スポンサーリンク

【駐車場DIY】ど素人が予算5万円で自作固まる土を施工!

どうも、ヒロシです。

最近、庭を駐車場にしたいと思い、業者さんに見積もりを出してもらったら、予想外にも100万円オーバーでした。
予想では、30万~50万円位と思っていたのですが、コンクリートにするだけなのに高すぎだろと思ったので、DIYにすることにしました。

ということで、現在、我が家の駐車場DIYは途中まで進んでいますが、その準備段階での計画や予算などを紹介していこうと思います。

【駐車場DIYシリーズ記事②~】

【駐車場DIY】自力で転圧する方法と道具作り!下地は大事?
どうも、ヒロシです。 駐車場DIYシリーズの第2回目です。 作業工程は何パターンかは考えていたんですが、問題が発生しました。 やっぱり順番間違えたかなということです。 今回のメインは自力?人力?で下地を転圧していく方法を紹介しようと思いますが、実際にはまだ転圧の段階に入ってい...
【駐車場DIY】ど素人がモルタル練ってブロックを固定してみた!
どうも、ヒロシです。 駐車場DIYシリーズの第3回目です。 今回は、人生初のモルタルを作って、練って、ブロックを固定していきます。 「失敗しても誰にも怒られないので、気楽にやりましょう。」 というのが、【駐車場DIY】の行動目標です。 過去の記事はこちらです。↓↓↓ ...
【駐車場DIY】低予算でど素人でも自作出来ました!画像あり!
どうも、hiroshiです。 なんか、完成した風なタイトルになっていますが、まだ完成はしていませんが、完成がほぼ見えてきたという意味で「自作出来ました」とさせていただきました。 さて、駐車場DIYシリーズは今回で第4回目となりましたが、ようやく、駐車場という感じが出てきました。 ...
【駐車場DIY】低予算5万円でコンクリートぽっく固まる土を施工?!
どうも、ヒロシです。 前回の、固まる土(自作)第1弾の施工で判明したことは、手を抜いてはいけないということです。 手を抜かなければ、固まる土(自作)も、まるでコンクリートのような見た目に仕上げることも可能な気がしています。 前回の言い訳を言うと、次男に移された風邪(時期的にコロ...
スポンサーリンク

駐車場DIY計画

まず、DYIを始める前の庭の状態は、こんな感じです。↓

見てわかるように、道路と庭の間には、境界の内側にブロックが1段半積んであり、土留めのになっています。
そして、土も道路よりも高い位置まで盛ってあります。

この土をある程度削って、ブロックを斫(ハツ)らなければいけないわけです。

駐車場全体をど素人でも簡単に施工しやすい、固める土のスーパーハード的な感じの、駐車場にも使えるやつで固める予定でした。
ただ、ひび割れなどが心配されるので、車の轍(ワダチ)だけでもコンクリートにしようということになりました。

コンクリートを自宅で練って、型取りして、傾斜作って施工するのって大変そうだし、無理と思って、コンクリート石板みたいなやつを買って並べることにしました。

そして、この際なので、雑草対策も兼ねて、敷地のほとんどを固める土で施工してしまおうということになり、花壇を残して固めることにしました。

ということで、本記事は駐車場DIYを始めて10日くらいのところで執筆していますので、こんな大雑把な感じで計画して、実行しています。

スポンサーリンク

固まる土を自作する理由

予算圧縮のためです。

固まる土は、普通のものだと雑草対策なので、車などの重量物が乗ると割れたり、崩れたりして、結構もろいということです。

なので、固まる土でも駐車場に使える強度のモノを使用しなければいけないのです。
調べると、まさ王のスーパーハードならば、駐車場にも使えるとあったのですが、1袋3000円前後します。
駐車場に使える固まる土は、一番安いのでもアイリスオーヤマの固まる土で、1袋15㎏980円でした。
厚さ5㎝で施工すると1㎡あたり5袋必要で、例えば20㎡施工するなら100袋必要で、約10万円かかってしまいます。

実は、我が家の駐車場DIYで一番コストが高いのがこの「固まる土」でした。
どうにか予算圧縮できないかと調べていると、固まる土は自作できることが分かりました。

固まる土の成分【砂】【セメント】【着色料】ということなので、色が灰色でもいいなら砂とセメントで出来るんです。

そうすると、ざっくり言うとアイリスオーヤマの固まる土を使うよりも約8割も安くなることが分かりました。

ただ、砂とセメントは混ぜてから施工するので、大きな容器などで混ぜてから地面に撒くので、そういう道具が必要になります。
でも、その道具も近くのホームセンターで3000円位で買えるので、全体の予算が5万円という所が視野に入ってきたということです。

