お笑い芸人「田中上野」が嵐にしやがれ出演!田中は漫画家?もう1人は?




更新日

どうも

ヒロシです。

日本で結構多そうな名字を

2つ繋げたようなコンビ名

ですが、面白いんでしょうか。

そんなまだ売れてはいない

ような感じのお笑い芸人が

嵐にしやがれ」にという

国民的アイドルの番組に出演する

という驚きと共に、ブレイクしそう

という事で紹介したいと思います。

出演情報:嵐にしやがれ

【大野が一級小型船舶免許取得に挑戦!合格なるか!?】

日本テレビ 2019年3月16日(土)

21時00分~21時54分放送予定

田中上野

出典:http://grapecom.jp/talent_writer/tanakaueno/

プロフィール

コンビ名:田中上野

メンバー:田中光(右)、お見送り芸人しんいち(左)

結成:2013年頃~

芸風:フリップ芸

事務所: グレープカンパニー

歌ネタ王決定戦2015」決勝進出

2017年「Abema杯 第1回フリップ芸-1グランプリ」初代チャンピョン

スポンサーリンク

田中 光

出典:http://grapecom.jp/talent_writer/tanaka_hikaru/

プロフィール

生年月日:1982年2月13日(37歳)

出身:京都府京都市

趣味:絵、音楽鑑賞、古いバイク

特技:絵、造形

学歴:京都精華大学芸術学部版画学科中退

活動時期:2002年~

書籍

『サラリーマン山崎シゲル』 4冊

サラリーマン山崎シゲル The Sword Of Galaxy (幻冬舎文庫) [ 田中光 ]

他作品『ドクター中島の世界征服』

『レタス2個分のステキ』 全3巻

『私たち結婚しました』 全1巻

『サラリーマン妻夫木マモルの愛妻生活』

『痛リーマンnavi〜ドブ川商事社員名簿〜』 全1巻

『宇宙人とタイムマシーンとヤンキー』 全1巻

お見送り芸人しんいち

出典:http://grapecom.jp/talent_writer/omiokurigeinin_shinichi/

プロフィール

本名:上野晋一(うえの しんいち)

出身:大阪府大東市

生年月日:1985年4月21日(33歳)

趣味:ときめきメモリアル、フットサル、セレッソ大阪

特技:サッカー(インターハイ出場)、マラソン、Jリーグトーク

コンビ名の「田中上野」の上野は本名が上野晋一なので、という事なんでしょうね。

何のひねりもないコンビ名のようにも思いますが、なんか意味があったのでしょうか。

急造のコンビで、とりあえず付けたっぽいコンビ名な気がしてなりません。

スポンサーリンク

田中は漫画家

プロフィールに書いたように、書籍を出しているものはほとんど漫画のようです。

むしろ、本業はこっちなんじゃないかってくらい、漫画を出しているじゃないですか。

しかも、小学校の頃の夢は漫画家だったそうです。

もう漫画家でいいじゃないですか。

と思いますよね。

ただ本人は、漫画とお笑いは表現方法が少し違うだけで、同じだと言っているみたいです。

確かに、漫画作品は笑いを取るものが多いみたいなので、ジャンルでいえば同じですね。

ただ、「ドラゴンボール」とか「ワンピース」とかそういうものとは、そういった漫画たちとはまた全然違う見方かもしれません。

1つだけいえることは、漫画やアニメの中ではどんなことでも出来るという事です。

お笑いだってそうですが、格闘、冒険、スポーツ、異世界、異次元、何でもできます。

なんでもなれます。

勘違いしてはいけないのは、想像の中だけなら何でもできるという事であって、それが現実とリンクするとは限りません。

分かり難い表現でしたね。

つまり、漫画やアニメを読んだり見たりする側には、実体験が無いという事です。

もちろん、実体験をもとにした作品は数多くあると思います。

しかし、その逆はありえないという事です。

という事で、田中さんの方はお笑い出なくとも稼いでいけるようなので、今後はどのように活躍していくのか、しないのかは見守りましょう。

スポンサーリンク

上野さんは不器用

これは漫画です。

田中上野とは何の関係もありませんが、上野と検索かけると、混じって出てきます。

因みに、アニメ化もされています。

15分枠のアニメですね。

こんなやつです。

個人的には好きです。

まあ、しんいちさんの方はときメモやるそうなので、ジャンル的には間違っていないかもしれないですね。

上野さんは不器用」はラブコメです。

ときメモは当時の言い方だと「美少女ゲーム」ですが、正確なジャンルとしては「ラブアドベンチャーゲーム」だと思うんです。

そう、共通項は「ラブ」です。

スポンサーリンク

まとめ

漫画にゲームと何だか、オタクが応援したくなりそうなお笑い芸人だったんですね。

因みに、この放送回で出てきた、ギター芸人の中では一番面白かったようです。

小3の我が息子が爆笑していました。

まあ実際、応援するかしないかは・・・自由だぁ~~~~!!

古っ!!

あ、N○Kで椅子やっている人のネタですが、若い人は知らないかもですよね。

とにかく、ブレイクできるといいですね。

頑張ってください。