埼玉県草加市でトラックが突っ込んだラーメン店はどこ?交通事故

どうも、ヒロシです。

報道によると、2020年4月1日午前5時すぎ、埼玉・草加市の交差点で、職務質問から逃走した車がトラックに衝突し、その弾みでトそのラックは近くのラーメン店に突っ込みました。
この交通事故の現場になった草加市のラーメン店の場所や名前を調査し、まとめました。

スポンサーリンク

事件概要

出典:FNN(https://www.fnn.jp/)

1日午前5時ごろ、埼玉県草加市西町の交差点で、パトカーから逃走していた乗用車が大型トラックに出合い頭に衝突、弾みでトラックが付近のラーメン店に突っ込みました。
トラックの男性運転手と乗用車の男性2人の計3人が軽傷、ラーメン店は閉店中で人はいなかったが、壁が壊れるなどの被害がありました。

県警草加署によると、事故直前に停車していた乗用車に対して署員が職務質問しようと近づいたところ、突然逃走したため、追跡していました。
同署で乗用車に乗っていた男性から事情を聴くということです。

同署の小久保和浩副署長は「現時点で追跡行為は妥当なものだったと考えている」とコメントしました。

引用:産経新聞

スポンサーリンク

トラックが突っ込んだ現場のラーメン店

まずは、事故現場の場所が判明しましたので地図とビューアをご覧ください。

住所は「〒340-0035 埼玉県草加市西町1163−13」です。
ラーメン店の名前は「サッポロ狸小路ラーメン」ですかね。
ここで間違いないと思います。

スポンサーリンク

事故の状況を推察

地図で見るとわかるように、このラーメン店のある交差点は5差路になっていて、トラックの突っ込み方を見ると、トラックは氷川通りを草加駅がある東方面から西方面に進んでいたと思われます。
そこに、左から出てきた乗用車が突っ込むと、このラーメン屋さんに写真のようにトラックが刺さるはずです。

ただし、この5差路には信号がありますが、押しボタン式の歩行者用信号です。
しかし、乗用車が出てきたと思われる道には、一時停止の標識がありますので、乗用車の方に一時停止の義務があったと思われます。
おそらく、乗用車はパトカーに追われていたということなので、乗用車は一時停止義務違反を犯していたと考えられます。

それにしても、この事故で死者が出なかったのは、不幸中の幸いというか、サッポロ狸小路ラーメンの店主は本当にかわいそうですね。
トラックの運転手にしても、おそらくは過失はないのではないかと思いますので、かわいそうですね。

報道を見る限りでは、乗用車を運転していた人に過失があるものと考えられます。
しかも、職質をかけようとしたところを逃げているので、何かやましいことがあるんでしょうね。
逃げなければいいのに、何で逃げたのでしょうか。

スポンサーリンク

この事件での過失割合

もちろん、前述したように乗用車を運転していた人に過失があるのは明白です。
おそらくは一時停止義務違反をしていますので、トラックとの過失割合は乗用車10:トラック0だと思います。
そして、その割合であれば、ラーメン店の修理費用や、被害損失などの補償も、乗用車の運転手が負うべきものだと思います。

しかも、事故を起こす前には、警察の職務質問から逃げようとしていたので、もしかすると飲酒運転など、何らかの法律違反を他にも犯しているとも考えられます。
そうでなければ、職質されても逃げないはずです。

この事故を起こした乗用車の運転手の責任は重大です。

スポンサーリンク

この事故の乗用車運転手の名前や顔

この事故では、乗用車に乗っていた2人とトラック運転手の計3人がけがをしているので、おそらく現時点では、まだ逮捕はされていないのではないでしょうか。
この乗用車運転手が誰であったかなどの情報はまだ公開されていません。
また、同時にどんな違反を犯していたかなどもわかっていません。

まとめ

トラックが突っ込んでしまったラーメン店は埼玉県草加市西町の「サッポロ狸小路ラーメン」です。
事故の原因を作ったと思われる乗用車の運転手はまだ逮捕されたという情報はありませんし、どんな違反を犯していたのかもわかっていません。

事故の詳細が分かりましたら、追記したいと思います。