スポンサーリンク

ゆたぼんが炎上商法をする理由を解説!実は○○の為だった!?

どうも、ヒロシです。

現在、ネットで何かと炎上している、自称少年革命家でユーチューバーの「ゆたぼん」さんに注目していこうと思います。

はじめに言っておきますが、ゆたぼんさんが運営するYouTubeチャンネルは、主に「炎上商法」で再生回数を稼いでいるという前提で、解説していきます。

スポンサーリンク

ゆたぼんのプロフィール

出典:https://twitter.com/yutabon_youtube

本名:中村逞珂(なかむら ゆたか)
生年月日:2008年12月12日(13歳)
出身地:大阪府枚方市
職業:ユーチューバー

ゆたぼんが今現在いる場所はどこ?日本一周の費用はどこから?
どうも、ヒロシです。 現在、アンチだの逮捕だの、いろいろと話題が絶えない自称「少年革命家」のYouTuber「ゆたぼん」さんですが、現在、日本一周をしているようです。 どんなルートで、日本一周しているのか?本当にやっているのか?今現在(2022年11月4日現在)どこにいるのか?などが気に...
スポンサーリンク

ゆたぼんの炎上商法

YouTubeチャンネルに関しては、間違いなく炎上を狙った動画を発信しているのは明らかです。
サムネなども、わざと気を引くような大げさなことのように見せていることから、炎上目的というのは誰が見てもそうなのだと思います。

例えるなら、子供がいたずらをして親の気を引くような、そんな感じの動画ですよね。
何か、反抗期の子供のようにも・・・、ああ!

ゆたぼんさんはちょうど中二でしたね。

TwitterなどのSNSの投稿を見ても、炎上を煽るような書き方をしている感じがします。
炎上させることによって、ネットニュースに取り上げられたり、アンチが増えたりして、結果としては動画の再生数アップにはつながります。
再生数が増えれば、YouTube収益も上がるということに直結しますから、炎上目的の動画を上げるユーチューバーは一定数います。

ただ、炎上目的の動画は、そう何本も何本も投稿するものではありません。
同じ事象について深堀するとか、違う視点からの動画を撮るとか、その事象に対して謝罪してみたりとか、一連の炎上が終われば、いち視聴者からすると本来のチャンネルジャンルに戻ってほしいものです。

また、炎上とは少し違いますが基本的にサムネが面白そうな気を引くタイトルで、動画を再生させても、中身が伴っていないと、実際に動画を見た時の落胆度合いは大きくなります。
ゆたぼんさんの動画を見ると、どうもそういう動画が多いのではないかと思います。
もちろん、皆さん多少は盛りますが、盛り過ぎず控えめ過ぎずというがサムネなんですが、期待のハードルを上げ過ぎてしまうのは、損してしまうのではということです。

例えば、サムネで「宝くじで高額当選しました!」なんてのがあって、実際動画を見てみると、「当選金額は3000円でした。小学生にとっては大金ですよね。」みたいな終わり方していたら、ガッカリですよね。

まあ嘘ではないけど、この見出しなら、少なくとも
「10万円とか、それ以上の金額は当たったのかなあ」
と期待しつつ見るのですから、
「なんだ、普通の小当りで、高額当選じゃないじゃん!!」
みたいな感じで、落胆するでしょう。

こういった、サムネで釣る動画は何度もやれば、耐性がつき、次第に視聴者は離れていきますよね。
その証拠に、再生総数に対して、チャンネル登録者が少ないのはそのためかもしれませんね。

【参考記事】ゆたぼんさんのチャンネルに関しての情報はこちらの記事で紹介しています。↓

ゆたぼんが今現在いる場所はどこ?日本一周の費用はどこから?
どうも、ヒロシです。 現在、アンチだの逮捕だの、いろいろと話題が絶えない自称「少年革命家」のYouTuber「ゆたぼん」さんですが、現在、日本一周をしているようです。 どんなルートで、日本一周しているのか?本当にやっているのか?今現在(2022年11月4日現在)どこにいるのか?などが気に...

