NHKから国民を守る党千葉選挙区の平塚正幸はアンチ!ユーチューバ―か?参院選




更新日

どうも

ヒロシです。

NHKから国民を守る党の千葉選挙区で出馬している「平塚正幸」さんの情報をつかみました。

私の危惧する状況が起きています。

立花代表が最初に政治家として活動を始めた船橋市在住らしいです。

どんな人物か、NHKから国民を守る党を応援している私を含めた千葉県民の皆さんがこの人に投票するべきかどうかという事も検証していきたいと思います。

おそらくですが、この平塚正幸さんが出馬した目的は、売名行為と思います。

その辺りを、調査していきます。

立花代表も変な人を公認しちゃいました。

それこそこれをしっかりやってほしいと思うのです。↓↓↓

どうも ヒロシです。 今回はちょっと最近の「NHKから国民を守る党」について、少し心配な点があるので、考察を行います。 ...

この人はNHKから国民を守る党で公認してはいけない代表格と思います。

因みに、参院選全体についてはこちらです。↓↓↓

どうも ヒロシです。 政治には興味があります。 というか、興味を持たなければいけないと思っています。 そんな...
どうも、ヒロシです。 ↑↑↑この写真は選挙戦で千葉駅に来ているときに、本当にコッソリもらってきました。 実は、これをもら...

この次に来るであろう衆議院選挙についての予想はこちらです。↓↓↓

どうも ヒロシです。 今、マツコ・デラックスさんを攻撃したり、週刊文春と対決したり、色々と話題が尽きない立花代表ですが、...

スポンサーリンク

平塚正幸のプロフィール

平塚氏のホームページ(http://sayuflatmound.com/)からの引用になります。

千葉県船橋市出身・在住
1月1日生まれ

社会活動家の「さゆふらっとまうんど」です。

(本名 平塚正幸)

社会で起きている様々な事柄の隠れた目的や、それらが導く社会設計への影響を独自に分析し、皆様に記事と動画でわかりやすく解説しています。

HPでのブログ記事と、youtubeに投稿する動画の制作を主にしてます。

活動を始めた、2014年1月から現在に至るまで毎日更新中です。

そしてネットの中での言論活動だけでなく、過去「不正選挙追及運動」、「マイナンバー反対運動」、「LED社会反対運動」、「分断教育反対運動」などを全国の支援者の皆さんの手を借りて行ってきました。

それらに対して制作したチラシは、現在、全国で現在累計、約70万ほど巻いています。

他にも、メディア、教育、性、家族、環境、食、国際、医療、健康、政治、経済など、取り扱っている問題や話題は多岐に渡ります。

講演会やイベントも主宰し行っています。
又、「さゆ会」を立ち上げ、広報活動や実社会での活動も行っています。

一度、私のHPなどから、ブログ記事、youtube動画等、是非一度ご覧ください。

尚、この活動は皆さんのご支援金で継続しています。

2017/09

・名前の由来:さゆふらっとまうんど 【Sayu Flatmound】

【生】という事象は、同時に【死】というリミット(期限)を意味します

【生】と言う限られた時間は「この世に生まれてきた意味を見つけ出し実行する時間」だと思っています。そしてそこには唯一無二、個人としての【正しさと幸せ】が内包していなければならず、しかし同時に【正しさと幸せ】は決して利己的であってはならず、宇宙単位の抽象度でなければならないと思っています

今この地球上の生命体は「この世に生まれてきた意味を見つけ実行する」という過程において与えられる【恩恵】が、生まれた【場所】によって左右される。
それは【良】への自然淘汰を越えて一部の人類が私欲で意図的な不平等が強いられている惑星です
その事実に私は生まれた時から違和感を覚えていました

地球のどこの場所や誰の下に生まれたのかによって天国と地獄という惑星ではなく、生まれた生命には【己の生きる使命を見つけ出せる機会、権利、恩恵、生活が担保され与えられる事が当たり前であり、全う出来る世界、そしてこれらを当たり前の事として心の景色が描かれている成熟した生命体が権力を握る惑星】に変えるのが私の使命だと思っています

これらが私の名前に集約されています

【世界を「フラット、FLAT」な「マウンド、MOUND」に変え、未来に受け渡すこと事】それが私が現代に生かされている使命だと自負しています
そして【正しさと幸せ】には【中庸=無限=宇宙】という先ほど申し上げた概念も内包しなければいけない、それを表す為に真ん中をとって「さゆ」