スポンサーリンク
 

自作固まる土のセメントと砂の配合割合

【セメント:砂

理由は2つあります。
1つは参考にしたブログには「セメント3:砂5」でしたが、これよりも強度を出したいと思ったので、セメント割合を若干増やしました。
もう1つは、近くのホームセンターで売っている砂とセメントの入り量です。
セメント25㎏砂20㎏なんです。
これを袋単位で計算すると、セメント1袋に対して砂2袋にすると「セメント25:砂40」で上記の割合になります。

スポンサーリンク

駐車場DIYの予算概要

とりあえず、現在出ている材料費だけ紹介します。

・コンクリート平板(車の轍部分に敷くコンクリ石板)
1枚約400円(税込)×32枚 ⇒ 約12,800円

・さきがけブロック(駐車場の入り口に敷くコンクリートブロック)
1個526円(税込)×7個 ⇒ 3,682円

・砂(固まる土と下地用)
1袋20㎏218円×50袋 ⇒ 10,900円

・セメント(固まる土とモルタル用)
1袋25㎏401円×25袋 ⇒ 10,025円

・砕石(下地用)
1袋30㎏438円×5袋 ⇒ 2,190円

・コンクリートブロック隅2・横筋4・基本1(土留め用、転圧用)
130円×7個 ⇒ 910円

・レンガブロック(仕切り用)
89円×40個 ⇒ 3,560円

合計 44,067円

この時点では、予算5万円の中に納まっています。
ただ、道具もそろっていなかったので、いろいろと購入したもの、これから購入するもの、などなどを含めると、5万円は超えるかなと思っています。
しかし、市販の固める土を使うよりも、格段に費用は少なく収まっています。

それと人件費は、家族(主に管理人ヒロシ)がやるのでプライスレスです。
現時点ではまだ予定なので、これから追加購入するものもあるので、材料費は大体5万円に納まるはずです。

因みに、処分費用は入っていないので、予算5万円と言いながらも、材料費だけが5万円に納まるという感じです。
処分については、まだまだ土の量が増えるので、最後の方にならないとわかりません。
誰か引き取ってくれれば、助かるけど・・・、ジモティーとかで探そうかな?

スポンサーリンク
 

追加材料

・重量ブロック隅(エアコン室外機の土台用)
130円×2個 ⇒ 260円

スポンサーリンク

現在の駐車場DIY進捗状況

結構早めに道路側のブロックぶっ壊さなければ、砂とかブロックとか購入した時に、搬入がめんどくさいかなと思い、まずは土嚢袋を購入して、道路側の土をどかしました。
工程はこんな感じです。↓

土を削って土嚢に詰める

こんな感じで、削っては土嚢に詰めを繰り返していきました。

これは、土嚢を置いている場所ですが、今はこの量の倍くらいになっています。
これからまだまだ出るので、処分どうしよう~~~(-ω-;)

後で、動画も編集してアップする予定ですが、動画は専門ではないので、いつ完成するかは未定です。 

 

スポンサーリンク
 

 

ブロックをぶっ壊す!

なんか、響きが「NHKをぶっ壊す!」みたいですねwww

そして、ブロック斫りをするんですが、平タガネを購入し、家にあったハンマーで地道にやっていました。

壊し方が分からなくて、下まで掘って、一番薄いところから砕いていきました。

しかし、途中で妻の実家に合ったバールを借りてきたので、一気にぶっ壊しましたが、やりすぎて、壊さなくていいところまでやってしまいました。

一番左のブロックまで、取れちゃいました。↓

その為、予定には入れていなかった、モルタルを作って、補強と補修をすることになりました。

スポンサーリンク

現状の問題点

まだ、土の量が多いので、結構削らないとコンクリート板やら、固まる土(自作)やらを施工していけないのです。
因みにクワも借りてきましたので、土削るのも早くなりました。

今のところ問題は、ぶっ壊したブロックの廃棄と土嚢袋に入った土の廃棄処分の方法ですね。
処分費用を圧縮するためには、ブロックは「砕けば下地に使えるかな~?」とか、土は、「固まる土(自作)の砂の割合減らして土混ぜようかな~?」とか考えています。

ただ、かなりの労力が必要になります。
ブロックは基本コンクリートなので、平タガネとハンマーで砕くしかないのですが、かなりめんどくさいですね。これをやるだけで、1か月くらいかかりそうです。

土は、固める土(自作)に混ぜたとしても、かなり残るのと、庭土なのにゴミとか石とかいろいろ混ざっているので、ふるいにかけなければいけないので、これもめんどくさいですね。
まあ、大きい石やコンクリ、ゴミは土嚢袋に入れるときに取り除きましたが、小石などは結構紛れ込んでいたり、粘土質の土もあって、そういう塊も、混ざっています。

それと土を混ぜた時の強度の問題ですね。
強度はセメントの量なので、砂の代わりに土を入れても大丈夫だと思います。
問題なのは、水分を含んでいるとならしずらくなるのと、色が茶色くなってしまうことですかね。

とりあえず、処分は先送りです。 

スポンサーリンク

次の工程

次は、コンクリート平板やさきがけブロックなどを購入してこようと思います。
(というか、これを執筆している時点では既に購入しています。)

コンクリート施工とは工程が逆だと思うのですが、先にブロック類を敷いていきます。

それと、購入は3回に分けて行うつもりだったのですが、店員さんにいろいろ聞いたら教えてくれたのと、適当な数値を言っていたのとで、4回に増えました。

コンクリート平板は32枚必要だと、自分で車のサイズ調べて計算したので間違いなかったのですが、店員さんが「そんなに必要ですか?」と言うもんだから、20枚しか購入しませんでした。
運んだ後にレンタルトラックをホームセンターに返した時に呼び止められて、やっぱり言っていたように、「30枚か余裕を持たすなら32枚必要でした」と、しっかり調べてくれていました。

まあ、「近いのでまた買いに行くから、別に大丈夫です」とは言ったものの、手間が増えてしまった・・・。

そして、肝心の固まる土(自作)の施工は、庭の奥からやっていって、先に固まったところに、2回目以降に購入したものを置いていく形にします。

あと、1回目でモルタル用でセメントも1袋購入しておいたのですが、よく考えたら、濡れたダメなんで、外置き出来ないんですよね。
25袋も購入してしまったら、雨降らないうちに施工しきらないといけないとか、ブルーシートにくるんで置くとか、対策が必要ですね。

まあ、購入品については次回ブログで紹介します。

スポンサーリンク

【駐車場DIY】ど素人が予算5万円で自作固まる土を施工!まとめ

ど素人でも、庭⇒駐車場DIYが可能であることを証明します。
(まだ途中ですが・・・)
駐車場DIYはシリーズ掲載していきますので、次回のブログも見てください。

まあ、ほとんど使っていない庭で、しかも、しっかりと接道しているので、駐車場にしようと決断したのですが、なかなか計画通りにはいきませんね。
とりあえず、今回は予算5万円位で駐車場を作ろうということで、行動し始めた途中です。

次は、第一弾の材料を購入しに行きたいと思います。↓↓↓

【駐車場DIYシリーズ記事②~】

【駐車場DIY】自力で転圧する方法と道具作り!下地は大事?
どうも、ヒロシです。 駐車場DIYシリーズの第2回目です。 作業工程は何パターンかは考えていたんですが、問題が発生しました。 やっぱり順番間違えたかなということです。 今回のメインは自力?人力?で下地を転圧していく方法を紹介しようと思いますが、実際にはまだ転圧の段階に入ってい...
【駐車場DIY】ど素人がモルタル練ってブロックを固定してみた!
どうも、ヒロシです。 駐車場DIYシリーズの第3回目です。 今回は、人生初のモルタルを作って、練って、ブロックを固定していきます。 「失敗しても誰にも怒られないので、気楽にやりましょう。」 というのが、【駐車場DIY】の行動目標です。 過去の記事はこちらです。↓↓↓ ...
【駐車場DIY】低予算でど素人でも自作出来ました!画像あり!
どうも、hiroshiです。 なんか、完成した風なタイトルになっていますが、まだ完成はしていませんが、完成がほぼ見えてきたという意味で「自作出来ました」とさせていただきました。 さて、駐車場DIYシリーズは今回で第4回目となりましたが、ようやく、駐車場という感じが出てきました。 ...
【駐車場DIY】低予算5万円でコンクリートぽっく固まる土を施工?!
どうも、ヒロシです。 前回の、固まる土(自作)第1弾の施工で判明したことは、手を抜いてはいけないということです。 手を抜かなければ、固まる土(自作)も、まるでコンクリートのような見た目に仕上げることも可能な気がしています。 前回の言い訳を言うと、次男に移された風邪(時期的にコロ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました