キョンは食用?特定外来生物から千葉を守るのはジビエ料理か?

更新日

https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp

どうも、千葉県在住のヒロシです。

千葉県で今、少し話題になっているのは、特定外来種の「キョン」です。

原産は台湾や中国らしいです。

そして、千葉県の農作物を食い荒らしているそうです。

実は、問題なのはその繁殖能力なんです。

少し前までは、千葉県南部中心にみられていましたが、今では県内全体に及んでいるようです。

スポンサーリンク

キョンの繁殖能力

キョンはシカ科の動物です。

日本鹿は通常、生後2年半程度で繁殖時期に突入します。

それに対して、キョンは生後半年ほどで繁殖できるようになるのです。

人間と比べたら、考えられないスピードで繁殖できるんです。

その為、1年で36%も増えるそうです。

この速度で増えると、来年には千葉県では収まりきらず、隣接する東京、茨城、埼玉などにまで広がる恐れがあります。

そして、キョンは農作物を食い荒らすので、農家にとっては最悪の害虫になりえます。

その為、千葉県でもキョン防除実施計画というのが平成25年に策定されています。

目的はこれです。↓↓↓

現在の千葉県の状況から、早急かつ計画的、科学的、総合的にキョンを防除する必要がある。そのための対応として、外来生物法に基づく防除実施計画を策定し、県、市町村、農業者、関係団体、県民等が、それぞれの役割を担い、県内のキョン問題に対する共通の理解を深め、情報の共有化を図ることにより、効果的で継続的な防除を実施することを目的とする。

引用:千葉県HP

防除というのは、駆除と予防を意味します。

スポンサーリンク

キョンといえば

キョンと聞けば真っ先に思い浮かぶものがあります。

それは、アニオタならではなのですが。

【涼宮ハルヒの憂鬱】

このアニメの主人公です。

アニオタならだれもが知っている伝説のアニメです。

因みに、これです。↓↓↓

https://www.amazon.co.jp

ラノベが原作で、今でもコスプレする人がいるくらい、その筋では有名です。

キョン」というのはもちろんあだ名で、本名はアニメでは出てこないです。

あだ名はヒロインの涼宮ハルヒが付けたものだが、由来は確かこの特定外来生物の「キョン」だった気がしますが、違ったかな?

スポンサーリンク

涼宮ハルヒの憂鬱(1) (Kadokawa Comics A) [ 谷川流 ]

キョン繁殖の問題点

その繁殖能力の高さゆえに、劣悪な環境でない限り、繁殖を続けるということです。

そうすると、現在住み着いている地域では、許容できなくなるのは目に見えています。

生息範囲はどんどん広がり、何もしなければ、将来的には日本の本州全土に及ぶ可能性も否定できませんよね。

そうすると、日本各地で農作物の被害が出ます。

じゃあ、どうやって駆除するかというのが、やっぱり最大の問題です。

相手は野生化していますから、簡単には捕まえられません。

捕縛用の罠だって、そんなに多くは仕掛けられないというのは、物理的な問題です。

そして、じゃあ、捕獲してどうするのか。

今のところ、殺処分なんですかね?

ただ、ジビエとして、食べることもできるそうなんです。

スポンサーリンク

キョンは食用

中国の方では普通に食用として、広く食べられているようです。

なので、食べられないわけではないですね。

シカ科ですから、食べられる道理ですよね。

キョンは肉食ではないので、おいしいのかもしれません。

シカは癖があって、好きな人は好きだけど、好き嫌いが結構あるみたいですね。

その点、キョンはそこまで癖がないらしいです。

ただ、野生化してしまっているので、普通に流通させるということはできないですよね。

その為、どうしてもジビエ料理というジャンルになってしまいます。

スポンサーリンク

キョンのジビエ料理

どこかのお店で、キョンのジビエ料理を出してないかというのを調べてみました。

今のところ公式メニューとして、ネットに紹介しているお店はありませんでした。

ただ、家庭でキョンのジビエ料理を試した人はいました。

その方が作った料理の一つがこれです。

http://isumism.jp

味は、シカよりは癖がなく、すんなり食べられるようですが、普通に流通しているお肉のほうがおいしいということです。

当たり前ですが、流通しているお肉は養殖ですから、まずいはずがないですね。

スポンサーリンク

まとめ

現在、特定外来生物のキョンは千葉県全土に増え続けています。

防除計画は平成25年に制定したものの、増えるスピードのほうが現在は早いということです。

ジビエ料理として、食べられるけど、あくまでもジビエです。

ものすごくおいしいというわけではないということです。