命尽きるときには、「さ」と「ゆ」の間に存在する、音にならない「景色」を皆の心に残せたとき息絶えられたらと願う

ここから、管理人ヒロシの意見です。↓↓↓

言っていることが、哲学?過ぎて、私がバカなのかわかりませんが、まったく理解できません。

平塚氏の主張には矛盾点もあります。

よくいる、反対したいだけの人のようにも感じます。

それと、顔写真はなんとなくイラッとするので、掲載やめました。

スポンサーリンク

平塚正幸の参院選の目的

ズバリ!売名です。

立候補の時に千葉県庁でやった記者会見?のユーチューブ動画がありましたので、確認しました。

広告が多くて相当ウザかったので、ここには張り付けませんので、気になる方はユーチューブで検索してみてください。

それと、私と同じ年なのですが、ものの言い方がやっぱりウザったかったので、載せたくありませんでした。

肝心の平塚正幸氏参院選の目的ですが、建前はアンチNHKから国民を守る党です。

これは、建前です。

本当の目的は、NHKから国民を守る党の人気にあやかった、売名行為というのは明らかです。

有名になれば、ユーチューブのチャンネル登録数や再生回数がより多く稼げて、広告収入アップにつながるからにほかなりません。

記者会見の動画では、

NHKから国民を守る党と私には絶対に投票しないように呼びかけます」

というようなことを言っていました。

しかし、この根拠がイマイチ不透明です。

確かにNHKから国民を守る党は国政政党としては危険な思想の政治団体です。

何といっても、

「NHKをぶっ壊す!」

とか言っちゃう政党なんですから、当然ですよね。

でも、私はこのくらいやらなければ、今の国会ではNHK放送スクランブル化は絶対にできないと考えています。

立花孝志代表のいう事には、しっかりとした根拠があって、NHKから国民を守る党を立ち上げているのが分かります。

しかし、平塚氏の言う事には、具体的根拠が欠落しています。

本気で政治家を目指して、日本の政治に改革を起こしたいなら、ほかの政党で出ればいいのです。

それこそ、自民党ですよ。

まあ、公認してくれないと思いますけどね。

政治家になってから、ある程度実績を残してから出ないと、自民党からは無理ですかね。

それか、相当な学歴と学力が無いと、無理ですね。

私としては本気でやる気がない人に、本来は投票したくはないのです。

それが、簡単に出馬出来て、公認ももらえる政党は滅多ないというのは事実です。

それだけ、政治家は命がけの仕事という事ですからね。

実際に命がけでやっていた政治家もいましたからね。

あの「平成」の元号を発表した人です。

スポンサーリンク

千葉県民の皆さんは平塚正幸に投票すべきか否か

これは千葉県民のNHKから国民を守る党に投票しようと考えている人にとっては、難しい選択になると思います。

結論から言えば、本当にNHKから国民を守る党を応援するのであれば、小選挙区で「平塚正幸」と、比例区「NHKから国民を守る党」OR「立花孝志」に入れるべきと思います。

まあ、NHKから国民を守る党に投票したい人が全員「平塚」氏に入れたとしても、おそらく当選はしないでしょう。

立花孝志代表の話では、1票当たり240円だったかな?位の価値があるという事なんです。

つまり、小選挙区と比例区の得票数の合計で、比例区代表で議席確保した時の政党助成金に影響するらしいのです。

という事は、平塚氏に1票入れれば、政党助成金も増えて、NHKから国民を守る党はよりNHKから国民を守るための資金(税金)が手に入るという事です。

これは、自民党は過半数の議席を取っているのですから、ものすごい莫大な政党助成金(税金)を受け取っていることになりますよね。

まあ、これが自民党の場合は国民のために使われることはほとんどないでしょうね。

分かんないですけど、選挙資金とか、その他自分たちの都合のいい使い方をするんでしょうね。

だから、本当に国民のために税金を使ってくれそうな人や政党に投票するしかないのです。

どうしても、平塚氏を受け入れられないという人は、こういう方法もあります。

比例区だけ「NHKから国民を守る党」OR「立花孝志」に投票する。

でもまあ、せっかくなら小選挙区もN国党に入れた方が良いのだと思います。

スポンサーリンク

千葉選挙区は6名立候補で当選枠3名

平塚氏の主張には、NHKから国民を守る党に「反対」という意向以外は何もないという事です。

「NHKから国民を守る党に入れるな!」というのは良いです。

じゃあ、①なんで駄目なのか、しっかり説明してください。

そして、②どこに入れれば日本を変えられるのか。

この2つが明確に説明できないのなら、売名行為としか説明できませんね。

例えば、「日本を変えられる政治家はこの人だ」とかいう人がいるなら、この主張は正しいように思えますが、それでもN国党から立候補している意味が見出せません。

では実際に、今の日本を変えるにはどの党に投票するのが良いか考えてみましょう。