スポンサーリンク
実際に、私も何本かは見ましたが、面白いわけでもなく、何かの役に立つわけでもないので、登録もしないし、今後継続して見てみようという気にはなりませんでした。
もしかしたら、小学生などのゆたぼんさんと同年代にはウケるのかもしれませんが・・・。

まあ、ゆたぼんさんの炎上商法に救いがあるのは、ゆたぼんさんの周りには、しっかりと支持してくれる大人もいるということが、私はよかったと思います。
これで、親以外の大人が誰も賛同してくれなかったら、本当に日本って嫌な国になってしまったんだと、実感せざるを得ないくなりますので・・・。
子供の未来をつぶす大人ばかりではなかったことが、本当に良かったと思います。

スポンサーリンク

ゆたぼんが炎上商法をする理由

お金のためです。

どう考えても、炎上させて得をすると言えば、これしかないでしょう。
お金を稼ぐためです。

ほとんどのユーチューバーはこれを目的としていますよね。
ごく稀に、NHK党の立花孝志党首などのように、自分の主張を拡散する手段としてYouTubeを使っている人も中にはいます。
ただし、結果的にはそうなっただけで、これによる収益があれば、あるに越したことは無いはずですが・・・。

【参考記事】立花孝志さんやNHK党に関しての記事はこちらです。↓

NHK党
NHK党 ⇒ 略称:NHK (旧NHKから国民を守る党=N国党) NHK党速報 党首:立花孝志元参議院議員関連記事 NHK党関連記事 NHK関連記事 ...

なんにしても、慈善事業だけでYouTubeをやっている人は少ないはずです。
最終的には、お金を稼ぐという目的のために、人の役に立ちそうなことをYouTubeで発信しているのだと思います。

因みに、NHK党の立花党首ともコラボ?したんでしょうか?↓

出典:https://www.youtube.com/watch?v=N6ndVkVOvXc

一番左の人物がNHK党の立花孝志党首です。
因みに、ご存じだとは思いますが、真ん中の麦藁帽の子供が「ゆたぼん」さんで、一番右は「へずまりゅう」さんですね。
後ろの女性は、すいません、見たことはあるような気がするんですが、名前が出てきません。
狩野英孝さんの元カノ?がこんな人だったような?

スポンサーリンク

ゆたぼんの炎上商法は実は○○

オワコンです。

ゆたぼんさんのというよりも、炎上商法自体があまりお勧めできません。
というのも、炎上狙いを過激にやりすぎて、犯罪を犯してしまうケースが出てきたからです。

その最たる例が、ゆたぼんさんともたびたびコラボしているようですが、へずまりゅうさんですね。
確か私の記憶が正しければ、会計前の商品を食べてから会計している様子を撮った動画をYouTubeに投稿したんですよね。
それで、窃盗罪か何かで起訴されて執行猶予付きの有罪判決が出ていたと思います。

まあ、これはある種の見せしめ的な逮捕からの有罪判決だったようにも思いますが、少しやり過ぎたんでしょうね。
YouTube動画での犯罪は、見せしめの逮捕や起訴は必要です。
YouTubeは判断能力の低い人(例えば子供など)も見れるので、そういう人が真似をしてしまう可能性があり、それがたくさんいたら警察も手に負えなくなるので、そうなる前に見せしめ的に逮捕しテレビ報道するという流れです。

YouTubeのアカウントも凍結(アカBAN)されたと思います。

YouTube動画は誰でも見れますので、犯罪を助長するような動画は決して許してはいけないんです。
おそらく、Google社の規約にも違反している可能性が高いですし、何よりも日本の法律を順守していませんので、逮捕もされるし、起訴されれば、動画という証拠が残っているので、言い逃れができません。

つまり、炎上商法は方向性を間違えてやり過ぎると、アカバンされ、収益が絶たれるという事態を招きます。
犯罪を犯していれば、逮捕・起訴されます。

また、YouTubeに広告を出す企業にとって、イメージの悪いチャンネルなどもその傾向にあります。
この最たる例は「ガーシーチャンネル」ですね。
暴露系ユーチューバーのガーシーこと東谷義和さん(NHK党)のチャンネルは、おそらく半永久的に復活はしないでしょう。

また、近年日本ではネットでの誹謗中傷などを、しっかりと罰することができるようになりつつある時代になりました。
しかし、炎上が切欠で、誹謗中傷のターゲットにされたりするということも、しばしばあるようですので、炎上させ過ぎれば身の危険を感じることだってあるかもしれませんよね。

なので、これからは炎上させるというよりも、バズらせる方を狙ったやり方が良いと思います。
アクセスが集まるという意味では同じですが、炎上とは違いますし、何よりも、アンチが増えにくいやり方なので、配信者も視聴者もWINWINな関係になれると思います。

因みに管理人ヒロシは、偉そうなことを言っていますが、YouTube配信に関してはど素人ですのでお気を付けください。

スポンサーリンク

ゆたぼんが炎上商法をする理由を解説!実は○○の為だった!?まとめ

ゆたぼんさんが炎上商法をやる目的は、お金を稼ぐためですね。
しかし、炎上商法はオワコンなので、路線を変え、バズる動画を目指して頑張ってください。

正直、現在の動画では私は見る気になりません。
その為、本記事でも、ゆたぼんさんの動画紹介は一切しません。
もし、ゆたぼんさんの動画を見たいという方は、YouTubeにて検索し、各自でご視聴ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました