手越祐也の自宅住所の新居の場所を特定!?マンション名や部屋番号も?

更新日

どうも、ヒロシです。

手越祐也さんがジャニーズ事務所を退所して、ニートになって2.5倍の家賃のマンションに引っ越したそうです。
そして、その新居をYouTube動画(手越祐也チャンネル)で公開しているそうです。
それがこちらです。↓↓↓


私も、元不動産屋なので、その自宅マンションの場所やマンション名等を気になったので調査し、手越祐也さんの自宅マンションについての情報をプロフィール共にまとめました。

しかし、この動画7月6日に公開したにもかかわらず、450万以上の再生回数です。
単純に、この動画だけで45万円くらい稼いだということになります。

スポンサーリンク

手越祐也のプロフィール

出典:https://twitter.com/

生年月日:1987年11月11日(32歳)
出身地:神奈川県横浜市
身長:168 cm
血液型:B型
職業:歌手、俳優、タレント、YouTuber
活動期間:2002年12月~
事務所:ジャニーズ事務所(2002年~2020年6月19日)、フリー
(2020年6月20日~)

スポンサーリンク

手越祐也の新居自宅マンションのネット情報

現在、既に公開されている動画を基に、ネット民たちがこぞって特定作業をしているようです。
まず、この記事では特定できているのかどうかを検証する、つまりネット民が噂するマンションが本当に手越祐也さんの新居自宅マンションであるかどうかの可能性を出します。

噂されているマンション名は「ラ・トゥール汐留」というタワーマンションです。
しかも、280平米という大きさなので、最上階ということが予想されていますが、そうなると56階が最上階のようです。
このマンションの詳細については、この記事内の下方で紹介します。

因みに、このクラスのタワーマンションでは、最上階は2~3部屋とかしかない場合が多いです。
本当に選ばれた人しか、入居できない超高額物件なのは間違いないです。

また、この「ラ・トゥール汐留」で検索をかけると、既にサジェストに「ラ・トゥール汐留 手越」が入っています。

スポンサーリンク

手越祐也の新居自宅マンションの検証

丁度、ラ・トゥール汐留の56階を紹介する不動産屋さんの動画を発見しましたので、それを使って検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

部屋の面積

まずは、部屋の面積から見ていきます。
部屋の広さというのは2種類あります。
それは、登記簿に記載するための部屋の面積(登記簿面積)と、実際の専有面積を示す面積です。
「登記簿面積」<「専有面積」なのですが、どちらも部屋の面積を示します。
専門的なことになりますが、登記簿面積は仕切り壁の内法を図った面積で、専有面積は仕切り壁の中心線を図った面積です。
この動画の面積がもしも登記簿面積で264.78㎡とすれば、専有面積は約280㎡という可能性が高いです。
つまり、手越さんの新居自宅マンションはご自身の動画内で「280平米」と言っているので、この不動産屋さんの紹介動画のお部屋の面積と同一になる可能性が高いということです。
まあ、手越さんの方は細かい部分の数字を省いていると思いますが、手越さんの新居自宅マンションと、この不動産屋さんの動画のマンションは、面積上は同一の可能性が高いといえます。

ただ、普通は不動産屋もなるべく広く見せたいので、物件情報を出す際には専有面積の方を表示することが多いです。
ただ、このクラスのマンションになると、広すぎるのであまり気にしていないかもしれません。
専有面積はマンションの「重要事項調査報告書」やカタログなどが無いとわからないですが、登記簿面積は登記簿に記載してあり、誰でも法務局に行けば手に入ります。
より確実な数字ということで、登記簿面積を専有面積として載せている可能性もあります。

賃貸物件の場合は、オーナーさんが複数の不動産屋に物件紹介を依頼しているケースも多く、物件情報を成約時にしか詳しく調べません。
なので、物件案内時にも正確な専有面積が分からないという場合もあります。

スポンサーリンク

部屋の内装や間取り

これは動画をよく見くらべていただくしかないのですが、切り抜き画像で検証したいと思います。

まずは、建具です。
廊下からリビングの入り口への扉はどちらも観音扉(左右両側がタイプ)になっています。
建具の種類や廊下からリビングに至る床材も同じようなフローリングに見えます。

また、窓の外に見えるベランダの手すりも全く同じですね。

リビング以外の部屋の床材もおそらく絨毯でしょうか。
床材としては絨毯は高級なので、こういうマンションにはよく使われています。
色は同じに見えますね。


因みに、不動産屋の方は照明が少ないので少し暗く映っています。
入居前は、照明が基本的には玄関やトイレ、浴室、廊下以外はついていませんので、お部屋の明かりは窓からの採光だけです。

間取りですが、おそらく同一の間取りです。
トイレは3つあるという風に言っていましたし、メインベッドルームの隣にあった、トイレ・化粧台・浴室が全く一緒の間取りでした。

廊下川の動線を見ても同じ間取りなのは明らかです。
これだけ特徴が一致していると、別のマンションとは言えないです。
建具や床材などは統一して同じというのはよくありますので、階は違ってもマンションは同じ可能性は極めて高いです。

因みに、間取りはこんな感じです。

出典:http://reblo.net/

不動産屋の動画では一番左の部屋(手越さんの動画では客室として紹介していた部屋)は載せ忘れていたようですが、確実にキッチンの奥にもう一つ部屋があったのは確かです。

また、手越さんの他の動画で、東京タワーが映っているものがありますので、方角も一緒かと思います。

スポンサーリンク

手越祐也の新居マンションの場所

ラ・トゥール汐留」の場所はこちらです。

もしも最上階だとすれば、部屋番号は「5603」号室ですが、おそらく同じような間取りが上層階などの他階にも存在すると思います。
そしてこちらの画像は成約情報が載っているサイトです。↓

出典:https://www.creavision.co.jp/

これを見ると、部屋番号と共に、方角はベランダ側が西側です。
つまり、ベランダから東京タワーが見えるということになります。

結論は、手越さんの新居自宅マンションはこの「ラ・トゥール汐留」の可能性が極めて高いです。
部屋番号は、「5603」「5503」等のラインである可能性が高いですが、断定はできません。
しかし、ベランダが西向きであることはどうやら信ぴょう性が高そうです。

スポンサーリンク

ラ・トゥール汐留の情報

物件名:ラ・トゥール汐留
所在地:東京都港区海岸1-1-1
交通:JR山手線「浜松町駅」徒歩3分
都営大江戸線「大門駅」徒歩3分
都営浅草線「大門駅」徒歩3分
都営大江戸線「汐留駅」徒歩4分
ゆりかもめ「汐留駅」徒歩4分
物件特徴:タワーマンション、ペット可
間取り:4LDK
専有面積:264.79㎡
築年月:2004年2月
総階数:地上56階地下2階
総戸数:85戸
建物構造:RC造

スポンサーリンク

まとめ

手越祐也さんの新居自宅マンションは「ラ・トゥール汐留」である可能性が極めて高いです。
部屋番号は断定はできませんでしたが、ベランダが西向きなのだと思います。
間取りは全く同じはずなので、よ~く動画を見比べてみてください。
もしも、動画が消されてしまった場合は、もう検証は無理です。

また、手越さんはある程度、自宅が特定されることは覚悟しているのかもしれません。
このマンションもセキュリティーはしっかりしていそうなので、普通には入っていけないはずです。

※この記事は動画を使った検証にすぎず、個人の住所を特定するものではありません。
この記事内に出てくる住所への訪問は、当マンションの居住者にご迷惑がかかるため、決して行わないようお願いたします。