立花孝志がAbemaPrimeに出演!NHK受信料不払いは犯罪?

どうも、NHKに不信感を抱いている1人のヒロシです。

「NHKをぶっ壊す!!」

でおなじみ、立花孝志さんが番組出演しました。

先日の全国統一地方選挙で大躍進をした「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志さんがAbemaTVの番組でAbemaPrime(アベマプライム)に出演しました。

非常に驚いたので2回言いました。

実はAbemaTVがなんなのかよく知らなかったんですが、ググると、

PC・スマートフォン向けのライブストリーミング形式であるインターネットテレビ

ということです。

サイバーエージェントとテレビ朝日が出資して設立した株式会社AbemaTVが運営しています。

見る方法ですが、アプリがあるので、「AbemaTVを見る方法」で調べれば無料ダウンロードできるところが見つかります。

そのAbemaTVの番組でAbemaPrimeという、報道番組?討論番組なのかな?に立花孝志さんが出演したという事です。

2019年4月23日(火)21:00~の放送だったようです。

詳しく紹介します。

立花孝志さんには、ちょっと悪いことを言うので、先に誤っておきます。

「大変、申し訳ございません。」

記事を見ている方には、心の準備が必要と思うので言います。

広告の次に表示される写真は、見た目が少しきついおっさんですが、これは我慢してくださいw

スポンサーリンク

立花孝志

出典:https://twitter.com/tachibanat

プロフィール

生年月日:1967年8月15日(51歳)

出生地:大阪府泉大津市

出身校:大阪府立信太高等学校卒業

前職:NHK職員、千葉県船橋市議会議員

現職:NHKから国民を守る党代表、立花孝志ひとり放送局代表取締役(ユーチューバ―)、東京都葛飾区議会議員

所属政党:NHKから国民を守る党(公式サイトhttp://www.nhkkara.jp/)

放送に関して立花孝志本人の補足

とりあえず、この動画でいろいろ言っているので、見てみてください。

時間を節約したい方は、設定から速度調整で1.25倍速とか1.5倍速とかで見るのをお勧めします。

1.5倍速だと少し聞き取りにくいかもしれません。

番組では伝えきれなかったことをユーチューブで伝えているようです。

スポンサーリンク

 NHKから国民を守る党の躍進

先日の全国統一地方選挙の結果は別記してあります。

こちらを参照してください。

NHKから国民を守る党の統一地方選挙立候補者46名結果は?立花孝志が代表

東京23区はでは17区で当選しました。

これは、NHKを必要としていない国民がこれだけいることの実証ですね。

当選した党員のほとんどが、得票数は当選者の中で平均以下ですが、当選ラインまでは票が集まったという事になります。

これはまだまだ地方議員ですが、今度は参議院選挙に参戦するという事なので、頑張ってください。

スポンサーリンク

NHKは立花孝志と契約しない

番組内でも、話題に出ていましたし、ユーチューブの動画でもあったのですが、立花孝志さんはNHKにアポなしで突撃訪問して、NHKに名前言って「受信料の契約しに来た」とピンポン鳴らして言うんです。

しかし、NHK側は「お帰り下さい」としか言わないんです。

番組のMCは

「そりゃいきなり行ったら、相手にはしてくれないですよ~。」

みたいな事を言ってました。

そもそも、NHKの集金人とかはアポなしで、いつもいきなり来ますよね。

ピンポーン「NHK契約しなさい!」

っていう感じですよね。

何が違うんでしょうか。

立花孝志さんがやっていることと、NHKがやっていることは同じなんです。

それならば、NHKの委託業者も契約を迫りに行くときは、アポ取って、事前にどういう契約か説明してるんでしょうか。

してないですよね。

もし、MCがそんなことも知らないなら、がっかりです。

申し訳ないけど、番組MCはやっぱりNHK側についているとしか思えませんね。

民意をNHK寄りに寄せたいのが伝わってきます。

中立ではない気がしてなりません。

スポンサーリンク

NHK集金人対応

これは以前も私のブログで書かせてもらいましたので、もう一度復習です。

上記のことを踏まえて、今後のNHKの集金人に対して、もしもピンポンに出てしまった場合や玄関の外で鉢合わせしてしまったときの対応はこれです。

「お帰り下さい」

これだけでいいという事になります。

もしこれで帰らなければ、不退去罪という罰則付きの犯罪になります。

3年以下の懲役又は10万円以下の罰金が科せられます。

その為、スマートフォンで証拠を撮影し、直ぐに110番通報をしましょう。

そうすると、大概の場合は警察が来る前にNHKの集金人は逃げますが、証拠動画を警察官に見せましょう。

スポンサーリンク

NHK受信料不払いは犯罪か?

補足でも言っていましたが、不法行為(違法行為)に犯罪は含まれます。

その為、不法行為=犯罪ではありません。

犯罪はもちろん不法行為です。

罰則があるかないかで、不法行為と犯罪とで違うという事です。

動画の例だと、不倫などの不貞行為は、不法行為だけども犯罪ではないのです。

不倫したからと言って、警察には逮捕されませんよね。

でも、DV(ドメスティックバイオレンス)はどうでしょうか。

これは、傷害・暴行などの罪で警察に逮捕されますよね。

そういう差です。

それでは肝心の答えは、NHK受信料不払いは不法行為です。

NHK受信料不払いは犯罪ではありません

その為、上記で警察に通報した場合は、不退去罪という犯罪を犯しているNHKの集金人は逮捕される可能性があるけど、受信料を払っていないだけの人は逮捕されないという事です。

但し、民事で争った場合には、不法行為をしていると不利になるのは確かです。

刑罰はありませんが、損害賠償は請求される可能性はあるという事です。

スポンサーリンク

まとめ

NHKから国民を守る党の党員は現在39名になりました。

全員が地方議員で、まだ1つの市地区町村に1人しかいない弱小政党ですが、これだけの人数になれば、民意がそれだけあるという証明にもなるでしょう。

NHKはいち早く受信料を払わない世帯の電波を止めてください。

参議院選挙でも、票は入ると思います。

しかし、心配の種は「NHKから国民を守る党」が高年齢層には周知されていない事です。

インターネット世代より昔の世代は、やっぱりNHKを見ているんです。

実際に、私の親はいまだに携帯電話はスマートフォンではありません。

所謂、ガラケーです。

そして、インターネットを見る世代、特にユーチューブを見る世代は、選挙権がないとか、あっても投票自体をしないとかいう世代なので、参議院選挙ではどうやって票を伸ばすかが課題と思います。

というわけで、選挙権のある若い人をどれだけ取り込んで、投票してもらえるかが参院選でのカギになるんじゃないでしょうか。

おそらく、取こめていても、投票に行かないという人が結構な数いると思います。

なんにしても、頑張ってください。

私はこうやって記事を書くことしかできませんが、他に何かできるのであれば、お手伝いはしたいと思います。