【ヒルナンデス】風船で頑張らないダイエットは痩せる?




更新日

どうも

ダイエット中のヒロシです。

さて、2019年9月23日(月)の番組企画で「頑張らないダイエット」というのがありました。

それで痩せるならそれって、いいなと思いますが、実際に効果はあるんでしょうか。

気になりますよね。

方法や結果などを検証しました。

まあ番組的には成功とか言っていますが……。

という事で、紹介します。

スポンサーリンク

風船ダイエットの方法

息が切れるまで風船を膨らませる。

鼻から息を吸いながら体を起こす。

③①②を3セットやる。

④両手を上げて「吐く・吸う」を5回やる。

まあ、1日3分椅子に座って、ひたすら風船を膨らませるだけです。

ただ、詳しい方法は言っていなかったのですが、これを1日1回やるという事なのでしょう。

つまり、1日3分間なので、カップ麺にお湯を入れて、出来上がるまで、風船を膨らませればOKという方法ですね。

もちろん、分けて行ってしまうと効果は薄くなるものと思います。

スポンサーリンク

風船ダイエットの効果

スポーツ科学的に言えば、理に適っているとも言えなくはないです。

今一番効果があると言われている、トレーニング方法として、30秒間全力で運動して1分休むという方法があります。

これを4セット位やれば効果が最大化されるというものです。

もちろん、毎日やるのではなく週に3~4日位でいいというものです。

風船を膨らませるという行為は、全力運動にも似ています。

実際に、ヒルナンデスで実験していた人は、やっているうちに、汗をか始めてみたいなことを言っていましたね。

そう考えると、一定の効果はありそうです。

ただ、これは個人差もあると思います。

スポンサーリンク

風船ダイエットのメリットデメリット

まずはメリットから言えば、使うのは風船だけでいいという事です。

さらに、簡単に、省スペースでも出来て、どこでも出来るというのが最大のメリットと感じます。

ただ、デメリットは、風船をかなり消費するという事でしょうか。

ヒルナンデスの実験では3週間やったようですが、かなりの数の風船を使ったはずです。

なぜならば、何度か膨らませると、ゴムが劣化し、効果が半減してくるのではないかという事なので、1回当たり3分で、モノにもよりますが、1個と考えます。

次の日は新しい風船を使うとすると、3週間で21個の風船が必要です。

仮に1年続けるとしたら、364個の風船を必要とすることになります。

無駄に風船消費している気がします。

スポンサーリンク

風船ダイエットの成功失敗検証

ヒルナンデスのモデルさんは相当太っていて、ダイエット前は97.25Kgでした。

それが3週間後、95.17Kgです。

その差、-2.08Kgです。

これって・・・・・・。

誤差の範囲なんじゃないでしょうか?

基本的な情報としては、1日の体重増減の幅は2Kg位と言われています。

これは、汗をかいたり、排せつしたり、飲食したりと、出入りがあるわけなので、そのくらいは増減しますよね。

3週間という期間で考えても、これは誤差の範囲内という事で言ってもいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の【ヒルナンデス 頑張らないダイエット風船編】は検証不足という事は言えると思います。

風船を膨らませるだけでは、運動量が少なく、3週間では体の変化が起こっていても、そこまでの効果は期待できないと思われます。

このダイエットを実践して、結果を出すためには、最低でも3ヶ月以上の検証が必要と思われます。