)トイレの正式な使用用途

本来は、人工弁や車いすの方、乳幼児を連れての利用、乳幼児のおむつ替えなどで利用します。
介助が必要な人もそうですね。
基本的には、普通のトイレだと排便がし難い人などが、使うトイレです。

今回、アンジャッシュ渡部さんのゲスクズ不倫騒動で使用した目的はこれに当てはまりません。
そもそも、トイレなので、排便やおむつ替え以外の理由で使う場所ではないのです。

ただ、基本的には誰でも使える場所ではあるので、普通のトイレが使用中などで使えない場合で、どうしても我慢できないときは、健常者でも排便の目的で利用はしていいいはずです。
実は、私もどうしても我慢できなくて空いていないときに、大便で使ったことがあります。

もちろん、その他にも子供が一緒の時に、どうしても目を離せないので、多目的トイレを使用したことは何度もあります。
子供と妻も一緒に入れるので、0~2歳くらいの子供がいる家庭はよく使うのではないでしょうか。
そのくらいの歳になると、動き回るし、すぐ上に3~4歳の子供もいたりすると、どうしても大人1人では対応しきれないときがあると思います。
そんなときは、多目的トイレは助かります。

スポンサーリンク

多目的トイレの使用用途以外の利用について

これは、テレビなどでも弁護士の先生が言うように、建造物侵入罪に問われる可能性はあります。
つまり、不法侵入ということです。

アンジャッシュ渡部さんと不倫相手が多目的トイレでした行為は、これに当たる可能性が高いです。

ただ、これは罪を立証するのがとても難しく、例え逮捕されたとしても、起訴され有罪になるケースは相当少ないと思われます。
本当に、多目的トイレを使用するにあたって、使用用途以外の利用だったかどうかを証明することはできますか?
難しいですよね。

多目的トイレで判断が難しいと思う原因としては、男女どちらでも使用できるという点でしょう。
例えば、アンジャッシュ渡部さんとその不倫相手がしたような行為を、男女どちらかのトイレで行ったとすれば、確実にどちらかは犯罪(建造物侵入罪)になります。
そうです。
男子トイレに女子は入れないし、女子トイレには男子は入れませんよね。
(そのトイレを管理する人が清掃や管理目的で入る場合を除いて)

ただ、多目的トイレの場合は、男女で分かれている場合が少ないです。
男女それぞれに多目的トイレがあるのは、高速道路のサービスエリアとかでしょうか。
なんにしても、少ないですね。

他に、多目的トイレの使い方で犯罪になる行為は、公序良俗に反する行為がすべて犯罪だと思います。
渡部さんとその不倫相手との行為もこれに入りますが、例えば、多目的トイレで寝泊まりするとかも当然ダメでしょうね。
まあ、考えだしたら切りがないので、多目的トイレは使用用途以外の使い方をしてはダメということです。

スポンサーリンク

建造物侵入罪の量刑など

量刑は3年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。
泥棒が家に入ってきたけど何も取らずに逃げた場合でも、この罪には問われます。
NHKの集金人や新聞の勧誘員などが断りなく家の敷地内に入ってきた場合も、これに該当します。

結構簡単にこの罪は成立しますが、これ単体だと立証は難しいです。
防犯カメラにバッチリ移っているなどの、確たる証拠があれば別ですが、なかなかそうもいきませんよね。

今回のアンジャッシュ渡部さんの多目的トイレ事件もその1つと考えていいでしょう。
本人たちが、やったといっても、証拠が無いので立件は難しいかと思います。

スポンサーリンク

不倫について

因みに、不倫は犯罪ではありませんが、違法行為です。
しかし、罰則はありません。

「結婚したものは不貞行為を行ってはならない」というような法律が日本にはあります。
不貞行為というのは、配偶者以外と恋愛関係などになることです。
ここでは、どこまでが不倫で、どこまでが不倫ではないのかという議論は、人それぞれ基準が違うので置いておきます。
法律的には、肉体関係があったら不貞行為とみなされます。
キッス(接吻)は微妙ですね。

例えば、(ラブ)ホテルに配偶者以外の人と入って、しばらくして出てきました。
これで、不貞行為が成立します。
ホテルは密室ですので、2人の間で何が行われていたか、実際にはかわかりません。
密室のホテルに男女で入った場合は、客観的にそういう関係にあったことを示す証拠となり、不貞行為があったと法律上は証明されます。

でも、不倫つまり不貞行為をしても刑事罰はありません。
しかし、証拠があれば民事で訴えれば、ほぼ勝ちます。
離婚しない場合は、不倫相手に慰謝料などを請求することができます。
不倫が原因で離婚した場合は、元配偶者や不倫相手に慰謝料などを請求できます。
【関連記事】

渡部さんのゲスクズ不倫で、もし佐々木希さんが離婚されないのであれば、不倫相手とされる3人からは慰謝料を支払わせるべく、民事で争った方が良いと思います。
週刊誌にこれだけ騒がれているので、証拠はいくつか出てくると思います。

スポンサーリンク

まとめ

多目的トイレ(多機能トイレ)を使用用途以外の目的で使用した場合は「建造物侵入罪」に問われる可能性があります。
違法行為ではなく犯罪です。
ただし、証拠がなければ立件できないので、本人の自白や、誰かのタレコミだけでは警察が動くこともなさそうです。
つまり、証拠があれば刑事罰を受ける可能が高くなるということです。

ここでいう証拠で確実なのは、防犯カメラなどの映像ですが、そもそもトイレ内部にそんなものは仕掛けませんので、難しいというわけです。
トイレ内部にカメラがあるというのは、防犯ではなくプライバシーの侵害やトイレ内部にカメラを仕掛ける事態が犯罪行為です。