スポンサーリンク

pippiのウィッグのメーカーは?汎発性脱毛症の人にもおすすめ!シンソウ坂上

アイドル
スポンサーリンク

出典:https://lineblog.me/er_pippi/

どうも、ヒロシです。

2020年6月4日の「直撃!シンソウ坂上」にアイドルのエレクトリックリボンpippi(ぴっぴ)」さんが出演します。
話によると、pippiさんは「全身脱毛症(汎発性脱毛症)」という、原因不明の難病を患っているそうです。
そんなpippiさんに必要不可欠なのはウイッグですが、その使用しているメーカーや、他にどんなウィッグかかつらがあるのか、プロフィールと共にまとめました。

ピッピ」と聞くと、真っ先にとりポケモンの「ピッピ」が思い浮かぶのは私だけでしょうか?
初代ポケモン世代の悲しい性(サガ)です。

スポンサーリンク

出演番組情報「直撃!シンソウ坂上」

【現役アイドルを突然襲った謎の病!全身から毛が抜け落ちる…】
2020年6月4日(木) 21時00分~21時54分 の放送内容

番組内容:「女性に襲いかかる謎の病SP」
(1)現役アイドル襲った全身脱毛症
(2)ダイエットで40キロ激ヤセが原因で〇〇依存に
(3)女優Tを引退に追い込んだ原因不明の顔面けいれん

(1)現役アイドルとして活動する女性は、耳の後ろの髪が薄くなっていることに気付く。深刻に受け止めていなかったが、念のため病院に行くと「円形脱毛症」と診断された。処方された塗り薬を使用するも、効果が出ず後頭部にも脱毛症状が出てしまう。そして発症から数カ月後、全ての頭髪が抜け落ちてしまった。衝撃を受けた彼女は、脱毛専門の医師がいる病院へ。そこで告げられた病名とは!?

出演者
MC:坂上忍
ゲスト:カズレーザー(メイプル超合金)、松嶋尚美

引用:ヤフーテレビ欄

スポンサーリンク

pippiのプロフィール

出典:https://twitter.com/pippi_eribon

本名:不明
生年月日:不明、年齢不明(自称15歳)
出身地:島根県(設定:ぴっぴ星)
グループ名:エレクトリックリボン
(担当カラー:ピンク)
職業:アイドル、声優、ナレーター、グラビア、役者
活動:2015年2月~

2015年2月 都内を活動拠点としたエレクトロガールズユニット『エレクトリックリボン』に加入。
過去には声優、ナレーター、グラビア、役者としての活動歴もあり。
ただの目立ちたがり屋だが、根が真面目なのでどこか憎めない性格。
本人はぴっぴ星から来たぴっぴ星人と言っているが、出身地は島根県との噂もある。
担当カラーはピンク。
メンバー内最古参、最年長の15歳。
90年代のアニソンを中心としたDJミミちゃん(うさぎのぬいぐるみ)の影武者でもある。
2019年11月2ndアルバム「#FREEEEBON」をリリース

引用:https://lineblog.me/er_pippi/

スポンサーリンク

pippiがウイッグの理由

それは、髪の毛や全身の毛が抜け落ちて、無いからです。
この全身脱毛症の病名は「汎発性脱毛症」というそうです。

原因は今のところ判明していない、難病ですが、死に至る病気ではなさそうということなのか、難病指定はされていないそうです。
円形脱毛症の人は結構いると思うのですが、それが悪化して全身に回ってしまった病気といううように思ってもいいようです。

しかし、全身の毛が無いということは、脇毛やあそこの毛などのムダ毛もないし、機能的に必要な眉毛やまつげもないということになります。
男性であれば、ひげやすね毛といった男性特有の毛もないということです。

特に見た目に影響するのは、やっぱり髪の毛や眉毛・まつげでしょう。
それを、毎日、ウイッグ付けたり、眉毛書いたり、付まつげするのは、大変そうです。
女性にとってはもしかしたら化粧の一部として毎日やっている人もいるでしょう。
男性は・・・、意外とそのままで過ごしている人もいそうですね。

そこで活躍するのが、ウイッグですね。
近年では、昔の所謂「かつら」よりもかなり自然な感じに見えるものが多く、コスプレイヤーさんなんかも使っています。

スポンサーリンク

pippiが使っているウイッグメーカー

医療用ウイッグを専門で扱う「LINEASTORIA(リネアストリア)」というお店のウイッグのようです。
このリネアストリアの公式サイトでもpippiさんを「ウィッグは魔法のステッキ」というタイトルで紹介しています。

このウイッグメーカーは通販もやっているようですが、基本的には医療ようなので、ナチュラルカラーというか、アニメのような原色系の奇抜な色の髪色はありませんでした。
普通に生活するうえで、おしゃれな感じの髪型になるようなウイッグが中心です。

商品の一部を紹介します。

一番明るい色があるのはコレ(↑)です。

ここまでは、人工毛です。

コレ(↑)は人毛でできていて、人工毛よりも割高ですが、かなり本物に近いウイッグになるようです。

コスプレ用ウイッグとの違い

それは、ただ単に用途の違いでしょう。
コスプレの場合は、そのキャラになりきるためのアイテムなので、そもそも医療用とは造りが違います。
最近はコスプレブームもあってか、コスプレ用でもかなり精巧に作られているものもありますが、基本的には見た目重視です。
つまり、ファッションウイッグです。

一方、医療用のウイッグは、なるべく肌に優しい素材でできていたり、蒸れないような工夫がされていたりと、そのウイッグをかぶることで2次的な被害が出にくいように作られています。
ただ、医療用といっても、処方箋があるわけでは無いので、健康保険適用外にはなります。
ただし、自治体によっては補助金や助成金が出るところもあるようですが、少ないようです。
東京・神奈川では「港区・豊島区・横浜市・大和市」だけのようです。
(詳しくは各自治体の公式サイトで確認してください。)
因みに、私の住んでいる千葉県は適用が無いようです。

保険適用されない理由は、直接的にその症状を治すあるいは治す手助けをする道具ではないからです。
つまり、健康保険の概念では、医療用ウイッグは治療用ではなく、見た目を補うだけ物という扱いでしかないのです。

スポンサーリンク

まとめ

エレクトリックリボン「pippi」さんの使っているウイッグのメーカーは「LINEASTORIA(リネアストリア)」です。
ウイッグの理由は、全身脱毛症(汎発性脱毛症)という、難病で全身の毛が抜け落ちてしまったからです。
アイドルでありながら、見た目のハンデがある中、頑張っている姿は素晴らしいと思います。
今後も、芸能活動を頑張ってほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました