N国党の立花孝志が元貴乃花親方(花田光司)にオファーする可能性は?

https://megu-ent.jp/takanohana/

どうも

ヒロシです。

さあ、私が以前予想した通りになりつつあるのですが、NHKから国民を守る党の立花孝志代表は次に誰をターゲットにするのでしょうか。

気になりますよね。

現在は、ホリエモンこと堀江貴文さんを口説き落としていますね。

おそらく、次の衆議院選挙はN国党からホリエモンが出馬するのではないでしょうか。

そして、青汁王子もそうですが、メンタリストDaiGoさんにも声かけているんじゃないですかね。

まあ、メンタリストは無理かもしれませんが、青汁王子は行けそうですね。

そして、ユーチューバ―のレペゼン地球さんやヒカルさんにもオファーをかけそうな感じで言っています。

ちなみに私が予想した人はホリエモンなどですが、詳しくはこちら↓↓↓

どうも ヒロシです。 今、マツコ・デラックスさんを攻撃したり、週刊文春と対決したり、色々と話題が尽きない立花代表ですが、...

意外な人の名前も出していますw

気になるのは、今後どんな人物にも声をかけていくのかです。

スポンサーリンク

立花代表から名前が出ている人

こちらの記事でも紹介しています↓↓↓

どうも ヒロシです。 今、マツコ・デラックスさんを攻撃したり、週刊文春と対決したり、色々と話題が尽きない立花代表ですが、...

とりあえず、復習していきます。

今一番出馬に近いのは「ホリエモン」ですね。

他は箇条書きです。

DaiGoさん(メンタリスト)

三崎優太さん(青汁王子)

豊田真由子さん(元自民党衆議院議員)

石崎徹衆議院議員(自民党)

レペゼン地球さん(ユーチューバ―)

ヒカルさん(ユーチューバ―)

ASUKAさん(ミュージシャン)

・酒井法子さん(元女優・アイドル)

・清原和博さん(元プロ野球選手)

・梶原雄太さん(芸人キングコング・ユーチューバ―)

・弁護士ユーチューバ―(名前がよく分からない)

こんな感じでしょうか。

そして既に、ユーチューブ以外でコンタクトを取っているのは、ホリエモンのほかは青汁王子だけですかね。

豊田真由子さんに関しては、ユーチューブでオファーしていますね。

まだ、実際にはコンタクトは取れていないようですが、もし、返答が来たら、次の国会議院選挙に出てくることは間違いないでしょう。

というか、立花代表としては、今月10月の埼玉参議院補欠選挙を予定しているようですね。

間に合うのでしょうか。

スポンサーリンク

元貴乃花親方オファーの可能性

無いとも言い切れないですよね。

現実的にはCMに出ているので、直ぐには難しいですかね。

最近、立花代表はホリエモンと共演して出てくる中には、「既得権益をぶっ壊す!」みたいなことも出てきています。

となると、既得権益と考えると、最近話題になっている日本テコンドー協会の様なスポーツ団体の古くからいる会長職などの人はそれに当たるのではないかという考えになりました。

そこから考えていくと、一番こういった「既得権益をぶっ壊したいと思っているのは誰かな?」と考えた時に浮かんだのは、元貴乃花親方花田光司さんです。

日本相撲協会という既得権益はぶっ壊さないといけないと、私も思います。

そして、貴乃花親方は協会内部から変えようとしましたが、志半ばで協会を去る事となりました。

これにも、何か不自然な力があったように感じましたが、真相はよく分かりませんでした。

その真相を自身の口から語り、

「日本相撲協会をぶっ壊す!」

ってやって、選挙に出馬すれば、絶対に当選するでしょうね。

真相を語らずとも、当選します。

そして、この日本相撲協会はNHKとも切っても切れない関係にあります。

大相撲を実況中継しているのは、みなさんご存知の通り現在はNHKのみです。

つまり、N国党がNHKをぶっ壊せば、少なからず大相撲中継にも影響は出ます。

その時に、大相撲の中継はどこがやるんだという事になりますよね、きっと。

ただ、貴乃花親方は「出馬はありません」と引退の時に言ってましたし、相撲に一途な人ですから、口説き落とすのはかなり難しいですよね。

ただ、日本相撲協会を変えるには、政治から訴えるしか方法はないと思います。

なので、立花代表が発明した選挙で当選する方法を使って、日本相撲協会をぶっ壊す人を政界に送り込むだけでいいと思います。

スポンサーリンク

N国党から党名が変わる可能性

立花孝志代表はホリエモンとの話の中で、党名を変えることにも言及しています。

それは、「例えば、既得権益をぶっ壊す党」と言って、具体例まで出していました。

それでも、NHKのスクランブル放送だけは実現するという事を言ってましたので、立花代表の得意分野でこれからもN国党拡大をめざすのだという事です。

選挙は得意だけど、政治は専門家がやるべきとも言っているので、間違いないでしょう。

党名が変わっても、やる事が同じならそれでいいと思います。

しかし、人が増えれば増えるほど、既得権益に縛られる人が出てくる危険性は高くなります。

それを、どうやって防いでいくかは、今後の課題なのではないでしょうか。

どうしても、二瓶親子のように造反する議員は出てくると思います。

今後は人選という部分がかなり重要になってきっますよね。

それを上杉幹事長を中心にやっていくのだと思いますが、慎重にやった方が・・・。

まあ、立花代表自身も言ってましたし、大丈夫だと思います。

ただ、小選挙区は今まで通り落選前提で募集するという事なので、十分気を付けた方がいいのかなと思います。

スポンサーリンク

立花代表が発明した選挙で当選する方法

立花孝志代表がユーチューブで言っていたことをまとめます。

まずこれには、圧倒的に選挙で票の取れる人が1人必要です。

それも、ホリエモンレベルのすごい人です。

頭も良いし、知名度は全国に知れ渡っている人ですね。

それを考えると、ホリエモンDaiGOさん以外にはあまりいないですかね。

日本には本当に数人しかいないと思います。

その人が比例代表の名簿1位で出馬して、各地で応援演説をして、得票の底上げをします。

当然、比例代表ではまず名簿1位の人が当選するので、その有名人は当選しますね。

そして、何か月か国会議員をやったのちに議員辞職します。

すると、比例代表で党として当選しているので、名簿順で繰り上げ当選していきます。

再選はありません。

なので、名簿の2位とか3位とかには必ず、国会議員にしたい人を名簿に入れておきます。

もちろん、供託金が必要なのでお金は必要なのですが、それだけです。

なので、立花代表やホリエモンの信頼のおける部下を送り込みます。

そして、また次の選挙で同じことをして、選挙で票を集めます。

こうすることによって、小選挙区でも当選できる可能性も少し出てきます。

しかも、しっかりと人選して法律を作れる人を確実に国会議員に送り込むことが出来ます。

ただし、これには1つ大きなリスクがあります。

自分が政治家を辞める為、裏切り者が出てきやすくなってしまうという事です。

例えば、自民党がお金を使って引き抜くことも考えられます。

それだけは気を付けなければいけない、選挙手法です。

つまり、選挙で勝つ人と、政治をする人を完全に分けるという事です。

スポンサーリンク

まとめ

元貴乃花親方がN国党から出馬してくれたら、鬼に金棒ですよね。

可能性はゼロでは無いと思います。

NHKと日本相撲協会はセットで考えた方が、相撲協会を改革するには都合がいいかもしれませんし、元貴乃花親方にとってもメリットはあると思います。

議員をやっていたって、子供たちと相撲が出来なくなるわけではありませんし、大丈夫です。

CM関係の契約ごとだけが問題ですが、それ以外の問題はないと思います。

中から変えられないのなら、外から改革するしかないんです。

相撲の未来を支えられるのは、貴乃花親方しかいません。

立花孝志代表!!

貴乃花親方ですよ!!