スポンサーリンク

NHK党立花孝志の有罪判決が支持率にどう影響するのか、私見!

どうも、NHK党支持者のヒロシです。

結論から言えば、この件に関してのNHK党支持率という面で言えば、それほど影響はないでしょう。
私の私見もNHK党の考え方を支持できるというように、変わっていません。

まあ、理由はいろいろとあるのですが、その前に事の詳細や事の顛末を整理し、立花党首がなぜ刑事裁判を受けることになったのかを解説します。

それと重要なことですが、立花代表は控訴する予定と言っているようなので、判決は確定ではないということですね。
最高裁の判決を待つことになります。

【関連記事】

【注意喚起】特別あて所配達郵便の対処方法!NHKと日本郵便の奇策
どうも、ヒロシです。 「特別あて所配達郵便」は通称「宛名なし郵便」のことです。 まさか天下の日本郵便とNHKが奇策というよりも、詐欺の手口と同じ手法を使うとは思いませんでした。 NHK受信料を未納している人は特に注意が必要なので、この郵便についての詳細情報のまとめと、その郵便の対処方法...
NHK党
NHK党 ⇒ 略称:NHK (旧NHKから国民を守る党=N国党) 党首:立花孝志元参議院議員関連記事 NHK党関連記事 NHK関連記事 ...
スポンサーリンク

立花孝志有罪判決のTBS報道全文紹介

出典:https://twitter.com/tachibanat

NHKの視聴者の個人情報を不正に得て動画サイト上に公開した威力業務妨害の罪などに問われている「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の立花孝志党首に対し東京地裁は20日、懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。立花党首は判決を受けて記者会見し、「全く反省していない」などと話しました。

立花孝志被告(54)は2019年年にNHKの受信料を集金する会社の元社員から不正に契約者情報を入手したうえで、動画サイト「YouTube」上で「個人情報を公開する」などとNHK職員を脅し、業務を妨害した罪などに問われていました。

立花被告側は「正当な言論活動・表現活動・政治活動そして選挙運動で、違法性はない」などと無罪を主張し、検察側は、「不自然、不合理な弁解に終始し反省の情はうかがわれず再犯に及ぶおそれも高い」として懲役2年6か月を求刑していました。

きょうの判決で東京地裁は、「契約者情報を不法な方法で取得し、人質のように利用してNHK職員に脅しを公然と繰り返した」「政治活動の許容範囲を超えた」として、懲役2年6か月執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。

立花孝志党首
明らかにこれはもう政治的な思想によって国民をお守りするというために行った犯罪でありますので、当時の私の行動については一切、全く反省しておりません

立花党首は判決後の記者会見でこのように述べたうえで、党の名前について、「NHK受信料を支払わない国民を守る党」に20日夕方にも変更を届け出ることを明らかにしました。

党によれば、名前の変更は7回目です。

また、NHKは判決を受け、「今後も業務への妨害行為などには毅然と対応してまいります」「引き続き個人情報の管理を徹底してまいります」とコメントしています。

スポンサーリンク

立花孝志が書類送検された切欠

脅迫については、私の記憶を紹介するだけになりますが、確か、統一地方選挙で何人かのN国党議員が誕生したことが切欠だったはずです。
その当選者の中に、親子がいて、その子供の方の当選者が、N国党の公認を受けたにもかかわらず、裏切って離党したという騒動に紐づいていました。
因みに、結果的には親子ともども離党しています。

名前は記憶にないので、気になる方は各自で立花代表のYouTubeチャンネルを見るなり、調べてほしいですが、つまりはこの人がN国党の人気を利用して、地方議員に当選したわけです。
この地方議員は初めからN国党として活動するつもりはなかったようです。

それを、立花党首が許せないということで、少し強く本人に言ったら、脅迫だということで被害届を出したというのが、書類送検の切欠だったと記憶しています。

まあ、確かにこの地方議員は倫理的にはクズなことをしています。
ただ、こういう事案を裁く法律がない以上、もう少し適法な方法で、脅迫を行うべきだったのは立花代表の落ち度とも言えます。

一方で、今回報道されている威力業務妨害の罪に関しては、既に消されているYouTube動画内でNHK集金人の協力の元、モザイクがかかった状態だったと記憶していますが、NHK契約者の個人情報が映りこんだというものです。

ただ、これはNHKにも非があると思われます。
立花代表は元NHK職員だったことは知られていますが、既にNHK関係者ではない部外者なわけです。
それに漏洩させてしまった責任はNHKの提携業者の責任なわけです。

これだけでは、もちろん業務妨害とはなり得ませんが、動画内で言ってしまったことが威力業務妨害罪として立件されてしまうことになりました。
記憶があいまいですが、確か「(この入手したNHK契約者の)個人情報をいつでも公開できる」みたいなことを言ったんです。

