【不動産】埼玉県本庄市の公立本庄北高校跡地を本庄第一高校が購入した件




更新日

どうも

ヒロシです。

この問題はいろいろと不思議な部分と、私の地元であるという事で、記事にしてみました。

基本情報

埼玉県立本庄北高等学校(既に廃校)

場所は、本庄市でも市街地ではなくどちらかといえば、交通の便も悪く、JR本庄駅からもかなり離れています。

群馬県との県境に流れる利根川の堤防沿いに位置しています。

かなり辺境の地にある為か、私が高校受験当時も偏差値は40前半だったと記憶しています。

本庄市には他に県立高校は埼玉県立本庄高等学校があり、私の母校であり伝統ある高校でもあるのですが、偏差値は私が受験当時は60ちょっとでした。

2013年に少子化の影響や、本庄高校の偏差値が50前半くらいに落ちたことが影響したのか、本庄北高校は廃校になったと聞いていました。

廃校後の在校生は本庄高校の校舎へ通い、卒業し、完全に本庄北高校は消滅しました。

スポンサーリンク

本庄市の私立高校

本庄市には他に私立高校が3校あり、1つは県内偏差値トップの本庄早稲田高校、そして最近地元では人気が高まっている本庄東高校、それと今回問題の本庄第一高校です。

そして、東と第一の偏差値では、進学コースだけ見ると、少し東の方が高いです。

立地も東の方が本庄駅に近く、人気もやっぱり第一よりは高いです。

本庄早稲田は言うまでもなく、あの超名門大学の付属高校ですから、立地が少し悪くても、人は集まりますね。

因みに早稲田は、地元では大久保山と呼ばれている山の上にあり、上越新幹線の本庄早稲田駅のすぐそばです。

在来線のJR高崎線の本庄駅とはかなり距離があり、車で5分程度の場所に位置しています。

よって、わずか人口6万人弱(私の受験当時)の市に、北高校の廃校前は、公立私立合わせて5校の高校があったわけです。

スポンサーリンク

本庄第一高等学校

本庄北高校の隣にある、学校法人塩原学園が経営する私立高校です。

立地がやはり問題なのですが、そこは私立高校ですので、駅から専用バスがピストン輸送してくれますので、市外からの通学でもあまり不便さは感じないはずです。

実は、私も本庄高校が本命でしたが滑り止めで、本庄東・本庄第一とそれぞれの私立高校を受験していました。

そして、実は甲子園出場経験もある高校なんです。

まあ、1回戦で敗退していましたが、埼玉県の大会を勝ち抜いただけでも、結構強かったんじゃないでしょか。

一応、スポーツでは東高校よりも栄えているのかなというイメージです。

スポンサーリンク

通学区

こんな名前だったと思いますが、公立は私が受験した当時、住んでいる地域の通学区内の高校しか受験出来ませんでした。

本庄市の属する通学区は「本庄市、深谷市、熊谷市、岡部町(現深谷市)、児玉町(現本庄市)、美里町、上里町、寄居町、その他(児玉郡、大里郡など)」だったと思います。

というのも、今は少子化の影響もあり無い制度のようなので、詳細までは覚えていません。

そしてこの通学区で一番偏差値が高い公立は埼玉県立熊谷高等学校で、偏差値は現在で67なので、当時もそれ以上か同じくらいだったと思います。