私の感じからすると、何かの例えで言っていたような記憶もあるんですが、もうあまり鮮明には覚えていませんので、確かなことは言えませんが、客観的に見ると業務妨害とも取れる行動です。

どちらの行動も、NHKからの被害者を守るための行動から発展しているのですが、出る杭は打たれるわけですよ。

まあでも、NHKもかなり巨大な天下り組織の一部なのでしょうから、必死に立花党首の邪魔をしたいんですね。
言い方は悪いですが、些細なことでもいちゃもん付けて、刑務所にぶち込みたいんですよ。

スポンサーリンク

立花孝志の戦略説

実は、この判決の報道がテレビで報道されるということ自体も狙っていた可能性というか、1つの手段である可能性もあります。

私の知る限り、立花孝志という人は、非常に戦略高い人間です。
とても考えなしに一連の騒動を起こしたとは思えません。

NHK党は今こそ公党という地位にはいますが、それ以前は地方議員しかいない諸派と言われる弱小政党でしかなかったのです。
そんな政党は普通にしていればテレビで大きく扱われることはありません。

そこで、立花党首の考えた戦略が、所謂「炎上商法」だったわけです。
マツコ・デラックスさんの件などもその1つでした。
時期的に考えると、書類送検されたのは、この時期と合致しますので、テレビの露出を増やすという目的があったことは確かなんだと思います。
確か、本人もYouTube動画で言っていた記憶があります。

スポンサーリンク

NHK党の今後と時期参議院選挙の行方

結論から言うと、全く影響はないと思われます。

理由はNHK党支持者はかなり特殊だからです。
現状では、NHKに不信感を持っていて、NHK党に助けてもらったとか、NHK党を強く支持する人しかいないというのがヒロシの分析です。
公党になった時の参議院選挙の時は、丁度、この炎上商法の真っ最中で、NHK党(旧N国党)の世間の認知度はかなり上がっていた時期なので、多少は浮動票が入っていたかもしれませんが・・・。

全国の政党支持率を見るとNHK党は元々1~2%くらいしかありません。
つまり、この1~2%の支持者は、かなりの岩盤支持層だとヒロシは分析しています。

悪名は無名に勝る」ということわざ?があります。
立花党首本人もたまに行っていますが、その通りなんです。
公党になる以前はそのための炎上商法でした。
しかし、NHK党は公党になりましたので、本人も言うように、もう無理して炎上商法のようなことはしないと言っています。

ただ、あまりに印象が悪すぎると、巨大な悪には打ち勝てなくなるという懸念材料でもあり、不安材料でもあります。
昔、ホリエモンこと堀江貴文さんがハマった罠ですね。
必ず、目立つ人というのはどこかに敵を作ります。

政治家をやる以上どこかに敵ができるのは当たり前なのかもしれませんが、その相手がNHKという巨大組織なので、色んなことを法律に触れるギリギリのところで攻撃をしてくるので、上手くかわしながらやっていかなければいけないということです。
立花党首は以前動画で、誰かに命を狙われてもおかしくないことをやっているという自覚をもってやっているようです。
その心意気と言いうか、迷いなく正義を貫こうとする姿勢にすごく引かれた人も多いと思います。
ヒロシもその一人であります。

正義をなすということは、誰かの正義(悪)をつぶすということですので、命がけですよね。
ホリエモンは一度経験しているんです。
今回はそのホリエモンが立花党首の味方でもあるので、心強いですし、ホリエモンは違った分野でものすごく頭の良い方です。

まあ、あまり話がまとまりませんでしたが、NHK党の支持率には今回の判決事案はそれほど影響はないと思われます。
ただ、これは停滞という意味で言えば、後退になると思います。
政治は数ですので、連立与党に加わるか、NHK党が与党になるか、与党を説得で来るだけの議席数を確保できなければ、NHK党の掲げる「NHKスクランブル放送の実現」というのは難しいです。

何度NHKに裁判で勝ったとしても、元の法律を正すことをやらなければ、NHK党の活動は終わりではありません。
古い法律は時代に合わないので変えていかなければいけないです。

スポンサーリンク

NHK党立花孝志の有罪判決が支持率にどう影響するのか、私見!まとめ

NHK党の支持率は、立花党首が有罪になろうと無罪になろうと、それほど変わるものではないとヒロシは分析しています。
理由は、おそらく現状で岩盤支持層しかいない為です。

むしろ、これからもっとNHK党の活躍を広げていくための活動を計画してると思うので、あたたかく見守りたいと思います。

因みに、管理人ヒロシはNHK党主催のN-1グランプリに……参加……する勇気はありませんでした。
参加しても顔出しは出来ないし、人前ではろくにしゃべれなくなるので、こうやって記事を執筆することくらいしかできないと、自身の能力値を判断しています。
政治家というのはハードルが高く、人前での発言というのがネックで、記事ベースならばやれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました